TOP > 国内特許検索 > 形状記憶合金の接合構造形成方法

形状記憶合金の接合構造形成方法 コモンズ

国内特許コード P110003114
整理番号 V226P003
掲載日 2011年6月16日
出願番号 特願2003-031783
公開番号 特開2004-237349
登録番号 特許第3814723号
出願日 平成15年2月7日(2003.2.7)
公開日 平成16年8月26日(2004.8.26)
登録日 平成18年6月16日(2006.6.16)
発明者
  • 芳賀 洋一
  • 江刺 正喜
出願人
  • 独立行政法人科学技術振興機構
発明の名称 形状記憶合金の接合構造形成方法 コモンズ
発明の概要

【課題】形状記憶合金の特性を損ねることがないとともに、応力集中がなく、容易に電気的機械的接合ができる形状記憶合金の接合構造を提供する。
【解決手段】形状記憶合金コイル2と電極6との接合構造10は、形状記憶合金コイル2の一端側に形状回復力の作用方向と異なる向きに形成された銅薄膜4と基板1に例えばパターン化された電極6とを直接に接触又は共晶はんだ8を介して電気的に接触させ、かつ、機械的に固定されている。このとき共晶はんだ8で覆われた部分以外には銅薄膜4は形成されていない。
【選択図】 図1

従来技術、競合技術の概要
Ni-Ti合金は形状記憶と超弾性の両特性を併せ持つ機能性が早くから注目されているが、未だその特長を十分に活かした応用は見つかっておらず、アクチュエータとして産業的に成功した例はほとんどなく、現状ではNi-Ti合金の超弾性のみを使ったバネ材や構造材としての応用がほとんである。その利用が限られる理由の一つは、接合性の低さにあると考えられている(例えば、非特許文献1参照。)
【0003】
形状記憶合金は、加熱すると記憶された形状に戻る性質を有しているが、形状記憶合金の大きさが小さい場合、通常、形状記憶合金の加熱は、形状記憶合金に電流を直接流し、ジュール熱により加熱を行う。そのため、形状記憶合金と電極又は配線とを電気的に接続する必要がある。
また、形状記憶合金の通電加熱による変形のため電気的接続部に応力が働くことが多いので、電気的接続と機械的固定の両方が同時に必要になる。
形状記憶合金の形状記憶合金同士又は配線との機械的な固定、及び電気的接続の従来の方法は、主に溶接、機械的圧着、はんだ付け及び導電性接着剤などが挙げられる。
【0004】
形状記憶合金の溶接技術について、電子ビーム溶接及び熱間圧接ともいうべき細線の突き合わせ抵抗溶接の報告があり、圧接では形状記憶効果を失うことなく溶接できるとされているが(非特許文献2、第60頁「4.おわりに」を参照)、溶接箇所で形状記憶特性及び超弾性特性が失われる旨の指摘もされている(特許文献1の〔従来の技術〕欄の段落0002を参照)。
【0005】
機械的圧着については、形状記憶合金のコイルばねの端部を固定するための方法として、マイクロコイルとパイプを一体化する提案がある(例えば、特許文献2参照)。
また、はんだ付けでは、形状記憶合金表面に酸化チタンの層が形成されることにより良好な金属結合を形成できないこと、さらにこの解決方法として境界材料の付加的な層を形成して形状記憶合金と接合材料の両方を固着させることが指摘され、この境界材料を形成する方法として電気めっきを掲げているが、この方法でも形状記憶特性及び超弾性特性が失われると指摘されている(特許文献1の〔従来の技術〕欄の段落0004を参照)。
【0006】
このはんだ付けによるニチノール(ニッケル-チタン合金で形状記憶特性を有する)の接合方法では、ニチノールの表面から汚染物質を除去する為にフラックスを活性化温度まで加熱し、ニッケル含有境界表面の酸化を最小化し、このフラックスを冷却してフラックスの固体コーティングを形成後、このフラックスを除去して表面から汚染物質とチタンを除去し、ニッケル含有境界表面に、ニチノールの溶融温度以下のアニール温度を有する溶融ハンダ材料を配置し、他の金属をこの溶融ハンダ材料に接触させ、このハンダ材料を冷却して、ニチノールを他の金属に接合する提案がされている(特許文献1を参照)。
また、導電性接着剤については本発明者らの提案がある(例えば、特許文献3参照)。
【0007】
【非特許文献1】
本間 大、「バイオメタル解説:形状記憶合金アクチュエータとバイオメタル」、パンフレット、トキ・コーポレーション、2000年12月、p.9-10
【非特許文献2】
西川雅弘、「形状記憶合金の溶接技術」、日本金属学会会報、1985年、第24巻、第1号、p.56-60
【特許文献1】
特開平5-185216号公報(第1頁~第3頁、第1図)
【特許文献2】
特開2000-257611号公報(フロントページ、第1図)
【特許文献3】
特開平11-48171号公報(第8頁~第9頁、第4図~第8図)
産業上の利用分野
この発明は機能材料の電気的機械的接合に利用し、形状記憶合金の特性を損ねることがないとともに、応力集中がなく、容易に電気的機械的接合を同時に可能にするための形状記憶合金の接合構造形成方法に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】 難接合性を有する形状記憶合金の接合方法において、接合箇所を有する形状記憶合金の全体に接合膜を形成する第1工程と、接合箇所に形成した接合膜をはんだ付けする第2工程と、はんだ付けされた箇所以外の形状記憶合金に形成された接合膜を取り除く第3工程とを備え
上記形状記憶合金の接合箇所がコイル状に形成されていて、上記接合膜を介してコイル状の接合箇所をはんだ付けすることを特徴とする、形状記憶合金の接合構造形成方法。
【請求項2】 前記形状記憶合金が、形状記憶合金コイル及び形状記憶合金ワイヤのいずれかであることを特徴とする、請求項記載の形状記憶合金の接合構造形成方法。
産業区分
  • 加工
  • その他原動機
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2003031783thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close