TOP > 国内特許検索 > 造血幹細胞の培養方法

造血幹細胞の培養方法

国内特許コード P110002122
整理番号 S2009-1154-N0
掲載日 2011年4月5日
出願番号 特願2009-209763
公開番号 特開2011-055768
登録番号 特許第5409222号
出願日 平成21年9月10日(2009.9.10)
公開日 平成23年3月24日(2011.3.24)
登録日 平成25年11月15日(2013.11.15)
発明者
  • 中島 秀明
出願人
  • 学校法人慶應義塾
発明の名称 造血幹細胞の培養方法
発明の概要

【課題】造血幹細胞移植のための造血幹細胞を製造することのできる造血幹細胞の培養方法を提供する。
【解決手段】造血幹細胞の培養方法は、造血幹細胞をSFRP-2タンパク質存在下で培養する工程を含む。そのために、培地にSFRP-2タンパク質を添加してもよく、造血幹細胞にSFRP-2タンパク質発現ベクターを導入してもよい。上記いずれかの培養方法において、SFRP-2タンパク質の培地中の濃度が、0.1μg/mL以上10μg/mL以下であってもよい。得られた細胞を造血幹細胞移植に用いる。
【選択図】図3

従来技術、競合技術の概要


造血幹細胞とは、白血球(好中球、好酸球、好塩基球、リンパ球を含む)、赤血球、血小板など、あらゆる血球系細胞に分化可能な幹細胞のことである。造血幹細胞は、ヒト成体では、主に、造血器官である骨髄に存在し、自己複製と各血球細胞への分化という2つの機能を有することによって、生涯、血球細胞を提供する。造血幹細胞はまた、臍帯血にも存在し、化学療法後の白血球が回復する時期やG-CSFを投与した場合には、末梢血にも流出する。



造血能が低下した患者に対し、造血幹細胞を移植し、その患者の造血能を回復させる治療法があり、造血幹細胞移植と呼ばれている。造血幹細胞移植の主な目的は2つあり、まず、再生不良性貧血など、造血機能の低下を認める疾患の患者に対し、造血幹細胞移植によって造血機能を回復させるために行われる。あるいは、白血病、骨髄異形成症候群、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫等の血液悪性疾患や、一部の固形癌を有する患者に対し、あらかじめ、多量の抗がん剤や放射線を投与し、腫瘍細胞を死滅させた後で、抗がん剤や放射線によって打撃を受けた造血幹細胞を回復させるために行われることもある。



造血幹細胞は、上記のように、骨髄、臍帯血、末梢血に存在するため、造血幹細胞移植の移植片として、末梢血から単離した造血幹細胞、骨髄、臍帯血が用いられているが、それぞれ長所・短所があり、移植の目的によって使い分けられている。これらの造血幹細胞を用いた移植において、あらかじめ、造血幹細胞を効率よく増殖させたり、造血幹細胞の移植細胞の生着率を向上させ、造血能と長期骨髄再建能を向上させたりすることによって、造血幹細胞移植による治療成績が高まることが期待されている。その一例として、造血幹細胞の培養液にTIMP-3を添加することによって、造血幹細胞の生理学的性質を改善する方法が開発されている(例えば、特許文献1参照)。

産業上の利用分野


本発明は、造血幹細胞の培養方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
造血幹細胞の培養方法であって、
骨髄細胞または血液細胞から、CD34陰性、Sca-1陽性、c-Kit陽性、及びlineage抗原陰性の造血幹細胞を単離する工程と、
前記造血幹細胞をSFRP-2タンパク質存在下で培養する工程を含む方法。
【請求項2】
前記造血幹細胞の培地にSFRP-2タンパク質を添加する工程を含む、請求項1に記載の方法。
【請求項3】
前記造血幹細胞にSFRP-2タンパク質発現ベクターを導入する工程を含む、請求項1に記載の方法。
【請求項4】
前記SFRP-2タンパク質の培地中の濃度が、0.1μg/mL以上10μg/mL以下であることを特徴とする、請求項1~3のいずれかに記載の方法。
【請求項5】
前記lineage抗原が、CD5, CD45R (B220), CD11b, Gr-1 (Ly-6G/C), 7-4, Ter-119の抗原セットであることを特徴とする、請求項1~3のいずれかに記載の方法。
【請求項6】
SFRP-2タンパク質、またはSFRP-2タンパク質を発現する発現ベクターを含有する、造血幹細胞の機能向上剤であって、
前記造血幹細胞が、骨髄細胞または血液細胞から単離された、CD34陰性、Sca-1陽性、c-Kit陽性、及びlineage抗原陰性の造血幹細胞である、機能向上剤。
【請求項7】
SFRP-2タンパク質、またはSFRP-2タンパク質を発現する発現ベクターを含有する、造血幹細胞の培養キットであって、
前記造血幹細胞が、骨髄細胞または血液細胞から単離された、CD34陰性、Sca-1陽性、c-Kit陽性、及びlineage抗原陰性の造血幹細胞である、培養キット。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009209763thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close