TOP > 国内特許検索 > エポキシド開環反応用触媒及びホモホモアリルアルコールの製法

エポキシド開環反応用触媒及びホモホモアリルアルコールの製法

国内特許コード P110002754
整理番号 E076P139
掲載日 2011年6月7日
出願番号 特願2010-052767
公開番号 特開2011-184383
登録番号 特許第5360722号
出願日 平成22年3月10日(2010.3.10)
公開日 平成23年9月22日(2011.9.22)
登録日 平成25年9月13日(2013.9.13)
発明者
  • 小林 修
  • シュナイダー ウーヴェ
  • ヒメネス アグスティン
出願人
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 エポキシド開環反応用触媒及びホモホモアリルアルコールの製法
発明の概要 【課題】エポキシドの開環反応において、内部開環生成物(1級ホモホモアリルアルコール、例えば、2-フェニルペンタ-4-エン-1-オール)を選択的に生成する反応方法の提供。
【解決手段】下記反応式の様に、2種のインジウム化合物(三塩化インジウムとインジウムトリ(ヘキサメチルジシラジド))から成るインジウム触媒と求核剤としてアリルボロネートを用いてスチレンオキシドのエポキシド開環反応を行うことで、内部開環生成物3を選択的に生成することができる。



【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


エポキシドは有機合成において重要なビルディングブロックである。選択的なエポキシド開環反応は、より複雑な構造を有する化合物合成のキーステップとなる。エポキシドは様々な求核剤により開環反応する。一般に用いられるのは、窒素、酸素、硫黄の求核剤で、これらを用いる方法は既に確立されている。
炭素求核剤は反応性が低いため報告例は少ないが、生成物の有用性は高い。炭素求核剤として典型的なものはアリル金属試薬である(特許文献1)。生成物はホモアリルアルコール(カルボニル基とアリル化試薬との反応で生成)より炭素一個分長いアルコールである。このため本反応はカルボニルのアリル化反応と相補的な反応である。
なお、非金属アリル化試薬(本願発明で用いるアリルホウ素試薬)はこのエポキシド開環反応に用いられた例はない。
また従来エポキシド開環反応等に用いられていたインジウム触媒は単純なインジウム金属塩であった(特許文献2)。

産業上の利用分野


この発明は、エポキシド開環反応用触媒及びエポキシドを選択的に開環してホモホモアリルアルコールを製造する方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
インジウム触媒の存在下で、下式
【化1】


(式中、Rは、アリール基又はアラルキル基を表し、Rは、水素原子、アルキル基、アリール基又はアラルキル基を表す。)で表わされるエポキシドと下式
【化2】


(式中、Rは、水素原子、ハロゲン原子、アルキル基、アルコキシ基、アリールオキシ基又はアラルキロキシ基を表し、R、R及びRは、それぞれ独立して、水素原子、アルキル基又はアリール基を表し、R及びRは、それぞれ独立して、アルコキシ基を表し、但し、R及びRは、ホウ素原子と共に4~7員環を形成してもよい。)で表わされるアリルボロネート(求核剤)とを反応させることから成る、下式
【化3】


(式中、R~Rは上記と同様を表す。)で表わされるホモホモアリルアルコールの製造方法であって、該インジウム触媒が、InX(式中、Xは、ハロゲン原子を表す。)で表わされるインジウム化合物及びIn(N(SiR12(式中、R12はアルキル基を表す。)を表す。)で表されるインジウム化合物の混合物から成る、ホモホモアリルアルコールの製造方法。

【請求項2】
前記InXで表わされるインジウム化合物及び前記In(N(SiR12で表されるインジウム化合物のモル比が1:2~2:1である請求項1に記載の製造方法。

【請求項3】
、R、R及びRが水素原子である請求項1又は2に記載の製造方法。

【請求項4】
及びRが、それぞれ独立して、炭素数が1~10のアルコキシ基、又はピナコール基である請求項1~のいずれか一項に記載の製造方法。

【請求項5】
InX(式中、Xは、ハロゲン原子を表す。)で表わされるインジウム化合物及びIn(N(SiR12(式中、R12はアルキル基を表す。)を表す。)で表されるインジウム化合物の混合物から成る、エポキシド開環反応用インジウム触媒。

【請求項6】
前記InXで表わされるインジウム化合物及び前記In(N(SiR12で表されるインジウム化合物のモル比が1:2~2:1である請求項に記載の触媒。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録
参考情報 (研究プロジェクト等) ERATO 小林高機能性反応場プロジェクト 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close