TOP > 国内特許検索 > ダブルバルーン式内視鏡装置

ダブルバルーン式内視鏡装置 コモンズ

国内特許コード P110002155
整理番号 H21-036a
掲載日 2011年4月5日
出願番号 特願2010-105916
公開番号 特開2011-234746
登録番号 特許第5665023号
出願日 平成22年4月30日(2010.4.30)
公開日 平成23年11月24日(2011.11.24)
登録日 平成26年12月19日(2014.12.19)
発明者
  • 植木 賢
  • 上原 一剛
  • 和田 肇
出願人
  • 国立大学法人鳥取大学
発明の名称 ダブルバルーン式内視鏡装置 コモンズ
発明の概要 【課題】深部消化管まで容易に挿入することができ、深部まで挿入される場合であっても被検者の苦痛が少ないダブルバルーン式内視鏡装置を提供すること。
【解決手段】内視鏡本体11の遠位端側外周に内視鏡本体11の固定用バルーン15を有し、スライディングチューブ12の遠位端側外周に固定用バルーン14を有するダブルバルーン式内視鏡装置10Aにおいて、スライディングチューブ12の遠位端部と内視鏡本体11との間には内視鏡本体11の推進用バルーン16Aが配置されており、内視鏡本体11の推進用バルーン16Aは、遠位端側が内視鏡本体11の固定用バルーン15の近位端側に固定されており、近位端側がスライディングチューブ12の遠位端に固定されており、スライディングチューブ12又は内視鏡本体11には、挿入器具の推進用バルーン16Aの内部に気体を導入及び吸引するための気体流路13aが形成されている。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


内視鏡は、主に人体内部を観察することを目的とした医療機器であり、現在では内視鏡観察下で直接治療や検体の採取などを行う内視鏡的処置のための各種デバイスを備えたものも開発・実用化されている。内視鏡は、構造によって硬性鏡、軟性鏡、カプセル型に大別され、特に大腸や小腸などの消化管を観察する際には、診断だけで無く治療も同時に行える軟性鏡が現在の主流となっている。



一般的な内視鏡(軟性鏡)は、柔軟な素材でできた管の先端側(内視鏡操作部側から見た遠位端側。以下、「遠位端側」と表現する。)に観察のための光学系や超音波センサ等が取り付けられており、管の中には光源や検出器用の配線、内視鏡的処置を実施するための各種デバイス操作用のケーブルが通された構造をしており、経口・経鼻的もしくは経肛門的に消化管内に挿入され、目的の箇所まで導入されて観察・各種処置が行われる。消化管の中でも、小腸は口からも肛門からも遠く、複雑に屈曲しているために摩擦力も大きくなり、特に深部小腸の病変部になると、従来であれば内視鏡が深部まで到達できず、観察が困難であった。また、例えば大腸内視鏡装置を用いた大腸の内視鏡検査に際しても、大腸内視鏡操作者の技量にもよるが、約10%の症例で深部大腸への大腸内視鏡の挿入が困難な例が存在する。



その理由としては、
(ア)軟性の内視鏡に対して押す力を活用しているために内視鏡が撓んで遠位端側に力が加わらないこと、
(イ)内視鏡は、内視鏡操作部を手元で把持して操作するため、力の作用点が内視鏡の手元側にあるので、軟性の内視鏡の遠位端側に力が加わらないこと、
(ウ)内視鏡と消化管との間の摩擦力が大きいこと、
等にあるものと考えられる。



例えば、図5は経肛門的に内視鏡を挿入している状態を示す図であるが、S状結腸が大きく屈曲しているため、矢印で示した箇所で内視鏡が大きく撓んでしまっている状態を模式的に示している。この状態では、より強く押し込んでも、S状結腸を過度に伸展させるだけで、内視鏡の遠位端側を前進させる方向へは殆ど力が伝わらないことがわかる。



このような従来の内視鏡が抱える問題点に対し、バルーン内視鏡と総称される小腸深部の観察・治療を可能にした内視鏡が、実用化されている。バルーン内視鏡は、内視鏡の遠位端側にバルーンが備えられており、備えているバルーンの数で、シングルバルーン式又はダブルバルーン式と呼ばれるが、いずれも、内視鏡の挿入操作中に適宜バルーンを膨らませることで、外筒部と消化管内壁を摩擦力で固定させることができる。



例えば、下記特許文献1には、遠位端側外周に本体固定用バルーンを取り付けた内視鏡本体と、遠位端側外周にチューブ固定用バルーンを取り付け、内部に内視鏡本体を挿通させて内視鏡本体挿入時のガイドを行うスライディングチューブを有すると共に、各バルーンにエアを供給するポンプ装置を有し、各ポンプ装置は、各バルーン内のエアの圧力を測定して各バルーン内の圧力を制御する制御手段を有する、ダブルバルーン式内視鏡の発明が開示されている。



下記特許文献1に開示されているダブルバルーン式内視鏡50は、図6に示すように、内視鏡本体51及び内視鏡本体51が挿通されているスライディングチューブ52のそれぞれの遠位端側に、本体固定用バルーン53及びチューブ固定用バルーン54を備えている。このダブルバルーン式内視鏡50は、まず本体固定用バルーン53及びチューブ固定用バルーン54を萎ませた状態(図6A)で消化管内へ挿入されるが、上述したように深部へ進むに従って挿入させることが困難になる。



そこで、チューブ固定用バルーン54を膨らませてスライディングチューブ52を消化管に固定した上で、内視鏡本体51を進ませる操作(図6B)と、本体固定用バルーン53を膨らませて内視鏡本体を消化管に固定した上で、スライディングチューブ52の遠位端を内視鏡本体51の遠位端付近まで進ませる操作(図6C)とを、繰り返すことで、深部への挿入を進めていくことができるものである。



例えば、深部小腸へ挿入する際には、以下に述べる(a)~(f)の操作を繰り返すことで、従来よりも深く挿入することができる。すなわち、
(a)内視鏡本体51を、従来どおりの方法で(挿入部付近から押し込んで)挿入していく、
(b)それ以上押し込めなくなったところで、内視鏡本体51の遠位端側に取り付けられている本体固定用バルーン53を膨らませて内視鏡本体51を固定する(図6C)。
(c)内視鏡本体51が固定されている状態で、内視鏡本体をガイドとしてスライディングチューブ52を挿入部付近から押し込むことで、スライディングチューブ52の遠位端側を本体固定用バルーン53の位置まで進める(図6C矢印)。
(d)スライディングチューブ52の遠位端側に取り付けられているチューブ固定用バルーン54を膨らませて、スライディングチューブ52を固定する(図6B)。
(e)スライディングチューブ52が固定されている状態で、内視鏡本体51及びスライディングチューブ52を引き戻すと、固定箇所より手前側の小腸が縮み、固定箇所より奥側の小腸が伸展する。
(f)固定箇所より奥側の小腸が伸展されているので、本体固定用バルーン53を萎ませると、内視鏡本体51を更に奥へと押し込むことが可能となる(図6B矢印)。

産業上の利用分野


本発明は、ダブルバルーン式内視鏡装置に関し、詳しくは、深部消化管まで容易に挿入することができ、深部まで挿入される場合であっても被検者の苦痛が少ないダブルバルーン式内視鏡装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
外筒と、前記外筒内に挿通される挿入器具とを備え、前記外筒の遠位端部外周には前記外筒の固定用バルーンが形成され、前記挿入器具の遠位端部外周には前記挿入器具の固定用バルーンが形成された、ダブルバルーン式内視鏡装置において、
前記外筒の遠位端部と前記挿入器具の固定用バルーンとの間には前記挿入器具の推進用バルーンが配置されており、
前記挿入器具の推進用バルーンは、遠位端側が前記挿入器具の固定用バルーンの近位端側に位置する前記挿入器具に固定されており、近位端側が前記外筒の遠位端に固定されており、
前記外筒又は前記挿入器具には、前記挿入器具の推進用バルーン内部に気体を導入及び吸引するための気体流路が形成されており、
前記外筒はスライディングチューブであり、前記挿入器具は内視鏡本体であり、
前記内視鏡本体の推進用バルーンは、延伸状態で、内側環状壁と前記内側環状壁を気密に囲む外側環状壁とを有する内部が中空の環状筒状体からなり、
前記環状筒状体の内側環状壁の遠位端側の外面が前記内視鏡本体の遠位端側外周に固定されており、
前記環状筒状体の外側環状壁の近位端側が前記スライディングチューブの遠位端側に固定されており、
前記内視鏡本体の推進用バルーンは内部にコイルバネが配置されており、
前記コイルバネは、一端が前記内視鏡本体の推進用バルーンの遠位端側に、他端が前記内視鏡本体の推進用バルーンの近位端側に、それぞれ固定されており、
前記コイルバネは、前記外側環状壁と一体化されている
ことを特徴とするダブルバルーン式内視鏡装置。

【請求項2】
外筒と、前記外筒内に挿通される挿入器具とを備え、前記外筒の遠位端部外周には前記外筒の固定用バルーンが形成され、前記挿入器具の遠位端部外周には前記挿入器具の固定用バルーンが形成された、ダブルバルーン式内視鏡装置において、
前記外筒の遠位端部と前記挿入器具の固定用バルーンとの間には前記挿入器具の推進用バルーンが配置されており、
前記挿入器具の推進用バルーンは、遠位端側が前記挿入器具の固定用バルーンの近位端側に位置する前記挿入器具に固定されており、近位端側が前記外筒の遠位端に固定されており、
前記外筒又は前記挿入器具には、前記挿入器具の推進用バルーン内部に気体を導入及び吸引するための気体流路が形成されており、
前記外筒はスライディングチューブであり、前記挿入器具は内視鏡本体であり、
前記内視鏡本体の推進用バルーンは、前記内視鏡本体の周囲をらせん状に取り巻かれていることを特徴とする、ダブルバルーン式内視鏡装置。
産業区分
  • 治療衛生
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010105916thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close