TOP > 国内特許検索 > 超音速ジェット用騒音軽減装置

超音速ジェット用騒音軽減装置 コモンズ

国内特許コード P010000002
整理番号 U1998P014
掲載日 2002年9月30日
出願番号 特願平10-171241
公開番号 特開2000-008954
登録番号 特許第2972875号
出願日 平成10年6月18日(1998.6.18)
公開日 平成12年1月11日(2000.1.11)
登録日 平成11年9月3日(1999.9.3)
発明者
  • 梅田 吉邦
  • 石井 隆次
出願人
  • 国立大学法人京都大学
発明の名称 超音速ジェット用騒音軽減装置 コモンズ
発明の概要 キャビティトーン発生器を用いて超音速ジェットの騒音を軽減するようにした、超音速ジェット用騒音軽減装置に関する発明である。ノズル外部にキャビティトーン発生器を設置する従来例とは異なりキャビティトーン発生器から発生するキャビティトーンと超音速ジェットから放射されるスクリーチトーンとを干渉させることにより、スクリーチトーンの発生を効果的に抑制する。第1発明は、超音速ジェットを噴射するためのノズルの内部の出口近傍にキャビティトーン発生器を設置し、ノズルから超音速ジェットを噴射する際のスクリーチトーンを抑制することを特徴とする。第2発明は、ノズルおよびキャビティトーン発生器の断面形状を同一形状とすることを特徴とする。第3発明は、その断面形状を矩形とすることを特徴とする。第1発明においては、超音速ジェットを噴射するためのノズルの内部の出口近傍にキャビティトーン発生器を設置して、ノズルから噴射される超音速ジェットがノズルの出口近傍に設置したキャビティトーン発生器を通過するようにしたから、キャビティトーン発生器から発生するキャビティトーンがスクリーチトーンと干渉することになり、スクリーチトーンの発生が抑制されることになる。したがって、超音速ジェットを発生する装置から放射されるスクリーチトーンを効果的に抑制することができるので、所望の減音効果が得られる。なお、この超音速ジェット用騒音軽減装置は超音速ジェット機に限定されるものではなく、航空宇宙工学、流力音響学(流体力学、音響学)等の分野において超音速ジェットを用いる各種機器に適用することが可能である。その場合、超音速ジェットを用いる各種機器の超音速ノズルに超音速ジェット用騒音軽減装置を適用することが出来る。
従来技術、競合技術の概要 超音速ジェット機では、推進力として用いる超音速ジェットをジェットエンジンにより発生するようにしているため、ジェットエンジンに消音機構を設けない場合には、超音速ジェットの噴射時にジェットエンジンのノズルからスクリーチトーンと呼ばれる強力な音が発生するおそれがある。このスクリーチトーンは、空港周辺における騒音レベルの上昇を招くばかりでなく、機体が強力なスクリーチトーンに被爆した場合には、機体の機械的強度の劣化を招くおそれがある。最近ようやく超音速ジェットの騒音軽減のための研究が行われるようになり、例えばジェットエンジンのノズルの内部の出口にタブ(小突起物)を設置することによりスクリーチトーンを抑制する効果があることが知られるようになった。従来のタブを使用した超音速ジェット用騒音軽減装置では、単に、ノズル出口に設けたタブによって超音速ジェットの流れを整形することによりスクリーチトーンを抑制しているため、十分な騒音低減効果が得られなかった。【0003】この種のメモリのハードウェアの歴史は大変古く、1956年に発表されたShade とMcMahon の"The Cryotron Catalog Memory System"に始まるとされている。しかしながら、これらの研究や開発に関する歴史にも諸説があることを付け加えておく。
産業上の利用分野 キャビティトーン発生器を用いて超音速ジェットの騒音を軽減する超音速ジェット用騒音軽減装置
特許請求の範囲 【請求項1】 超音速ジェットを噴射するためのノズルの内部の出口近傍にキャビティトーン発生器を設置し、該ノズルから超音速ジェットを噴射する際のスクリーチトーンを抑制するようにしたことを特徴とする超音速ジェット用騒音軽減装置。

【請求項2】 前記ノズルおよびキャビティトーン発生器の断面形状を同一形状とすることを特徴とする請求項1記載の超音速ジェット用騒音軽減装置。

【請求項3】 前記ノズルおよびキャビティトーン発生器の断面形状を矩形とすることを特徴とする請求項2記載の超音速ジェット用騒音軽減装置。
産業区分
  • 内燃機関
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

03331_01SUM.gif
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close