TOP > 国内特許検索 > 新規な(メタ)アクリル酸エステルの共重合体、組成物、光学部材及び電気部材

新規な(メタ)アクリル酸エステルの共重合体、組成物、光学部材及び電気部材 コモンズ

国内特許コード P110004310
整理番号 BE064P04
掲載日 2011年7月11日
出願番号 特願2008-550566
公表番号 特表2009-536225
登録番号 特許第5349972号
出願日 平成18年10月5日(2006.10.5)
公表日 平成21年10月8日(2009.10.8)
登録日 平成25年8月30日(2013.8.30)
国際出願番号 JP2006320360
国際公開番号 WO2007129418
国際出願日 平成18年10月5日(2006.10.5)
国際公開日 平成19年11月15日(2007.11.15)
優先権データ
  • 60/797,649 (2006.5.5) US
発明者
  • 小池 康博
  • 岡本 善之
  • 多加谷 明広
出願人
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 新規な(メタ)アクリル酸エステルの共重合体、組成物、光学部材及び電気部材 コモンズ
発明の概要 【課題】PMMA又はPMAなどのホモポリマーよりも、耐熱性が向上し、吸湿性が低減し、複屈折が低く透明性が高いポリマー、並びに該ポリマーを用いた組成物、光学部材、及び電気部材を提供すること。
【解決手段】下記繰り返し単位Aと繰り返し単位Bとを含む一般式(1)で表される(メタ)アクリル酸エステルの共重合体である。一般式(1)において、R及びRは、各々独立に、水素原子又はメチル基を表し、Rは炭素数が1~4のアルキル基を表し、Yは、芳香族環を形成する原子団を表し、xは、1以上n以下の数を表し、nは前記芳香族環が有し得るフッ素原子の数を表す。
【化1】




【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要


ポリメチルメタクリレート(PMMA)は、光透過性が高く、無色で、化学的耐久性や、耐候性に優れ、工業的に大量生産される重要なポリマーである。PMMAは、ガラスの代替として、光デバイス用途に広く用いられている。しかし、PMMAのガラス転移温度(Tg)は比較的低く、約100℃であり、吸湿性がある。これらの特性が光エレクトロニクス分野でのPMMAの用途を制限している。



PMMAのガラス転移温度を高めるために、剛直あるいは嵩高いモノマーを共重合によって導入すること(例えば、非特許文献1~3参照)や、PMMAのカルボキシ基と水素結合を形成するような基を有するモノマーを導入すること(例えば、非特許文献4~6参照)が、これまで研究されてきた。PMMAの吸湿性は、メチルアクリレートで置換された嵩高い環状炭化水素とメチルメタクリレートとを共重合させることによって、低減できることが報告されている。
しかし、嵩高い基による修飾は、導入された共重合モノマーの光吸収によって、PMMAの透明性を低下させる傾向にある。



PMMAの可視光域での主な光の損失は、C-H伸縮振動の倍音伸縮によるものや、倍音伸縮と変形振動との組み合わせによるものである。重水素やフッ素のような、より重い原子によってC-H結合の水素原子を置換した場合、振動吸収のエネルギーが増加し、吸収帯は可視光域から近赤外域での吸収を極小化する。
そこで、Bontevinらは、幾つかのフッ素置換アクリレートモノマーを合成し、それらのポリマーが非常に透明な有機化合物であったことを報告している(例えば、非特許文献7参照)。これらのフッ素置換アクリレートモノマーのうち、ペンタフルオロフェニルメタクリレート(PFPA)とそのポリマーの屈折率が報告された。また、ポリPFPAのガラス転移温度(Tg)は125℃であり、PMMAよりも約20℃高いことが報告された。
【非特許文献1】
Y. Tan, G. Ekenstein, Eur. polym. J. 1994, 30, 1363
【非特許文献2】
Mishra, T. Sinha, V. Choudhary, J. Appl. Polym. Sci. 1998, 68, 527
【非特許文献3】
S. Dong, Q. Wang, Y. Wei, Z. Zhang, J. Appl. Polym. Sci. 1999, 72, 1335
【非特許文献4】
E. M. Pearce, T. K. Kwei, B. Y. Min, J. Macromol. Sci.Chem. 1984, 21, 1181
【非特許文献5】
S. Kuo, F. Chang, Macromolecules 2001, 34, 7737、
【非特許文献6】
S. Kuo, H. Kao, F. Chang, Polymer 2003, 44, 6873
【非特許文献7】
B. Bontevin, A Rousseau, D. Bosc, J. Polym. Sci. Pol. Chem. 1992, 30, 1279

産業上の利用分野


本発明は、新規なメタアクリル酸エステルの共重合体、組成物、光学部材及び電気部材に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
下記繰り返し単位Aと繰り返し単位Bとを含み、繰り返し単位Aと繰り返し単位Bの重合比率(wt%)が、76:24~95:5であり、繰り返し単位A及び繰り返し単位Bの総量の含有率が94モル%以上である一般式(1)で表される(メタ)アクリル酸エステルの共重合体。
【化1】



[一般式(1)において、Rは、水素原子又はメチル基を表し、Rは炭素数が1~4のアルキル基を表す。]

【請求項2】
前記Rが、メチル基である請求項1に記載の共重合体。

【請求項3】
前記繰り返し単位Aと前記繰り返し単位Bとのモル比が、90:10~95:5であることを特徴とする請求項1に記載の共重合体。

【請求項4】
請求項1~3のいずれか1項に記載の共重合体を含む組成物。

【請求項5】
請求項1~3のいずれか1項に記載の共重合体を含む光学部材。

【請求項6】
請求項1~3のいずれか1項に記載の共重合体を含む電気部材。

【請求項7】
請求項1~3のいずれか1項に記載の共重合体を含む液晶ディスプレイ用の光学フィルム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008550566thum.jpg
出願権利状態 登録
参考情報 (研究プロジェクト等) ERATO/SORST Fiber to the Disprayのためのフォトニクスポリマー 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close