TOP > 国内特許検索 > 電子投票媒体

電子投票媒体

国内特許コード P110003751
掲載日 2011年6月29日
出願番号 特願2009-260370
公開番号 特開2011-107842
登録番号 特許第5397858号
出願日 平成21年11月13日(2009.11.13)
公開日 平成23年6月2日(2011.6.2)
登録日 平成25年11月1日(2013.11.1)
発明者
  • 張 善俊
出願人
  • 学校法人神奈川大学
発明の名称 電子投票媒体
発明の概要

【課題】電子投票において、同一人であるならば定められた開票日までに何度でも投票をすることができ、かつ、不正な投票を容易に防止することができる装置を提供すること。
【解決手段】電子投票媒体700は、電子投票媒体700を識別するための媒体識別情報を記憶する媒体識別情報記憶部733を有している。そして、現在の時刻を取得し、記憶された媒体識別情報と、取得された時刻を含むシリアル番号とに基づいて、投票ごとに投票識別コードを作成し、最新の投票識別コードを出力する。そして、公開鍵が所定の方法によって書き込まれた電子投票データ521と、受け付けられた投票内容とを入力し、投票内容に対応付けて確認コードを作成し、パスワードを作成し、作成したパスワードに基づいて、投票内容及び確認コードを電子投票データ521に埋め込み、公開鍵に基づいてパスワードを暗号化して電子投票データ521に埋め込み、出力する。
【選択図】図22

従来技術、競合技術の概要


近年、コンピュータの発達に伴い、コンピュータを利用した電子投票は、安全で迅速な処理が期待できることから関心が高まっている。コンピュータを利用した電子投票には、集計においてコンピュータを利用する電子投票や、投票する方法においてコンピュータを利用する電子投票、遠隔地からの投票においてネットワークコンピュータを利用する電子投票等が存在する。



このような電子投票は、どの投票者が誰に投票したのかは誰にも分からない、いわゆる秘匿性と、投票結果が正しく集計されたことが、集計後いつでも誰でも確認できること、等が要求される。



このような要求を考慮したシステムとして、特許文献1に開示された、認証機関と集計機関とを備える電子投票システムが知られている。



この特許文献1が開示するシステムにおいて、投票装置は、投票者のディジタル証明書を認証機関の公開鍵によって暗号化し、所定の情報(自己の投票が正しく集計されていることを知るための投票者のみが知る情報)を含む投票メッセージを集計機関の公開鍵によって暗号化し、暗号化されたディジタル証明書と、暗号化された投票メッセージとを連結して投票装置の秘密鍵によって暗号化した署名ブロックを認証機関に送る。認証機関は、投票装置の公開鍵によって署名ブロックを復号し、認証機関の秘密鍵によってディジタル証明書を復号して認証後、集計組織に転送する。集計組織は、投票装置の公開鍵によって署名ブロックを復号し、集計組織の秘密鍵によって投票メッセージを復号して集計する。したがって、特許文献1が開示するシステムにおいて、認証機関は投票メッセージを復号できず、集計機関はディジタル証明書を復号できないので、どの投票者が誰に投票したのかは誰にも分からない。そして、集計組織が公表した投票メッセージのうち所定の情報によって、投票者は自己の投票が正しく集計されたことを知ることができる。

産業上の利用分野


本発明は、電子投票に利用される電子投票媒体に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
投票の内容を書き込むための電子投票媒体であって、
電子投票媒体を識別するための媒体識別情報を記憶する媒体識別情報記憶手段と、
現在の時刻を取得する時刻取得手段と、
前記媒体識別情報記憶手段によって記憶された前記媒体識別情報と、前記時刻取得手段によって取得された時刻を含むシリアル番号とに基づいて、投票ごとに投票識別コードを作成する投票識別コード作成手段と、
前記投票識別コードのうち最新の前記投票識別コードを出力する投票識別コード出力手段と、
公開鍵が所定の方法によって書き込まれた電子投票データと、受け付けられた候補者を示す投票内容とを入力する投票データ入力手段と、
前記投票内容に対応付けて確認コードを作成する確認コード作成手段と、
前記投票内容及び前記確認コードを抽出するためのパスワードを作成するパスワード作成手段と、
前記電子投票データに、前記パスワード作成手段によって作成されたパスワードに基づいて、前記投票内容及び前記確認コードを埋め込む投票内容書込手段と、
前記投票データ入力手段によって入力された前記電子投票データから前記公開鍵を取得する公開鍵取得手段と、
前記電子投票データに、前記公開鍵取得手段によって取得された前記公開鍵に基づいて前記パスワードを暗号化して埋め込む暗号化書込手段と、
前記暗号化書込手段によって書き込まれた電子投票データを出力する電子投票データ出力手段と、
を備える電子投票媒体。
【請求項2】
前記投票内容及び前記確認コードに、前記パスワードと、前記投票識別コードとを対応付けて記憶する投票データ記憶手段と、
前記投票データ記憶手段に記憶された前記投票内容及び前記確認コードと、前記パスワードと、前記投票識別コードとを対応付けて表示する表示手段と、
をさらに備える請求項1に記載の電子投票媒体。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009260370thum.jpg
出願権利状態 登録
本技術について、ライセンスや共同研究等をご希望の方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close