TOP > 国内特許検索 > シルアルキレンシロキサンの重合方法

シルアルキレンシロキサンの重合方法 コモンズ

国内特許コード P110002932
整理番号 A051P240
掲載日 2011年6月8日
出願番号 特願2001-533882
登録番号 特許第3793461号
出願日 平成12年10月27日(2000.10.27)
登録日 平成18年4月14日(2006.4.14)
国際出願番号 JP2000007531
国際公開番号 WO2001030887
国際出願日 平成12年10月27日(2000.10.27)
国際公開日 平成13年5月3日(2001.5.3)
優先権データ
  • 特願1999-306522 (1999.10.28) JP
発明者
  • 永島 英夫
  • 松原 公紀
  • 寺沢 淳一
出願人
  • 独立行政法人科学技術振興機構
発明の名称 シルアルキレンシロキサンの重合方法 コモンズ
発明の概要 (57)【要約】3個または4個のルテニウム原子にカルボニル基が配位した多核ルテニウム?カルボニル錯体を触媒とし、少なくとも1つのSi?H結合を有するシラン化合物の存在下に、4?7員環の環状シルアルキレンシロキサンを開環重合して対応する鎖状のポリアルキレンシロキサンを生成させるポリシルアルキレンシロキサンの製造方法を開示している。
特許請求の範囲 【請求項1】3個または4個のルテニウム原子にカルボニル基が配位した多核ルテニウム-カルボニル錯体を触媒とし、下記の一般式(1)または(2)で表わされるシラン化合物の存在下に、下記の一般式(3)で表わされる環状のシルアルキレンシロキサンを開環重合して下記の一般式(4)で表わされる反復単位を有する鎖状のポリシルアルキレンシロキサンを生成させることを特徴とするポリシルアルキレンシロキサンの製造方法。

〔式(1)中、X、XおよびXは互いに同一または別異の官能基または原子を表わし、水素原子、ハロゲン原子、アミノ基、アルキル基、アルコキシ基、チオアルキル基、アルキルアミノ基、アリール基、アリールアミノ基、ビニル基、シロキシ基、オルガノシロキシ基、オルガノシリル基、複素環基から成る群より選ばれる。〕

〔式(2)中、X、X、XおよびXは互いに同一または別異の官能基または原子を表わし、水素原子、ハロゲン原子、アミノ基、アルキル基、アルコキシ基、チオアルキル基、アルキルアミノ基、アリール基、アリールアミノ基、ビニル基、シロキシ基、オルガノシロキシ基、オルガノシリル基、複素環基から成る群より選ばれ、aは1~4の整数である。〕

〔式(3)および(4)中、bは1~4の整数であり、Rは炭素数1~8の炭化水素基を表わす。〕
【請求項2】触媒が、下記の式(5)~(9)で表わされる多核ルテニウム-カルボニル錯体のいずれかから選ばれることを特徴とする請求項1のポリアルキレンシロキサンの製造方法。



【請求項3】原料のシルアルキレンシロキサンが下記の式(10)で表わされるシルエチレンシロキサンであり、下記の式(11)で表わされる反復単位を有するポリシルエチレンシロキサンを生成させることを特徴とする請求項2のポリシルアルキレンシロキサンの製造方法。


【請求項4】シラン化合物としてH(CHSi(CHSi(CHHを用いることを特徴とする請求項3のポリシルアルキレンシロキサンの製造方法。
【請求項5】Rがメチル基であることを特徴とする請求項4のポリシルアルキレンシロキサンの製造方法。
産業区分
  • 高分子化合物
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
参考情報 (研究プロジェクト等) CREST 単一分子・原子レベルの反応制御 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close