TOP > 国内特許検索 > パノラマX線画像を用いた骨粗鬆症診断支援装置

パノラマX線画像を用いた骨粗鬆症診断支援装置 新技術説明会 実績あり

国内特許コード P110003095
整理番号 Y02-P358
掲載日 2011年6月16日
出願番号 特願2003-001395
公開番号 特開2004-209089
登録番号 特許第3964795号
出願日 平成15年1月7日(2003.1.7)
公開日 平成16年7月29日(2004.7.29)
登録日 平成19年6月1日(2007.6.1)
発明者
  • 田口 明
  • 中元 崇
  • 浅野 晃
出願人
  • 独立行政法人科学技術振興機構
発明の名称 パノラマX線画像を用いた骨粗鬆症診断支援装置 新技術説明会 実績あり
発明の概要

【課題】パノラマX線画像を用いた骨粗鬆症診断支援装置の提供
【解決手段】デジタル化されたパノラマX線写真の画像をパーソナルコンピュータに入力する(S210)。パノラマX線写真上の下顎骨臼歯部下縁皮質骨を観察の対象とするため、その部位をマウスで指定する(S220)。この抽出画像に対して以下の画像処理を施す。
▲1▼ 画像にメディアンフィルターをかけ、可及的にノイズを少なくする。
▲2▼ 微小構造要素によるスケルトンを求める(S230)。
▲3▼ 下顎骨下縁の傾きと平行な成分のみを抽出する(S240)。
▲4▼ 例えば大津氏の線形判別法を用いて、画像を2値化する(S250)。
その後、2値化した線を大きさにより3群に分類し、一番小さい群の線を除き、一番大きい群と分類された線1本のみではない場合に、骨粗鬆症の疑いありと判定する(S260)ことができる。
【選択図】図3

産業上の利用分野
本発明は、歯科治療で撮影されているパノラマX線写真を用いて、骨粗鬆症の診断支援を行う装置に関する。
特許請求の範囲 【請求項1】 歯のパノラマX線画像を用いた骨粗鬆症診断支援装置であって、
前記歯のパノラマX線画像における指定された部分を含む領域の画像を抽出する画像領域抽出手段と、
抽出された画像のスケルトンを求めるスケルトン処理手段と、
求めたスケルトンのうち、下顎骨の下縁の傾きと平行な部分のみを抽出する線抽出手段と、
スケルトンを含む画像を、スケルトンの線を背景から分離するように2値化する2値化手段と、
2値化した線を大きさにより分類して、骨粗鬆症の疑いを判定する判定手段と
を備えることを特徴とする骨粗鬆症診断支援装置。
【請求項2】 請求項1に記載の骨粗鬆症診断支援装置において、
前記判定手段は、2値化した線を大きさにより3群に分類し、一番小さい群の線を除き、一番大きい群と分類された線1本のみではない場合に、骨粗鬆症の疑いありと判定することを特徴とする骨粗鬆症診断支援装置。
【請求項3】 請求項1又は2に記載の骨粗鬆症診断支援装置において、
前記画像抽出手段は、下顎骨の下縁の傾きと平行な矩形領域の画像を抽出し、
前記線抽出手段は、線の水平な部分を抽出する
ことを特徴とする骨粗鬆症診断支援装置。
【請求項4】 請求項1~3のいずれかに記載の骨粗鬆症診断支援装置をコンピュータシステムに構築させるプログラム。
産業区分
  • 治療衛生
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2003001395thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close