TOP > 国内特許検索 > 高架橋の揺れ方によるリアルタイム地震被害推定方法及びその装置

高架橋の揺れ方によるリアルタイム地震被害推定方法及びその装置 コモンズ

国内特許コード P110006193
掲載日 2011年12月20日
出願番号 特願2008-028319
公開番号 特開2009-186385
登録番号 特許第5101327号
出願日 平成20年2月8日(2008.2.8)
公開日 平成21年8月20日(2009.8.20)
登録日 平成24年10月5日(2012.10.5)
発明者
  • 岩田 直泰
  • 芦谷 公稔
  • 佐藤 新二
  • 是永 将宏
出願人
  • 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 高架橋の揺れ方によるリアルタイム地震被害推定方法及びその装置 コモンズ
発明の概要

【課題】 高架橋に対応した適切な地震被害推定を行うことができる高架橋の揺れ方によるリアルタイム地震被害推定方法及びその装置を提供する。
【解決手段】 高架橋のリアルタイム地震被害推定方法において、高架橋1の上部に配置される第1の地震計3と前記高架橋1の下部に配置される第2の地震計4とを備え、前記第1の地震計3から出力される第1の変位波形から前記第2の地震計4から出力される第2の変位波形を引き算することにより、前記高架橋自体の揺れの変位波形を求め、前記高架橋1の地震被害の推定をリアルタイムで行う。
【選択図】 図1

従来技術、競合技術の概要


従来、構造物の地震被害推定については、下記特許文献1~4に開示されるようなものがあった。
特に、下記特許文献2は、地表面に設置され地震動を観測する観測手段と、前記観測手段で観測した地震動データを収集して保存すると共に地震動データを分析処理し分析結果を表示する計算機とを有した地震被害予測システムにより、構造物の地震被害を推定する地震被害予測システムの被害推定方法において、地震動検知時に観測された地震動データを収集して保存し、構造物の固有振動数に対応したフィルタ条件で前記地震動データをフィルタ処理し、フィルタ処理した地震動データの最大値に基づいて前記構造物の被害状況を推定し、その被害推定結果を管理者に通知するようにしている。



一方、高架橋の地震被害推定方法は、各地に設置されている地震計による情報に頼らざるを得ず、高架橋に対応したリアルタイムでの適切な地震被害推定が行われていないのが現状である。

【特許文献1】特開2002-323571号公報

【特許文献2】特開2003-161783号公報

【特許文献3】特開2006-291572号公報

【特許文献4】特開2006-258639号公報

産業上の利用分野


本発明は、高架橋の揺れ方によるリアルタイム地震被害推定方法及びその装置に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
架橋の上部に配置される第1の地震計と前記高架橋の下部に配置される第2の地震計とを備え、前記第1の地震計から出力される第1の変位波形から前記第2の地震計から出力される第2の変位波形を引き算することにより、前記高架橋自体の揺れの変位波形を求め、前記高架橋の地震被害の推定をリアルタイムで行う高架橋の揺れ方によるリアルタイム地震被害推定方法であって、前記求められた変位波形において横軸を橋軸直角方向の変位波形とし、縦軸を橋軸方向の変位波形とした場合、前記求められた変位波形の前記横軸方向の両振幅値に対する前記縦軸方向の両振幅値の割合が大きい場合には前記高架橋が地震被害を受けたと推定し、小さい場合には前記高架橋が地震被害を受けていないと推定することを特徴とする高架橋の揺れ方によるリアルタイム地震被害推定方法。

【請求項2】
架橋の上部に配置される第1の地震計と、前記高架橋の下部に配置される第2の地震計と、前記第1の地震計から出力される第1の変位波形から前記第2の地震計から出力される第2の変位波形を引き算した、前記高架橋の被害状況を推定する変位波形を求める地震被害推定器を具備する高架橋の揺れ方によるリアルタイム地震被害推定装置であって、前記地震被害推定器は、前記高架橋の被害状況を推定する変位波形において横軸を橋軸直角方向の変位波形とし、縦軸を橋軸方向変位波形とした場合、前記変位波形の前記横軸方向の両振幅値に対する前記縦軸方向の両振幅値の割合が大きい場合には前記高架橋が被害を受けたと推定し、小さい場合には前記高架橋が被害を受けていないと推定する機能を有することを特徴とする高架橋の揺れ方によるリアルタイム地震被害推定装置。
産業区分
  • 測定
  • 試験、検査
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008028319thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close