TOP > 国内特許検索 > 工作機械

工作機械 コモンズ 新技術説明会

国内特許コード P110005593
整理番号 25
掲載日 2011年8月18日
出願番号 特願2003-044162
公開番号 特開2004-249434
登録番号 特許第3520344号
出願日 平成15年2月21日(2003.2.21)
公開日 平成16年9月9日(2004.9.9)
登録日 平成16年2月13日(2004.2.13)
発明者
  • 小幡 文雄
  • 岡本 尚機
出願人
  • 学校法人鳥取大学
発明の名称 工作機械 コモンズ 新技術説明会
発明の概要 (57)【要約】【課題】工作機械は、その運転による熱発生のため、加工精度の低下を招いた。従来、発熱個所近傍を冷却するとか、発熱個所近傍に断熱材を介在させて熱的要因による加工精度の低下を防止していたが、いずれにしてもコスト高でエネルギー節減の面からも課題が多い。【解決手段】本発明は、熱を閉じこめることによって、例えば機械冷却の動力源として使用するなど、発生熱を積極的に利用するものであり、発熱源を有する構造体と、上記構造体の一部又は全部を熱的に遮蔽する熱遮蔽体と、上記熱遮蔽体により閉じこめられた熱エネルギーを導く熱伝導体と、上記熱伝導体により導かれた熱エネルギーを他のエネルギーに変換する熱エネルギー変換体とを備えたことを特徴とする。【選択図】 図1
特許請求の範囲 【請求項1】 発熱源となるモータ、切削等の加工部又は回転もしくは摺動する主軸部の何れか一以上を有する構造体と、上記構造体のうち、発熱源となる上記モータ、上記加工部又は上記主軸部を熱的に遮蔽する熱遮蔽体と、上記熱遮蔽体により閉じこめられた熱エネルギ-を導く熱伝導体とを備えたことを特徴とする工作機械。
【請求項2】 発熱源となるモータ、切削等の加工部又は回転もしくは摺動する主軸部の何れか一以上を有する構造体と、上記構造体のうち、発熱源となる上記モータ、上記加工部又は上記主軸部を熱的に遮蔽する熱遮蔽体と、上記熱遮蔽体により閉じこめられた熱エネルギーを導く熱伝導体と、上記熱伝導体により導かれた熱エネルギーを他のエネルギーに変換する熱エネルギー変換体とを備えたことを特徴とする工作機械。
【請求項3】 発熱源となるモータ、切削等の加工部又は回転もしくは摺動する主軸部の何れか一以上を有する構造体と、上記構造体のうち、発熱源となる上記モータ、上記加工部又は上記主軸部を熱的に遮蔽する熱遮蔽体と、上記熱遮蔽体により閉じこめられた熱エネルギーを導く熱伝導体と、上記熱伝導体により導かれた熱エネルギーを電気エネルギーに変換する熱・電気エネルギー変換体と、上記熱・電気エネルギー変換体により変換された電気エネルギーを動力源とする冷却装置とを備えたことを特徴とする工作機械。
【請求項4】 熱遮蔽体が、エポキシ樹脂などのプラスチック又はジルコニアもしくはアルミナなどのセラミックスの溶射による薄膜体、又は上記プラスチック又はセラミックスからなる板体である請求項1、2、3の何れかに記載の工作機械。
【請求項5】 熱伝導体がヒートパイプである請求項1、2、3の何れかに記載の工作機械。
【請求項6】 熱エネルギー変換体が、ゼーベック効果を利用した金属又は半導体よりなる熱電変換素子である請求項1、2、3の何れかに記載の工作機械。
産業区分
  • 切削
  • 高分子化合物
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2003044162thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
参考情報 (研究プロジェクト等) 工作機械
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close