TOP > 国内特許検索 > 検体動作制御装置及び方法

検体動作制御装置及び方法 コモンズ

国内特許コード P110004819
整理番号 04-092JP00
掲載日 2011年8月18日
出願番号 特願2005-110875
公開番号 特開2006-292468
登録番号 特許第4677555号
出願日 平成17年4月7日(2005.4.7)
公開日 平成18年10月26日(2006.10.26)
登録日 平成23年2月10日(2011.2.10)
発明者
  • 渕脇 大海
出願人
  • 国立大学法人電気通信大学
発明の名称 検体動作制御装置及び方法 コモンズ
発明の概要

【課題】
微小検体を自動的に注入処理をできるようにする。
【解決手段】
検体投入領域から注入操作領域を通って検体貯留領域への流れを形成すると共に、注入操作領域において振動手段、検体吸着手段及び注入剤注入手段によって注入処理をするようにしたことにより、投入された処理前検体を1つずつ自動的に処理し得る検体動作制御装置を実現できる。
【選択図】 図2

従来技術、競合技術の概要


従来、検体浮遊液中に浮遊している生体細胞、例えば卵子の位置や姿勢を操作する技術として、マニュピレータを用いる方法、交流電場を用いる方法、レーザ光を用いる方法及び振動を用いる方法などが知られている。



マニュピレータを用いる方法は、ホールディングピペットを対象物に引っ掛けるなどの手法を用いて対象物の姿勢を変化させるものであり、交流電場を用いる方法は、交流電界を印加することにより誘電体としての細胞を制御するものであり(特許文献1参照)、レーザ光を用いる方法は、レーザ光によって不接触で試料の操作を行うものである。



これに加えて振動を用いる方法の例として、ガラスピペットなどの棒状の振動子を振動させ、振動子に少なくとも1つの定存波を生じさせることにより当該定存波の節の位置に試料を捕捉するような手法のものが提案されている(特許文献2参照)。

【特許文献1】特開2001-239500公報

【特許文献2】国際公開WO01/072951公報

産業上の利用分野


本発明は検体動作制御装置及び方法に関し、特に検体浮遊液槽内の検体浮遊液中に浮遊している多数の検体に1つずつ注入剤の注入処理をするものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
検体を浮遊させる検体浮遊液を保持する検体浮遊液槽と、
上記検体浮遊液槽の検体投入領域から注入操作領域に処理前検体を導入すると共に、上記注入操作領域から処理済検体を検体貯留領域に導出する流れを形成する流れ形成手段と、
上記注入操作領域の所定の位置に上記処理前検体を誘導する局所流動を形成する振動手段と、
上記注入操作領域に誘導された上記処理前検体を吸着して固定する検体吸着手段と、
上記検体吸着手段に固定された上記処理前検体に注入剤を注入処理する注入剤注入手段と
を具え
上記流れ形成手段は、上記検体浮遊液を上記注入操作領域を通って流すように上記検体浮遊液を上記検体浮遊液槽内を循環させるロータを含む
ことを特徴とする検体動作制御装置。

【請求項2】
上記ロータを上記検体浮遊液槽の外部から回転駆動する回転駆動手段
を具えることを特徴とする請求項1に記載の検体動作制御装置。

【請求項3】
振動するピペット部材の先端面が上記検体吸着手段を構成し、かつ上記ピペット部材の先端部の周面が上記振動手段を構成する
ことを特徴とする請求項1に記載の検体動作制御装置。

【請求項4】
上記検体吸着手段を構成するピペットの先端部に近接して上記振動手段を構成する振動子を配設し、上記振動子の振動によって上記ピペットの先端に上記局所流動を形成する
ことを特徴とする請求項1に記載の検体動作制御装置。

【請求項5】
上記注入手段は、上記検体吸着手段の先端面に対して往復動する
ことを特徴とする請求項1に記載の検体動作制御装置。

【請求項6】
検体浮遊液槽によって、検体を浮遊させる検体浮遊液を保持し、
流れ形成手段によって、上記検体浮遊液槽の検体投入領域から注入操作領域に処理前検体を導入すると共に、上記注入操作領域から処理済検体を検体貯留領域に導出する流れを形成し、
振動手段によって、上記注入操作領域の所定の位置に上記処理前検体を誘導する局所流動を形成し、
検体吸着手段によって、上記注入操作領域に誘導された上記処理前検体を吸着して固定し、
注入剤注入手段によって、上記検体吸着手段に固定された上記処理前検体に注入剤を注入する
上記流れ形成手段は、上記検体浮遊液を上記注入操作領域を通って流すように上記検体浮遊液を上記検体浮遊液槽内を循環させるロータを含む
ことを特徴とする検体動作制御方法。
産業区分
  • 試験、検査
  • 微生物工業
  • 工業用ロボット
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005110875thum.jpg
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close