TOP > 国内特許検索 > 画像ランキング方法、プログラム及び記憶媒体並びに画像表示システム

画像ランキング方法、プログラム及び記憶媒体並びに画像表示システム 新技術説明会

国内特許コード P110002578
整理番号 S2010-0143-N0
掲載日 2011年5月9日
出願番号 特願2010-109454
公開番号 特開2011-238057
登録番号 特許第5569728号
出願日 平成22年5月11日(2010.5.11)
公開日 平成23年11月24日(2011.11.24)
登録日 平成26年7月4日(2014.7.4)
発明者
  • 川久保 秀敏
  • 柳井 啓司
出願人
  • 国立大学法人電気通信大学
発明の名称 画像ランキング方法、プログラム及び記憶媒体並びに画像表示システム 新技術説明会
発明の概要 【課題】 位置情報と画像特徴量の両方を考慮したランキングの方法、及び、このランキング方法を用いて画像を表示するシステムを提供こと。
【解決手段】 場所情報を含む入力を受け付けるステップと、その入力に基づき画像を検索するステップと、検索した画像の特徴量ベクトルを抽出し、類似度行列を作成するステップと、画像のメタデータ内の位置情報と入力により示された位置との距離に基づきバイアスベクトルを作成するステップと、類似度行列とバイアスベクトルを用いて、下記(1)式を反復計算することによりランキングを作成するステップと、を含み、バイアスベクトルを作成するステップにおいて、距離が小さいほど大きなバイアスを与えることを特徴とするランキングを作成する方法。
R=α(S×R)+(1-α)P ・・・(1)
但し、Rはランキング値、Sは正規化された類似度行列、Pは正規化されたバイアスベクトルである。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要



近年、インターネット上には膨大な情報が存在し、その情報から如何に効率的に、有益な情報のみを検索できるかが大きな課題となっている。例えば、テキスト情報を検索する技術として、非特許文献1があることはよく知られており、これにより、膨大なテキスト情報から有益な情報を上位に表示するシステムが提供されている。





一方、インターネット上にはテキスト情報だけでなく、Web上のアルバムサービスやGPS機能付きカメラの普及に伴い、撮影地点の緯度経度情報がメタデータとして付された画像の情報も膨大に存在しているが、テキスト検索ほど研究はまだ進んでいない。





このような、多くの画像情報から、ユーザにとって有益な画像のランキングを得る先行技術として、非特許文献2、3、4がある。





非特許文献2には、画像データベースの分析手法として、まず画像の近傍関係をグラフ化し、マルコフモデルによる画像間の遷移確率を求め、遷移確率行列の固有ベクトルを用いて、代表画像を決定する技術が開示されている。





非特許文献3には、非特許文献1のアルゴリズムを画像に適用し、Webページ間のリンク構造を表わす行列の代わりに、画像間の類似度を表わす行列を用い、画像のランク付けを行う技術(VisualRank)が開示されている。この技術では、テキストベースの画像検索結果を修正するためにVisualRankを用いているが、画像間の類似度にSIFT(Scale Invariant Feature Transform)特徴の対応点数を利用している。このSIFT特徴の対応点数による類似度は、商品画像やランドマーク画像など、同一物体が写っていて対応点の出やすい場合に有効である反面、上位画像に同一物体の画像が並びやすく、結果の多様性に欠けるという問題がある。





非特許文献4には、上記非特許文献3の問題を改良したものであり、まず画像のクラスタリングを行い、各クラスタについてVisualRankを適用し、各クラスタについての結果を並列に提示することで、結果の多様性を確保する技術が開示されている。

産業上の利用分野



本発明は、画像ランキングの作成方法、プログラム及び記憶媒体並びにかかる方法を用いた画像表示システムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
少なくとも位置情報がメタデータとして付された画像を検索し、検索された画像のランキングを作成する装置の方法であって、
検索対象の画像についてのクエリと場所情報とを含む入力を受け付けるステップと、
前記クエリに基づき、前記画像を検索するステップと、
前記検索された画像の特徴量を抽出し、抽出された特徴量に基づいて前記検索された各画像間の類似度を求めるステップと、
前記検索された画像の前記メタデータ内の位置情報により示された位置と前記入力された場所情報により示された位置との距離を算出するステップと、
前記類似度と前記距離とを用いて、前記ランキングを作成するステップと、を含むことを特徴とする、ランキングを作成する方法。

【請求項2】
少なくとも位置情報がメタデータとして付された画像を検索し、検索された画像のランキングを作成するシステムであって、
検索対象の画像についてのクエリと場所情報とを含む入力を受け付ける入力受付部と、
前記クエリに基づき、前記画像を検索する検索部と、
前記検索された画像の特徴量を抽出し、抽出された特徴量に基づいて前記検索された各画像間の類似度を求める類似度作成部と、
前記検索された画像の前記メタデータ内の位置情報により示された位置と前記入力された場所情報により示された位置との距離を算出する距離算出部と、
前記類似度と前記距離を用いて、前記ランキングを作成するランキング計算部と、を備えたことを特徴とする、ランキングを作成するシステム。

【請求項3】
前記入力受付部は、前記ランキングを作成する際の前記類似度と前記距離の重みづけの入力をさらに受け付けるものであることを特徴とする請求項2記載のランキングを作成するシステム。

【請求項4】
前記入力受付部は、複数の前記場所情報の入力を受け付けるものであり、
前記距離算出部は、前記複数の場所情報の各々について、前記距離を算出するものであり、
前記ランキング計算部は、前記類似度と、算出された複数の前記距離とを用いて、前記ランキングを作成することを特徴とする請求項2または3に記載のランキングを作成するシステム。

【請求項5】
前記距離が小さいほど前記ランキングに対して大きなバイアスをかけることを特徴とする、請求項2乃至4のいずれかに記載のランキングを作成するシステム。

【請求項6】
前記距離が大きいほど前記ランキングに対して大きなバイアスをかけることを特徴とする、請求項2乃至4のいずれかに記載のランキングを作成するシステム。

【請求項7】
前記類似度作成部は、前記検索された画像の視覚特徴量を抽出するとともに、前記検索された画像の前記メタデータ内のテキスト情報からテキスト特徴量ベクトルを抽出し、抽出された前記視覚的特徴量と前記テキスト特徴量とに基づいて前記類似度を求めるものであることを特徴とする請求項2乃至6のいずれかに記載のランキングを作成するシステム。

【請求項8】
前記類似度作成部は、複数の画像から前記類似度を求めるものであることを特徴とする請求項2乃至7のいずれかに記載のランキングを作成するシステム。

【請求項9】
前記類似度作成部は、類似度行列を作成するものであり、
前記距離算出部によって算出された距離に基づきバイアスベクトルを作成するバイアス作成部をさらに備え、
前記ランキング計算部は、前記類似度行列と前記バイアスベクトルとを用いて、下記(1)式を反復計算することによりランキングを作成するものであることを特徴とする請求項2乃至8のいずれかに記載のランキングを作成するシステム。
R=α(S×R)+(1-α)P ・・・(1)
但し、
Rは、ランキング値、
Sは、類似度行列、
Pは、バイアスベクトル、
αは、バイアスの強さを調整するパラメータ(0<=α<=1)、である。

【請求項10】
コンピュータを、請求項2乃至9のいずれかに記載のランキングを作成するシステムとして機能させるためのプログラム。
産業区分
  • 演算制御装置
  • 記憶装置
  • 入出力装置
  • 計算機応用
  • その他情報処理
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010109454thum.jpg
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close