TOP > 国内特許検索 > 生体情報処理システム

生体情報処理システム コモンズ

国内特許コード P110002659
掲載日 2011年5月24日
出願番号 特願2004-067762
公開番号 特開2005-253609
登録番号 特許第4633373号
出願日 平成16年3月10日(2004.3.10)
公開日 平成17年9月22日(2005.9.22)
登録日 平成22年11月26日(2010.11.26)
発明者
  • 陳 文西
  • 魏 大名
  • 武田 尚寿
出願人
  • 公立大学法人会津大学
発明の名称 生体情報処理システム コモンズ
発明の概要 【課題】ユーザによる操作が簡単で、ユーザの生体情報を日常的にモニタすることができる装置を提供する。
【解決手段】生体情報処理システムは、ユーザの健康状態に関係する信号を出力する生体センサを備えた、ユーザの胴体に装着するためのセンサベルトに着脱可能な生体センサ処理装置を備える。生体センサ処理装置は、センサベルトの生体センサからの検知出力を処理するためのプロセッサ、このプロセッサが実行するコンピュータ・プログラムを格納する第1のメモリ、このプロセッサによる処理結果の生体データを記憶する第2のメモリ、および電源となるバッテリを備えている。生体センサ処理装置は、ユーザの携帯電話などと通信する通信手段を備え、プロセッサによるモニタの結果、ユーザの健康状態に異常が検出されるとき、通信手段を起動して、異常を携帯電話などに通信する。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要


特許文献1には、ユーザが心電図センサその他のセンサを用いて自己の生体情報を収集し、センサ・モジュールに接続された携帯端末を用いて遠隔のサーバに生体情報を送信し、サーバでこの生体情報を詳細に解析し、ユーザの健康状態を診断するシステムが記載されている。センサ・モジュールは、心電図波形、脈拍波形その他の生体情報の信号処理を行って、簡易に異常が発生したかどうかを判断する。異常が発生していると判断されると、携帯端末を介してサーバにデータが送信され、サーバでより詳細な診断が実行され、結果がユーザに返送され、登録された緊急連絡先に緊急連絡がなされる。



特許文献2には、血圧、脈拍、呼吸数などの生体情報を検出するための測定装置および胸部、脚部などの運動の加速度を測定する加速度センサを被験者に取り付け、これらの測定装置から得られる生体情報をブルートゥース(Bluetooth)を用いて施設内のプロセッサ装置に送信し、または測定装置に接続された携帯端末から遠隔のプロセッサ装置に送信することが記載されている。プロセッサ装置は、受信した加速度情報から被験者の運動量を算出し、この運動量に応じた血圧、脈拍、呼吸数などのしきい値を算出する。プロセッサ装置は、被験者の測定装置から得られる血圧、脈拍、呼吸数がこれらの運動量に応じたしきい値を超えているとき、身体異常を被験者に通知する。



特許文献3には、加速度センサなどを組み込んだ腕時計型の表示装置を備える生体情報収集装置を使用者に装着して、生体情報をこの収集装置のメモリに保存することが記載されている。加速度センサの出力を分析することにより、使用者の動きを検出し、睡眠中の動きであるか、覚醒中の動きであるかを判定することができる。PCに接続されたドッキング・ステーションにこの生体情報収集装置を接続し、PCに組み込まれたプログラムにしたがって使用者の精神状態の問診(なぜそのような動きをしたかなど)が行われる。



特許文献4には、腕などの身体に加速度センサおよび角速度センサを装着するとともに脈波センサを装着し、これらのセンサからの検出信号を無線送信することが記載されている。加速度および角速度の運動に関する情報と、脈波の生体情報との組み合わせで身体状態の監視を行う。たとえば、運動量が小さいにもかかわらず脈拍数が異常に高い場合、警報信号が出力される。
【特許文献1】
特開2003-299624号公報
【特許文献2】
特開2003-220039号公報
【特許文献3】
特開2003-290176号公報
【特許文献4】
特開2003-24287号公報

産業上の利用分野


この発明は、ユーザの生体情報を収集し、処理・利用するシステムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
プロセッサを有する生体センサ処理装置および生体情報処理センタのコンピュータ・システムを含む生体情報処理・利用システムであって、
前記生体センサ処理装置は、
ユーザの健康状態に関係する信号を出力する生体センサと、
前記プロセッサによる処理の結果、該ユーザの健康状態に異常が検出されるとき、該異常に関連する生体データを前記生体情報処理センタのコンピュータに送信する通信手段と、を備え、
前記生体情報処理センタのコンピュータ・システムは、
それぞれのユーザの生体センサ処理装置から送られてくる生体データを格納し、該生体データに基づいてユーザの健康状態を判定するための判定ルールおよびユーザに送信するための助言メッセージを格納するデータベースと、
前記生体センサ処理装置から送られてくるユーザの生体データに、リアルタイムで前記判定ルールを適用してユーザの健康状態を判定し、該判定に従い前記データベースから助言メッセージを抽出してユーザに送信する解析サーバと、を備え、
前記解析サーバは、前記データベースに蓄積された生体データを定期的に解析してそれぞれのユーザについて健康状態に関するレポートを作成するよう構成されており
前記生体センサは、2つの心電計測チャンネルを構成する複数の心電電極を含み、
前記生体センサ処理装置は、前記2つの心電計測チャンネルから得られる心電信号について、信号の尖度および前記2つのチャンネルの心電信号の相互相関係数の関数として信号品質指標を算出し、該信号品質指標がしきい値を超えるとき、前記心電信号をユーザの健康状態の検出に使用する、生体情報処理・利用システム。

【請求項2】
前記生体センサ処理装置は、前記2つの心電計測チャンネルのうち尖度が高いチャンネルから得られる信号に独立成分分析を適用し、心電波形と呼吸波形に分離する、請求項に記載の生体情報処理・利用システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2004067762thum.jpg
出願権利状態 登録
本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close