TOP > 国内特許検索 > 眠気判定装置

眠気判定装置 UPDATE

国内特許コード P110002573
整理番号 S2010-0048-N0
掲載日 2011年5月9日
出願番号 特願2009-239597
公開番号 特開2011-086186
登録番号 特許第5411653号
出願日 平成21年10月16日(2009.10.16)
公開日 平成23年4月28日(2011.4.28)
登録日 平成25年11月15日(2013.11.15)
発明者
  • 宮城 大輔
  • 塚原 金二
  • 中川 匡弘
出願人
  • 国立大学法人長岡技術科学大学
発明の名称 眠気判定装置 UPDATE
発明の概要 【課題】画像処理を用いた簡便なシステムにより、個人差を吸収し、精度良くドライバーの眠気を検出する。
【解決手段】眠気判定装置10は、所定間隔で撮影されたドライバーの顔を含む撮影画像を取得する画像取得部11と、撮影画像に基づいてドライバーの瞼を検出する顔検出部12と、ドライバーの瞼の開閉状態の時系列の変化を示す瞬き情報Wを演算する瞬き情報演算部13と、瞬き情報Wから、瞬き情報Wの変化の特徴を表すフラクタル次元Dを演算するフラクタル次元演算部14と、複数の被験者の眠気の度合いに応じて取得され、統計的に設定された基準フラクタル次元Drefとドライバーのフラクタル次元Dとに基づいて、ドライバーの眠気の度合いを判定する眠気判定部15とを備える。
【選択図】図2
従来技術、競合技術の概要


近年、衝突(クラッシュ)の発生前から衝突発生後までを広く手当てする総合的な安全システムが種々提案され、実用化されてきている。例えば、ドライバーの状態を見守るドライバーモニタにより、ドライバーの顔の向きや眼の開閉状態を検知し、警告を発したり、ブレーキを作動させたりすることによって衝突の回避を図るシステムが提案されている。例えば、特開2008-65776号公報(特許文献1)には、眼の開閉を検出し、連続閉眼時間が第1判定時間以上の場合に、居眠りを検知する居眠り検知装置の技術が開示されている。この装置は、ドライバーの眼の開閉状態が短時間のみ変化した場合であっても居眠りの状態を的確に判断できるように、連続開眼時間と連続閉眼時間とを計測する。閉眼から開眼した場合には、閉眼からの連続開眼時間が第1判定時間以上となると、当該開眼前の連続閉眼時間がリセットされる。閉眼からの連続開眼時間が第1判定時間よりも短い時間で再度閉眼した場合には、開眼前の連続閉眼時間に続けて連続閉眼時間が計測される。これにより、ドライバーの一瞬の瞬きや光の影響などによって眼が開眼状態となっても、的確に居眠りが検知される。

産業上の利用分野


本発明は、ドライバーの眠気を検出する眠気判定装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
所定間隔で撮影されたドライバーの顔を含む撮影画像を取得する画像取得部と、
前記撮影画像に基づいて前記ドライバーの瞼を検出する顔検出部と、
前記ドライバーの瞼の開閉状態の時系列の変化を示す瞬き情報を演算する瞬き情報演算部と、
前記瞬き情報から、前記瞬き情報の変化の特徴を表すフラクタル次元を演算するフラクタル次元演算部と、
複数の被験者の眠気の度合いに応じて取得され、統計的に設定された基準フラクタル次元と前記ドライバーのフラクタル次元とに基づいて、前記ドライバーの眠気の度合いを判定する眠気判定部と、
を備える眠気判定装置。

【請求項2】
前記フラクタル次元演算部は、
時系列に変化する前記瞬き情報が、前記瞬き情報の変域内に設定された基準値と交差する時刻をインパルス状のクロスデータとして抽出するクロスデータ生成部と、
前記クロスデータを平滑化して、連続データである平滑クロスデータに変換するクロスデータ平滑部と、
前記平滑クロスデータのパワースペクトルを導出し、当該パワースペクトルから時間シフト量の関数で相関値を示す自己相関関数を演算する自己相関関数演算部と、
時間シフト量と相関値とを両対数で表した場合において、時間シフト量が少ない側の所定の範囲における前記自己相関関数の実数部の変化の直線成分の傾きに基づいて前記フラクタル次元を演算する自己相似次元演算部と、を備える請求項1に記載の眠気判定装置。

【請求項3】
前記基準フラクタル次元が複数設定され、前記眠気判定部は、各基準フラクタル次元に応じて前記ドライバーの眠気の度合いを判定する請求項1又は2に記載の眠気判定装置。

【請求項4】
前記基準フラクタル次元は、眠気が高いほど高い値に設定される請求項3に記載の眠気判定装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009239597thum.jpg
出願権利状態 登録
上記の特許・技術に関心のある方は、下記問い合わせ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close