TOP > 国内特許検索 > シクロデキストリン誘導体

シクロデキストリン誘導体 コモンズ 新技術説明会

国内特許コード P110005239
整理番号 P07-031
掲載日 2011年8月18日
出願番号 特願2008-135674
公開番号 特開2009-280736
登録番号 特許第4905724号
出願日 平成20年5月23日(2008.5.23)
公開日 平成21年12月3日(2009.12.3)
登録日 平成24年1月20日(2012.1.20)
発明者
  • 伊藤 智志
  • 諸星 知広
  • 池田 宰
  • 加藤 紀弘
出願人
  • 学校法人宇都宮大学
発明の名称 シクロデキストリン誘導体 コモンズ 新技術説明会
発明の概要

【課題】AHLのようなオートインデューサーを、高い選択率でトラップできるシクロデキストリン誘導体、その製造方法、及びクオラムセンシングの阻害方法を提供する。
【解決手段】下記一般式(1)で表されるシクロデキストリン誘導体を、クオラムセンシングを阻害するために用いることによって上記課題を解決する。一般式(1)中、CDZはシクロデキストリン残基を表し、該シクロデキストリン残基がα-シクロデキストリンの残基である場合にはn=1~18、β-シクロデキストリンの残基である場合にはn=1~21、γ-シクロデキストリンの残基である場合にはn=1~24の整数であり、Xは、-NH-、-O-等であって、R1、は、置換基を有してもよいアルキル基等である。

【選択図】なし

従来技術、競合技術の概要


クオラムセンシング(Quorum Sensing)とは、単細胞微生物であるバクテリアが、自らの細胞密度を感知して遺伝子の発現をコントロールする機構のことをいう。Quorumとは、法律用語で「定足数」を意味し、より具体的には、クオラムセンシングで、バクテリアが増殖して定足数を超えたところで、一斉に遺伝子の発現を活性化するシステムのことをいう。



クオラムセンシングでは、バクテリアはオートインデューサーと呼ばれる化学物質を介して周囲の菌体密度を感知し、菌体密度がある一定値を超えたことを感知すると、様々な遺伝子の転写・発現が活性化される。例えば、バクテリアのうち、グラム陰性細菌は、N-アシル-L-ホモセリンラクトン(N-acyl-L-homoserine lactone、以下単にAHLという場合がある。)をオートインデューサーとして使っており、クオラムセンシングは病原性因子の発現を誘導する場合が多い。



このように、バクテリアは、クオラムセンシングにより病原性発現を誘導する場合が多い。このため、病原性を抑制するためには、AHLを系から排除してバクテリア相互が互いを感知できないようにすることによって、クオラムセンシングを阻害することが有効な手段となる。そして、AHLをトラップすることができる物質として、天然に存在するグルコースが環状に結合した環状オリゴ糖たるシクロデキストリン(以下、単にCDという場合がある。)が有望視されている。天然に存在するシクロデキストリンとしては、6、7、8個のグルコースからなるCDを挙げることができ、それぞれα-CD、β-CD、γ-CDを呼ばれている。



非特許文献1においては、CDをヒドロゲル(hydrogels)によって固定化して用いることにより、これにAHLを吸着させることによって、クオラムセンシングを抑制する手法を採用している。そして、CDとしてはα-CD、β-CD、γ-CDを用いている。

【非特許文献1】N.Kato,T.Morohoshi,H.Matsumoto,T.Tanaka,and T.Ikeda,“Regulation of Quorum Sensing in Serratia marcescens by Absorption of N-Acylhomeserine Lactones on Cyclodextrin Immobilized Gel”Trans.Mater.Res.Soc.Jpn.,30,815-818,2005

産業上の利用分野


本発明は、シクロデキストリン誘導体、シクロデキストリン誘導体の製造方法、及びクオラムセンシングの阻害方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】 [手続補正20111111]  下記一般式(1)で表されるシクロデキストリン誘導体からなるクオラムセンシング剤。  【化1】(一般式(1)中、CDZはシクロデキストリンの1つのグルコース単位の6位の水酸基が置換された残基を表し、n=1であり、Xは、-NH-であって、Rは、炭素数7以上12以下のアルキル基、置換基として水酸基を有する炭素数3のアルキル基、置換基としてフェニル基を有する炭素数2のアルキル基、-R-NH-R-OHの構造を有するアミノ基、及び-R-O-R-OHの構造を有するエーテル結合を有する基のいずれかを表す。Rは、炭素数が2以下の直鎖アルキレン基を表す。)  
産業区分
  • 高分子化合物
  • 薬品
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close