TOP > 国内特許検索 > インスリン抵抗性疾患モデルとしてのA170遺伝子ノックアウトマウス、及び該ノックアウトマウスを用いた方法

インスリン抵抗性疾患モデルとしてのA170遺伝子ノックアウトマウス、及び該ノックアウトマウスを用いた方法 コモンズ

国内特許コード P110004807
掲載日 2011年8月18日
出願番号 特願2004-126465
公開番号 特開2005-304393
登録番号 特許第4521510号
出願日 平成16年4月22日(2004.4.22)
公開日 平成17年11月4日(2005.11.4)
登録日 平成22年6月4日(2010.6.4)
発明者
  • ▲柳▼川 徹
  • 石井 哲郎
  • 吉田 ▲広▼
出願人
  • 国立大学法人 筑波大学
発明の名称 インスリン抵抗性疾患モデルとしてのA170遺伝子ノックアウトマウス、及び該ノックアウトマウスを用いた方法 コモンズ
発明の概要

【課題】
食物摂取量の増大、高脂血症・脂肪肝、肥満、高インスリン血症等、ヒトのインスリン抵抗性疾患と同様の病態を示すインスリン抵抗性疾患モデルマウスを提供すること、及び、該モデルマウスを用いたスクリーニング方法を提供すること。
【解決手段】
インスリン抵抗性疾患モデルとしてのA170遺伝子ノックアウトマウス及び、A170遺伝子ノックアウトマウスを用いた、インスリン抵抗性疾患治療剤のスクリーニング方法を提供する。A170遺伝子ノックアウトマウスは、インスリン抵抗性だけでなく、肥満、脂肪肝等、ヒトのインスリン抵抗性疾患と同様の病態を示す。
【選択図】 図3

従来技術、競合技術の概要


インスリン抵抗性疾患とは、インスリン抵抗性の上昇によって引き起こされる疾患のことをいい、2型糖尿病、高脂血症・脂肪肝、肥満、高血圧症、動脈硬化症等の成人病は、インスリン抵抗性疾患と深い関連性を持つ。即ち、インスリン抵抗性の上昇は、2型糖尿病、高脂血症・脂肪肝、肥満等を引き起こし、また、インスリン抵抗性上昇に伴う代償性の高インスリン血症は、高血圧症等の誘因となる。さらに、それらの病態が複合的に連関して、動脈硬化症等が誘発される場合もある(非特許文献1参照)。



これらの病態の作用機序の解析、治療薬の開発等を目的として、疾患モデルマウス(ノックアウトマウス)が多く開発されている。例えば、糖尿病モデルマウスは、糖尿病に関連があると考えられる遺伝子を欠損させることにより作製し、該遺伝子の機能解析や糖尿病治療薬のスクリーニング等に用いられている。非特許文献2には、主な糖尿病モデルマウスが列記されている。



ここで、本発明に係るA170遺伝子についての公知技術を以下に説明する。



A170遺伝子とは、ヒトのp62をコードする遺伝子、ラットのZIPをコードする遺伝子、OSF-6と名付けられた骨関連タンパク質をコードする遺伝子等と相同性を示すマウスの遺伝子で(非特許文献3、特許文献1参照)、現在のところ、骨代謝と関連する病変(ページェット病等)との関連が強く示唆されている(特許文献1、非特許文献4参照)。そして、非特許文献4では、ページェット病の解析を目的として、p62不活性化マウスの作出が行われている。



一方、非特許文献5には、A170と相同性を示すZIPが、Grb14と結合してインスリン・シグナルを制御することが記載されているが、A170とインスリン抵抗性疾患との具体的な関わり又は作用機序は、現在のところ知られていない。

【特許文献1】特開平6-256210号公報

【非特許文献1】「インスリン抵抗性と生活習慣病」、診断と治療社、P2等参照

【非特許文献2】「別冊・医学の歩み」、医歯薬出版株式会社、P113-117(2004)

【非特許文献3】Geetha T. et al, FEBS Letters 512 (2002) 19-24

【非特許文献4】Duran A. et al, Developmental Cell, Vol.6, 303-309, February,2004

【非特許文献5】Cariou B. et al,Molecular and Cellular Biology, Oct.2002, P.6959-6970

【非特許文献6】日本口腔科学会雑誌VOL.51、No6(2002)、p562、柳川徹ら、「A170遺伝子ノックアウトマウスの開発」

産業上の利用分野


本発明は、インスリン抵抗性疾患モデルのノックアウトマウス、及び該ノックアウトマウスを用いた方法に関する。より詳細には、インスリン抵抗性疾患モデルとしてのA170遺伝子ノックアウトマウス、及び該ノックアウトマウスを用いたスクリーニング方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
A170遺伝子ノックアウトマウスを用いる、インスリン抵抗性疾患治療剤のスクリーニング方法。
産業区分
  • 畜産
  • 薬品
  • 微生物工業
  • 試験、検査
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2004126465thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
この特許について質問等ある場合は、電子メールによりご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close