TOP > 国内特許検索 > 耐酸化性の改善されたフェライト系耐熱鋼

耐酸化性の改善されたフェライト系耐熱鋼

国内特許コード P110004599
整理番号 RP01P03
掲載日 2011年7月21日
出願番号 特願平11-052009
公開番号 特開2000-248389
登録番号 特許第4355782号
出願日 平成11年2月26日(1999.2.26)
公開日 平成12年9月12日(2000.9.12)
登録日 平成21年8月14日(2009.8.14)
発明者
  • 板垣 孟彦
  • 九津見 啓之
  • 藤綱 宣之
  • 五十嵐 正晃
  • 宗木 政一
  • 阿部 冨士雄
出願人
  • 独立行政法人物質・材料研究機構
  • 新日鐵住金株式会社
発明の名称 耐酸化性の改善されたフェライト系耐熱鋼
発明の概要 (57)【要約】【課題】 高温・低酸素ポテンシャル雰囲気における耐熱金属材料の耐酸化性を改善する。【解決手段】 耐熱金属材料に白金属元素を存在させて、表面に保護性のある酸化皮膜を生成させる。
産業上の利用分野
本発明は、耐酸化性の改善されたフェライト系耐熱鋼に関するものである。さらに詳しくは、本発明は、火力発電所用ボイラー、化学工業装置などの高温で、低酸素ポテンシャル雰囲気で使用可能な耐酸化性の改善されたフェライト系耐熱鋼に関するものである。
特許請求の範囲 【請求項1】 高温・低酸素ポテンシャル雰囲気下で使用される9Crフェライト系耐熱鋼であって、前記雰囲気下で保護性のあるクロム酸化物皮膜を形成させ、鉄酸化物の生成を抑制する白金族元素の1種または2種以上が、前記耐熱鋼の表面部にスパッタリングされてなることを特徴とする耐酸化性の改善されたフェライト系耐熱鋼。
産業区分
  • 表面処理
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close