TOP > 国内特許検索 > 鋼リベット桁の補修方法及びそれによって構築されるジベル化合成桁

鋼リベット桁の補修方法及びそれによって構築されるジベル化合成桁 コモンズ

国内特許コード P110006216
掲載日 2011年12月20日
出願番号 特願2007-258285
公開番号 特開2009-084932
登録番号 特許第4913005号
出願日 平成19年10月2日(2007.10.2)
公開日 平成21年4月23日(2009.4.23)
登録日 平成24年1月27日(2012.1.27)
発明者
  • 谷口 望
出願人
  • 公益財団法人鉄道総合技術研究所
発明の名称 鋼リベット桁の補修方法及びそれによって構築されるジベル化合成桁 コモンズ
発明の概要

【課題】従来の鋼リベット桁のリベットを撤去して、そのリベット孔に鉄筋を貫通させた箇所にコンクリートを設置して堅牢なジベル化合成桁を構成する鋼リベット桁の補修方法及びそれによって構築されるジベル化合成桁を提供する。
【解決手段】鋼リベット桁の補修方法において、鋼リベット桁のリベット3,6,6を撤去し、そのリベット孔7,8,9に鉄筋10を設置し、その鉄筋10の周りにコンクリートを流し込んでコンクリート形成体11となし、堅牢なジベル化合成桁を構築する。
【選択図】 図1

従来技術、競合技術の概要


現在用いられている鋼リベット桁は経年化(老朽化)してきており、補修・補強を行うべき時期が到来している。



図3は従来の鋼リベット桁の構造を示す斜視図、図4はその鋼リベット桁の断面を示す写真、図5はその鋼リベット桁の上面を示す写真である。



図3において、101はウエブ、102はフランジ下面板、103はフランジ上面板、104はフランジ下面板102とフランジ上面板103とを接合するリベット、105はフランジ上面板103に形成されるコンクリートである。

【特許文献1】なし

産業上の利用分野


本発明は、鋼リベット桁の補修方法及びそれによって構築されるジベル化合成桁に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
鋼リベット桁のリベットを撤去し、該リベットが設けられていたリベット孔に鉄筋を設置し、該鉄筋の周りにコンクリートを流し込んでコンクリート形成体となし、堅牢なジベル化合成桁を構築することを特徴とする鋼リベット桁の補修方法。

【請求項2】
ウエブに固定されるフランジ下面板と、該フランジ下面板上に接合されるフランジ上面板を配置した鋼リベット桁の前記ウエブと前記フランジ下面板とを接合するリベット孔と、前記フランジ下面板と前記フランジ上面板とを接合するリベット孔とに鉄筋を配置し、そこにコンクリートを流し込んで、コンクリート形成体を得て構築されることを特徴とするジベル化合成桁。
産業区分
  • その他建築
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2007258285thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close