TOP > 国内特許検索 > 水中での鉄系金属の防食方法

水中での鉄系金属の防食方法 実績あり

国内特許コード P110002855
整理番号 Y00-P425
掲載日 2011年6月8日
出願番号 特願2001-102422
公開番号 特開2002-301624
登録番号 特許第3797884号
出願日 平成13年3月30日(2001.3.30)
公開日 平成14年10月15日(2002.10.15)
登録日 平成18年4月28日(2006.4.28)
発明者
  • 八代 仁
出願人
  • 独立行政法人科学技術振興機構
発明の名称 水中での鉄系金属の防食方法 実績あり
発明の概要 洗浄過程での洗浄液の量を大幅に減らし、水中での鉄の防食を完全にし、ワイヤ放電加工機による加工液中における鉄の防食・水槽中での金型や鉄部品の洗浄・保管を可能にし、イオン交換樹脂の寿命の管理を可能とし、防食装置としての信頼性を向上する。亜硝酸イオンを主剤として固定した陰イオン交換樹脂を調整するに当たり、モル比9対1程度の亜硝酸ナトリウムと炭酸ナトリウムの混合溶液を強塩基性陰イオン交換樹脂に通じたのち、洗浄液の伝導度が10μS cm-1程度以下に低下するまで水洗して陰イオン交換樹脂を調製する。
産業上の利用分野
この出願の発明は、水中での鉄系金属の防食法に関し、より詳しくは、水中での鉄系金属の防食方法およびこの方法によるワイヤー放電加工機、液中防食保管装置、イオン交換樹脂寿命判定方法とその装置に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】 亜硝酸イオンとともに炭酸イオン、炭酸水素イオンおよび水酸化物イオンのうちの1種以上を固定した陰イオン交換樹脂を充填したカラムに、ワイヤー放電加工における加工液を循環通水し、これによって、加工液の電気伝導度を上昇させることなく、腐食性イオンを除去することを特徴とするワイヤー放電加工における水中での鉄系金属の防食方法。
【請求項2】 亜硝酸イオンに対しての炭酸イオン、炭酸水素イオンおよび水酸化物イオンの1種以上の当量比が、0.05~0.5の範囲であることを特徴とする請求項1の防食方法。
【請求項3】 亜硝酸イオンとともに炭酸イオンとが固定された陰イオン交換樹脂がカラム充填されていることを特徴とする請求項1又は2の防食方法。
【請求項4】 洗浄液の電気伝導度を10μS cm-1以下になるように水洗された固定化陰イオン交換樹脂がカラム充填されていることを特徴とする請求項1ないし3のいずれかの防食方法。
【請求項5】 亜硝酸イオンとともに炭酸イオン、炭酸水素イオンおよび水酸化物イオンのうちの1種以上を固定した陰イオン交換樹脂を充填したカラムに循環させて低電気伝導度とした流水中で金属を洗浄し、循環中にあるいは静止水中に金属を浸漬保持することを特徴とするイオン交換後の水中に鉄系金属を防食しながら保管する方法。
【請求項6】 亜硝酸イオンとともに炭酸イオン、炭酸水素イオンおよび水酸化物イオンのうちの1種以上を固定した陰イオン交換樹脂に電極を接触させ、その電位を参照電極に対して測定しながら、陰イオン交換樹脂中の塩化物イオン濃度をモニターし、亜硝酸イオン対塩化物イオン濃度比を電位によって読み取ることを特徴とする陰イオン交換樹脂の寿命判定方法。
【請求項7】 亜硝酸イオンとともに炭酸イオン、炭酸水素イオンおよび水酸化物イオンのうちの1種以上を固定した陰イオン交換樹脂を充填したカラムと、カラムへの加工液を含む循環手段と、加工液を含むワイヤー放電加工機とを備え、加工液をカラムに循環通水して、加工液の電気伝導度を上昇させることなく、腐食性イオンを除去することを特徴とするワイヤー放電加工機。
【請求項8】 亜硝酸イオンとともに炭酸イオン、炭酸水素イオンおよび水酸化物イオンのうちの1種以上を固定した陰イオン交換樹脂を充填したカラムと、このカラムを循環して得られた低電気伝導度のイオン交換後の水を貯蔵する手段と、イオン交換後の水を流動水又は静止水の状態で鉄系金属を洗浄し、浸漬保持する手段を備えたことを特徴とする鉄系金属の液中防食保管装置。
【請求項9】 亜硝酸イオンとともに炭酸イオン、炭酸水素イオンおよび水酸化物イオンのうちの1種以上を固定した陰イオン交換樹脂を充填したカラムと、陰イオン交換樹脂に接触する第1の電極と、参照電極としての第2の電極と、第1の電極の電位を第2の電極に対して測定する電位測定手段と、電位測定によって、陰イオン交換樹脂中の塩化物イオン濃度をモニターし、亜硝酸イオン対塩化物イオン濃度比を電位によって読み取りイオン交換樹脂の寿命を判定する手段を備えたことを特徴とするイオン交換樹脂寿命判定装置。
産業区分
  • 切削
  • 表面処理
  • 処理操作
  • その他無機化学
  • 高分子化合物
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close