TOP > 国内特許検索 > 音声合成装置及び方法、並びに音声合成プログラム

音声合成装置及び方法、並びに音声合成プログラム 新技術説明会

国内特許コード P110005765
整理番号 S2010-0349-N0
掲載日 2011年9月13日
出願番号 特願2010-038709
公開番号 特開2011-175074
登録番号 特許第5794602号
出願日 平成22年2月24日(2010.2.24)
公開日 平成23年9月8日(2011.9.8)
登録日 平成27年8月21日(2015.8.21)
発明者
  • 國近 秀信
  • 有松 友幸
  • 竹内 章
出願人
  • 国立大学法人九州工業大学
発明の名称 音声合成装置及び方法、並びに音声合成プログラム 新技術説明会
発明の概要 【課題】発音が前後の音の影響を受ける英語等の言語を音声合成するに際して、前後の音変化を考慮した音声合成を行う。
【解決手段】本発明は、単語の音声記号を保持する音声記号辞書、及びこの音声記号辞書を参照し言語テキスト中の単語を音声記号へ変換する音声記号変換機能と、音が変化する条件と変化後の音声記号を保持する音変化規則辞書、及び音声記号変換機能により得られた音声記号と音変化規則辞書とを参照し、音変化規則辞書により保持される音変化が生じる条件に合致する音声記号が含まれていた場合、当該箇所を当該音変化規則辞書の変化後の音声記号へと置換する音声記号置換機能と、音声記号を音声出力するテキスト音声合成機能とから成る。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要


従来、言語テキストから合成された音声合成データに基づいて当該テキストを音声出力する音声合成装置、或いは多様な外国語テキストを用いて外国語の発音を学習することができるディクテーション学習支援装置が知られている。さらに、日本語テキストから標準的な発音による音声合成データを生成した後、その音声合成データを指定の方言(例えば大阪弁)の発音による音声合成データに変換して音声出力する技術も開発されている(特許文献1参照)。



しかし、英語では日本語と異なり、地域(国)によってイントネーション(上がり下がり)やストレス(強弱)等が変化するため、上記特許文献1の技術によっても、英語テキストを各地域(国)の発音で音声出力させることはできない。



このような問題を解決するために、特許文献2は、イントネーション(上がり下がり)やストレス(強弱)などを考慮し、英文テキストを音声出力する技術を開示している。また、その技術を用いたディクテーション学習支援装置を開示している。

産業上の利用分野


本発明は、発音が前後の音の影響を受ける言語の言語テキストを音声合成する音声合成装置及び方法並びに音声合成プログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
発音が前後の音の影響を受ける言語の言語テキストを音声合成する音声合成装置において、
単語の音声記号を保持する音声記号辞書、及びこの音声記号辞書を参照し言語テキスト中の単語を音声記号へ変換する音声記号変換手段と、
音声が変化する条件と変化後の音声記号を保持する音変化規則辞書と、
前記音変化規則辞書は少なくとも音声の消失、連結、脱落及び同化の音変化規則を含み、かつ、前記音声記号変換手段により得られた音声記号と前記音変化規則辞書とを参照し、前記音変化規則辞書により保持される音変化が生じる条件に合致する音声記号が含まれていた場合、当該箇所を当該音変化規則辞書の変化後の音声記号の記号列へと置換する音声記号置換手段と、
前記置換した記号列を音声出力するテキスト音声合成手段と、
から成る音声合成装置。

【請求項2】
前記音声記号変換手段は、言語テキストを受け取り、単語へと分割し、各単語について、前記音声記号辞書を参照して音声記号へ変換する請求項1に記載の音声合成装置。

【請求項3】
前記テキスト音声合成手段は音声合成エンジンを用いて音声出力し、かつ、前記音声記号置換手段より受け取った音声記号について、前記音声記号辞書の音声記号表現法と音声合成エンジンの音声記号表現法とが異なる場合は、当該箇所を音声合成エンジンの表現法へと置換して音声出力する請求項1に記載の音声合成装置。

【請求項4】
さらに、言語テキストの問題を作成するためのオーサリング手段と、
前記オーサリング手段により作成された問題群を保持する問題データベースと、
前記問題データベースの中から所定数の問題を選定する問題選定手段と、
前記問題選定手段により得られた問題の中から1問選択する出題手段と、
前記出題手段により選択された問題を、学習者により入力された言語テキスト文字列と比較することで正誤判定を行う正誤判定手段とを備え、
前記出題手段により選択された問題の言語テキストを前記音声合成装置により音声出力することにより、その言語の音変化を学習するディクテーション学習支援装置を構成した請求項1に記載の音声合成装置。

【請求項5】
さらに、前記判定結果を保持する学習者モデルに蓄積された履歴より学習者の弱点を発見する弱点発見手段を備え、前記問題選定手段は、学習者の弱点が記録されている場合は、該学習者の弱点を考慮して問題データベースより問題を所定数選択する請求項4に記載の音声合成装置。

【請求項6】
前記学習者モデルには、間違っていた判定結果である場合の音変化規則識別子も合わせて記録し、前記弱点発見手段は誤り頻度が高い音変化規則を同定し、当該音変化規則を学習者の弱点として学習者モデルに記録した請求項5に記載の音声合成装置。

【請求項7】
前記オーサリング手段は、教材作成者より受け取った問題の言語テキストを、前記音声記号変換手段および前記音声記号辞書により音声記号へ変換し、前記音変化規則辞書により保持される音変化が生じる条件に合致する音声記号が含まれていた場合に当該音変化規則識別子、及び当該単語の位置および当該言語テキストを前記問題データベースへ記録する請求項6に記載の音声合成装置。

【請求項8】
発音が前後の音の影響を受ける言語の言語テキストを音声合成する音声合成方法において、
単語の音声記号を保持する音声記号辞書を参照し言語テキスト中の単語を音声記号へ変換し、
前記変換された音声記号と、音声が変化する条件と変化後の音声記号を保持する音変化規則辞書を備え、該音変化規則辞書は少なくとも音声の消失、連結、脱落及び同化の音変化規則を含み、かつ、
前記音変化規則辞書を参照し、前記音変化規則辞書により保持される音変化が生じる条件に合致する音声記号が含まれていた場合、当該箇所を当該音変化規則辞書の変化後の音声記号の記号列へと置換し、
前記置換した記号列を音声出力する、
ことから成る音声合成方法。

【請求項9】
言語テキストの問題を作成するためのオーサリング機能と、該オーサリング機能により作成された問題群を保持する問題データベースとを備え、
前記問題データベースの中から所定数の問題を選定し、かつ、この選定された問題の中から1問を選択し、
前記選択された問題を音声出力し、
前記選択された問題を、学習者により入力された言語テキスト文字列と比較することで正誤判定を行ない、
言語テキストを用いてその言語の音変化を学習するディクテーション学習支援を行う請求項8に記載の音声合成方法。

【請求項10】
前記判定結果を保持する学習者モデルに蓄積された履歴より学習者の弱点を発見し、かつ、学習者の弱点が記録されている場合は、該学習者の弱点を考慮して前記問題データベースより問題を所定数選択する請求項9に記載の音声合成方法。

【請求項11】
発音が前後の音の影響を受ける言語の言語テキストを音声合成する音声合成プログラムにおいて、
単語の音声記号を保持する音声記号辞書、及びこの音声記号辞書を参照し言語テキスト中の単語を音声記号へ変換する音声記号変換機能と、
音声が変化する条件と変化後の音声記号を保持する音変化規則辞書、及びこの音変化規則辞書は少なくとも音声の消失、連結、脱落及び同化の音変化規則を含み、かつ、前記音声記号変換機能により得られた音声記号と前記音変化規則辞書とを参照し、前記音変化規則辞書により保持される音変化が生じる条件に合致する音声記号が含まれていた場合、当該箇所を当該音変化規則辞書の変化後の音声記号の記号列へと置換する音声記号置換機能と、
前記置換した記号列を音声出力するテキスト音声合成機能と、
から成る各機能をコンピュータに実現させるための音声合成プログラム。

【請求項12】
言語テキストの問題を作成するためのオーサリング機能と、
前記オーサリング機能により作成された問題群を保持する問題データベースと、
前記問題データベースの中から所定数の問題を選定する問題選定機能と、
前記問題選定機能により得られた問題の中から1問選択する出題機能と、
前記出題機能により選択された問題を学習者により入力された言語テキスト文字列と比較することで正誤判定を行う正誤判定機能と、
前記正誤判定機能による判定結果を保持する学習者モデルとを備え、
前記出題機能により選択された問題の言語テキストを前記音声合成プログラムにより音声出力することにより、その言語の音変化を学習するディクテーション学習支援プログラムを構成した請求項11に記載の音声合成プログラム。

【請求項13】
さらに、前記判定結果を保持する前記学習者モデルに蓄積された履歴より学習者の弱点を発見する弱点発見機能を備え、前記問題選定機能は、学習者の弱点が記録されている場合は、該学習者の弱点を考慮して問題データベースより問題を所定数選択する請求項12に記載の音声合成プログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010038709thum.jpg
出願権利状態 登録
詳細は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close