TOP > 国内特許検索 > オオムギのβ-グルカン欠失遺伝子、合成遺伝子及びその利用

オオムギのβ-グルカン欠失遺伝子、合成遺伝子及びその利用 外国出願あり

国内特許コード P110002184
整理番号 S2009-0434-N0
掲載日 2011年4月6日
出願番号 特願2009-045393
公開番号 特開2010-193847
登録番号 特許第5557205号
出願日 平成21年2月27日(2009.2.27)
公開日 平成22年9月9日(2010.9.9)
登録日 平成26年6月13日(2014.6.13)
発明者
  • 塔野岡 卓司
  • 吉岡 藤治
  • 青木 恵美子
  • 武田 真
出願人
  • 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構
  • 国立大学法人 岡山大学
発明の名称 オオムギのβ-グルカン欠失遺伝子、合成遺伝子及びその利用 外国出願あり
発明の概要 【課題】オオムギのβ-グルカン欠失遺伝子及びβ-グルカン合成遺伝子のゲノムDNA及びcDNA、β-グルカン欠失遺伝子ゲノムDNAを有するオオムギ及びその育種方法、β-グルカンを減少又は欠失したオオムギの穀粒を利用したアルコール又は発酵食品の製造方法並びに動物用飼料組成物を提供する。
【解決手段】特定の塩基配列と90%以上の相同性を有する塩基配列からなり、転写・翻訳された時にβ-グルカン合成活性を欠失したタンパク質が生成されるDNAである、β-グルカン欠失遺伝子ゲノムDNA、及び、オオムギの7H染色体の動原体付近に座乗する特定の塩基配列からなる遺伝子の第4275番目に対応する塩基が、GからAに変異していた場合に、そのオオムギはβ-グルカン欠失遺伝子を有すると判別して選択するステップを含む育種方法。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要



コムギやイネなどの穀物と異なり、オオムギ穀粒には、多糖類の一種であるβ-グルカンが豊富に含まれている。β-グルカンは胚乳細胞壁を構成する主要成分である。β-グルカンが多いと、ビールや焼酎の醸造においてデンプンの糖化や発酵の効率を低下させ、ブタや家禽の飼料に用いる場合には消化吸収が劣り飼養効果が低い等の負の作用があることが分かっている。そのため、これらの用途に用いられるオオムギにおいてはβ-グルカンの低含有化が求められており、β-グルカンを欠失する遺伝子は有用である。





一方で、β-グルカンには血糖値上昇抑制や血中コレステロールの低減などの生理機能があり、生活習慣病の予防と改善に効果があることが明らかにされている。近年では免疫機能の増進にも効果があることが報告されている(非特許文献1)。そのため、オオムギを食用として用いる場合には、β-グルカン含量が高いほうが利用価値が高い。

産業上の利用分野



本発明は、オオムギ穀粒の(1―3,1-4)-β-D-グルカン(以下、β-グルカンという。)を欠失する遺伝子(以下、β-グルカン欠失遺伝子という。)、β-グルカン合成遺伝子及びその利用に関する。具体的には、オオムギのβ-グルカン欠失遺伝子ゲノムDNA及びcDNA、オオムギのβ-グルカン合成遺伝子ゲノムDNA及びcDNA、β-グルカン欠失遺伝子ゲノムDNAを有するオオムギ及びその育種方法、β-グルカン合成遺伝子の発現を抑制することによってオオムギ穀粒のβ-グルカンを減少又は欠失させる方法及びこの方法によって得ることのできる、穀粒中のβ-グルカンを減少又は欠失したオオムギ、β-グルカンを減少又は欠失したオオムギの穀粒を発酵させるステップを含むアルコール又は発酵食品の製造方法、並びにこのオオムギ穀粒を含む動物用飼料組成物に関する。ここで、β-グルカン合成遺伝子とは、β-グルカンの合成経路に関与して、β-グルカンの合成を促進する機能を有するタンパク質をコードする遺伝子を意味する。

特許請求の範囲 【請求項1】
β-グルカン欠失遺伝子ゲノムDNAを有するオオムギの育種方法であって、
オオムギの7H染色体の動原体付近に座乗する配列番号4に記載の塩基配列からなるゲノムDNAの第4275番目に対応する塩基が、GからAに変異していた場合に、前記オオムギはβ-グルカン欠失遺伝子ゲノムDNAを有すると判別して選択する選択ステップを含む、育種方法。

【請求項2】
β-グルカン欠失遺伝子ゲノムDNAを有するオオムギの育種方法であって、
オオムギから抽出したゲノムDNAを鋳型として、配列番号4に記載の塩基配列の第4275番目に対応する塩基配列を含むDNA断片を増幅する増幅ステップと、
増幅ステップで増幅されたDNA断片を、TaqI、BanI及びNlaIVからなる群から選択される制限酵素で切断し、切断したDNA断片を検出する検出ステップと、
検出ステップにおいて、DNA断片が制限酵素TaqIで切断された場合、又は制限酵素BanI若しくはNlaIVで切断されなかった場合に、前記オオムギはβ-グルカン欠失遺伝子ゲノムDNAを有すると判別して選択する選択ステップと
を含む、育種方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009045393thum.jpg
出願権利状態 登録
特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。

技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close