TOP > 国内特許検索 > 試料中の被検出物質の検出方法

試料中の被検出物質の検出方法

国内特許コード P110004458
整理番号 A242P35-1
掲載日 2011年7月14日
出願番号 特願2010-238816
公開番号 特開2011-064691
登録番号 特許第5294339号
出願日 平成22年10月25日(2010.10.25)
公開日 平成23年3月31日(2011.3.31)
登録日 平成25年6月21日(2013.6.21)
発明者
  • 武笠 幸一
  • 松本 和彦
  • 石井 睦
  • 武田 晴治
  • 澤村 誠
  • アグス スバギョ
  • 細井 浩貴
  • 末岡 和久
  • 喜田 宏
  • 迫田 義博
出願人
  • 独立行政法人科学技術振興機構
  • 独立行政法人産業技術総合研究所
発明の名称 試料中の被検出物質の検出方法
発明の概要

【課題】ノイズが低減でき、従来よりも遙かに優れた感度を有する試料中の被検出物質の検出方法を提供する。
【解決手段】基板1と、その基板1の上面に形成した絶縁薄膜2上に、所定の間隔をおいて対向して設けたソース電極3およびドレイン電極4を有するチャネルとを少なくとも備えたセンサーで試料中の被検出物質を検出する方法において、前記チャネルが超微細繊維で構成され、そのチャネル上に前記試料溶液を滴下した後、その試料溶液の溶媒を蒸発させることを特徴とする。
【選択図】図4

従来技術、競合技術の概要


従来提案されたバイオセンサーは、特定の分子と選択的に反応する反応基をもった薄膜を電極上に形成し、その薄膜が前記特定分子を吸着した際のポテンシャルの変化を測定するようになっている。具体的にはグルコース酸化酵素を有する薄膜を電極上に形成し、グルコースとの酸化反応に伴う電流値の変化を測定することにより、グルコース量を検出する方式である。



この種のバイオセンサーに関しては、例えば下記の特許文献1~5や非特許文献1、2などを挙げることができる。

産業上の利用分野


本発明は、センサーを用いて試料中の被検出物質を検出する方法に係り、特に電界効果型トランジスタ(以下、FETと略記する)あるいは単一電子型トランジスタ(以下、SETと略記する)の構造を有するバイオセンサーなどのセンサーを用いて試料中の被検出物質を検出する方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
基板と、その基板の上面に形成した絶縁薄膜上に、所定の間隔をおいて対向して設けたソース電極およびドレイン電極を有するチャネルとを少なくとも備えたセンサーで試料溶液中の被検出物質を検出する方法において、
前記チャネルが超微細繊維で構成され、
そのチャネル上に前記試料溶液を滴下した後、その試料溶液の溶媒を蒸発させることを特徴とする試料中の被検出物質の検出方法。

【請求項2】
基板と、その基板の上面に形成した第1の絶縁薄膜上に、所定の間隔をおいて対向して設けたソース電極およびドレイン電極を有するチャネルとを少なくとも備えたセンサーで試料溶液中の被検出物質を検出する方法において、
前記チャネルが超微細繊維で構成され、
前記基板の前記チャネルとは反対側の面に第2の絶縁薄膜が形成され、その第2の絶縁薄膜の外側にバックゲート電極を設けて、前記第2の絶縁薄膜が被検出物質と相互作用する特定の物質で修飾され、
その修飾箇所と前記バックゲート電極の間に前記試料溶液を滴下した後、その試料溶液の溶媒を蒸発させることを特徴とする試料中の被検出物質の検出方法。

【請求項3】
請求項1または2記載の試料中の被検出物質の検出方法において、
前記超微細繊維がカーボンナノチューブであることを特徴とする試料中の被検出物質の検出方法。

【請求項4】
請求項3記載の試料中の被検出物質の検出方法において、
前記カーボンナノチューブに欠陥が導入されていることを特徴とする試料中の被検出物質の検出方法。

【請求項5】
請求項記載の試料中の被検出物質の検出方法において、
前記被検出物質ならびに前記特定の物質が、相互作用する生体高分子であることを特徴とする試料中の被検出物質の検出方法。

【請求項6】
請求項5記載の試料中の被検出物質の検出方法において、
前記被検出物質が抗原または抗体であって、前記特定の物質が抗体または抗原であることを特徴とする試料中の被検出物質の検出方法。
産業区分
  • 試験、検査
  • その他機械要素
  • 固体素子
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010238816thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
参考情報 (研究プロジェクト等) CREST 新しい物理現象や動作原理に基づくナノデバイス・システムの創製 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close