TOP > 国内特許検索 > 結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法

結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法 コモンズ

国内特許コード P110005298
掲載日 2011年8月18日
出願番号 特願2006-142904
公開番号 特開2007-314356
登録番号 特許第5061341号
出願日 平成18年5月23日(2006.5.23)
公開日 平成19年12月6日(2007.12.6)
登録日 平成24年8月17日(2012.8.17)
発明者
  • 押谷 潤
  • 今村 維克
  • 後藤 邦彰
  • 片岡 信秀
出願人
  • 国立大学法人 岡山大学
発明の名称 結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法 コモンズ
発明の概要

【課題】結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子のサイズ及び形状を制御することのできる非晶性ヒドロキシアパタイト微粒子からの結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法を提供すること。
【解決手段】カルシウム塩とリン酸塩とを水溶液中で反応させて得られた非晶性ヒドロキシアパタイト微粒子を水と陰イオン性界面活性剤の存在下で加熱処理し、得られる結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子のサイズ及び形状を制御する。これによって、縦長さが70~500nmであり、かつアスペクト比が3~20の針状又は棒状の結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子が得られる。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


ヒドロキシアパタイト(Ca10(PO(OH))は、骨や歯などの無機成分に近い組成であることから生体適合性を有し、骨や歯の修復材料としての利用が報告されている。また、アミノ酸やタンパク質等を分離するためのクロマトグラフィー用の充填剤としての利用も検討されている。このような様々な用途に対応するために、ヒドロキシアパタイト微粒子のサイズや形状について制御することのできる手法が求められていた。



特開平3-261612号公報(特許文献1)には、カルシウム塩水溶液にリン酸塩水溶液をヒドロキシアパタイト換算析出速度以下で、Ca/Pモル比が1.67となるように混合し、撹拌しながら2時間以上煮沸し、生成した沈殿を濾取、水洗の後、アニオン性界面活性剤水溶液と混合することからなるヒドロキシアパタイト分散液の製造方法について記載されている。この方法は、粗大凝集粒子を多量に析出させずに安定したヒドロキシアパタイト微粒子分散液を得るために、撹拌しながら分散剤としてアニオン性界面活性剤を用いる方法であり、アニオン性界面活性剤の存在が、生成するヒドロキシアパタイト微粒子の形状に影響を与えるものではなかった。




【特許文献1】特開平3-261612号公報

産業上の利用分野


本発明は、水と陰イオン性界面活性剤の存在下で加熱処理することにより非晶性ヒドロキシアパタイト微粒子から結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子を製造する方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
非晶性ヒドロキシアパタイト微粒子を水と陰イオン性界面活性剤の存在下で加熱処理する結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法。

【請求項2】
前記加熱処理によって、得られる結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の形状を制御する請求項1記載の結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法。

【請求項3】
前記非晶性ヒドロキシアパタイト微粒子がカルシウム塩とリン酸塩とを水溶液中で反応させて得られたものである請求項1又は2記載の結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法。

【請求項4】
上記水溶液中で反応させて得られた非晶性ヒドロキシアパタイト微粒子を洗浄して、水溶液中に溶解している未反応物及び副生物を除いてから加熱処理する請求項3記載の結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法。

【請求項5】
前記非晶性ヒドロキシアパタイト微粒子を洗浄した後に洗浄液と分離してから加熱処理する請求項4記載の結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法。

【請求項6】
前記非晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の粒径が5~100nmの範囲にある請求項1~5のいずれか記載の結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法。

【請求項7】
前記加熱処理の際の温度が35~400℃の範囲にある請求項1~6のいずれか記載の結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法。

【請求項8】
前記陰イオン性界面活性剤がスルホン酸塩又は硫酸塩である請求項1~7のいずれか記載の結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法。

【請求項9】
得られる結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の形状が針状又は棒状である請求項1~8のいずれか記載の結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法。

【請求項10】
得られる結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の縦長さが70~500nmであり、かつアスペクト比が3~20である請求項9記載の結晶性ヒドロキシアパタイト微粒子の製造方法。
産業区分
  • 無機化合物
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006142904thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。

技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close