TOP > 国内特許検索 > 生体内遺伝子発現検出用組成物

生体内遺伝子発現検出用組成物 コモンズ

国内特許コード P110005027
掲載日 2011年8月18日
出願番号 特願2004-007548
公開番号 特開2005-198545
登録番号 特許第4340735号
出願日 平成16年1月15日(2004.1.15)
公開日 平成17年7月28日(2005.7.28)
登録日 平成21年7月17日(2009.7.17)
発明者
  • 藤林 靖久
  • 古川 高子
  • 高松 真二
  • 森 哲也
出願人
  • 国立大学法人福井大学
発明の名称 生体内遺伝子発現検出用組成物 コモンズ
発明の概要

【課題】近年、胚性幹細胞や組織幹細胞の発見とその培養細胞株の樹立、さらに特定細胞への分化誘導条件の相次ぐ開発に伴い、再生医療における胚性幹細胞を用いた細胞移植治療が現実のものとなりつつあり、遺伝子治療も実際の臨床治療の選択の一つとして確立されてきた感があるが、多くの場合取り出して調べる他に正確に把握する術を持たないのが現状であり、細胞移植治療における機能性細胞もしくはES細胞等の生死判別や、遺伝子治療における治療遺伝子の発現モニタリングなどの方法として、インビボ遺伝子発現検出システムの開発が切望されていた。
【解決手段】天然エストロゲンとの結合能を有しない変異型エストロゲン・レセプターをコードする遺伝子(Mer)をレポーター遺伝子として組み込んだプラスミドを有する形質転換細胞が発現して産生するMer蛋白と選択的に結合する合成ステロイド誘導体を含んでなるMer蛋白により非侵襲的に生体内遺伝子の発現検出が可能となった。
【選択図】なし

従来技術、競合技術の概要


近年、胚性幹細胞や組織幹細胞の発見とその培養細胞株の樹立、さらに特定細胞への分化誘導条件の相次ぐ開発に伴い、再生医療における胚性幹細胞を用いた細胞移植治療が現実のものとなりつつあり、遺伝子治療も実際の臨床治療の選択の一つとして確立されてきた。(非特許文献1、2および3)しかしながら、生体内へ移植した細胞の機能はもとより、その生死すら、多くの場合体外に取り出して調べる他に正確に把握する術を持たないのが現状である。そこで、細胞移植治療における機能性細胞もしくはES細胞等の生死判別や、遺伝子治療における治療遺伝子の発現モニタリングなどの方法として、インビボ遺伝子発現検出システムの開発が切望されていた。

【非特許文献1】Stem cells and regenerative medicine Hum. Cell (2002), 15, 190-198.

【非特許文献2】Monitoring of implanted stem cell migration in vivo: a highly resolved in vivo magnetic resonance imaging investigation of experimental stroke in rat. Proc. Natl. Acad. Sci. USA (2002), 99, 16267-16272.

【非特許文献3】High-level sustained transgene expression in human embryonic stem cells using lentiviral vectors. Stem cells (2003), 21, 111-117.

産業上の利用分野


本発明は、L-アミノ酸変異等によりリガンド結合特異性が変化し、天然エストロゲンとの結合能を失った変異型エストロゲン・レセプター遺伝子をコードする遺伝子(Mer)をレポーター遺伝子として組み込んだプラスミドを含む形質転換細胞が発現して産生するMer蛋白と選択的に結合する合成ステロイド誘導体をMer蛋白の非侵襲的生体内レセプター遺伝子発現検出プローブとして利用することに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
天然エストロゲンとの結合能を有せず、マウス・エストロゲン・レセプターの525番目のGlyがArgへ1アミノ酸変異した変異型エストロゲン・レセプターをコードする遺伝子(Mer)をレポーター遺伝子として組み込んだプラスミドを有する形質転換細胞が発現して産生するMer蛋白と選択的に結合する合成ステロイド誘導体を含んでなる非侵襲的生体内遺伝子発現検出用組成物。

【請求項2】
レポーター遺伝子を組み込んだプラスミドを有する細胞がMer蛋白を常時発現する胚性幹細胞である請求項1記載の生体内遺伝子発現検出用組成物。

【請求項3】
レポーター遺伝子を組み込んだプラスミドを有する細胞がMer蛋白をミフェプリストンにより発現する胚性幹細胞である請求項1記載の生体内遺伝子発現検出用組成物。
産業区分
  • 微生物工業
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close