TOP > 国内特許検索 > 植物用体内水分ストレス表示シート

植物用体内水分ストレス表示シート

国内特許コード P110006379
掲載日 2011年12月27日
出願番号 特願2006-054679
公開番号 特開2007-232572
登録番号 特許第4817176号
出願日 平成18年3月1日(2006.3.1)
公開日 平成19年9月13日(2007.9.13)
登録日 平成23年9月9日(2011.9.9)
発明者
  • 森永 邦久
  • 星 典宏
  • 草塲 新之助
  • 横井 秀輔
出願人
  • 独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構
  • ライフケア技研株式会社
発明の名称 植物用体内水分ストレス表示シート
発明の概要

【課題】植生されている状態を損なわず、容易かつ非破壊的に樹体の水分ストレスを推定することができる植物用体内水分ストレス表示シートと植物用水分ストレス計測方法を提供する。
【解決手段】粘着剤18により葉32に貼付される樹脂フィルム12と、樹脂フィルム12の粘着剤18の面に設けられ塩化コバルトを吸着させた塩化コバルト紙16と、塩化コバルト紙16近傍の樹脂フィルム12に印刷されているとともに、塩化コバルトにより塩化コバルト紙16が呈色する色の色見本24を備える。植物の水分不足の程度による異なる水分蒸発量に対応して、塩化コバルト紙16の塩化コバルトの呈色の度合いが異なるように調整され、色見本24は葉32からの水分蒸発に基づいて、植物の水分ストレスの程度を表示する。塩化コバルト紙16は吸湿性シートであり、樹脂フィルム12と反対側の面に疎水性の不織布20が取り付けられている。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


植物体の水分ストレス状態を把握することは、高品質栽培に極めて重要である。カンキツにおいては、夏場の適度な水分ストレスが糖の蓄積を促し良好な果実生産に寄与するが、夏場の過度な水分ストレスは樹体に影響を及ぼし、秀品率の低下や隔年結果等の諸問題を生じる要因となる。



高品質なカンキツ栽培には、夏場から収穫前までの水分ストレスや水分ストレスを是正する灌水間隔や灌水量などによる合理的な管理が不可欠である。しかしながら、一般のカンキツ生産者においては、これら水分ストレスの管理は生産者の目視などによる経験的な判断に拠るとことが大きい。



樹体の水分ストレス状態の評価として、葉の巻き具合、葉色や果実の肥大や軟化程度などの外観上の変化を指標としているものが挙げられる。一方、水分ストレスの定量的な計測法として、圧力チャンバー法やサイクロメータ法を用いて葉などの水分ポテンシャル値を指標としているものなどがある。



カンキツ樹の糖の蓄積を促す夏場では、樹体の水分ストレス状態を葉の水分ポテンシャルで表した場合、-1.0MPaから-1.5MPa程度で管理することが重要であるとされている。この水分ポテンシャルの値は、樹の水分状態が均質になる日の出前、あるいは日没後の値を用いなければならない。

【特許文献1】特開平9-28191号公報

【特許文献2】特開2001-272373号公報

【特許文献3】特開2005-308733号公報

産業上の利用分野


本発明は、植物への水分供給状態を測定するための植物用体内水分ストレス表示シートに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
粘着剤により葉面に貼付される樹脂フィルムと、前記樹脂フィルムの透明な表示部の粘着剤層の側面に設けられ塩化コバルトを吸着させた保持体と、前記樹脂フィルムの前記保持体近傍に印刷されているとともに、前記塩化コバルトにより前記保持体が呈色する色の色見本が設けられ、
前記保持体は、吸湿性シートであり、前記保持体の前記樹脂フィルムと反対側の面に疎水性の不織布が取り付けられ、
前記樹脂フィルムには、前記粘着剤層に剥離紙が積層されているとともに、この剥離紙の一部は前記樹脂フィルムから剥離不能に固定され、前記剥離紙を植物の前記葉面に対する貼付箇所を表示する表示ラベルとし、
植物の水分不足の程度による異なる水分蒸散量に対応して、前記保持体の塩化コバルトの呈色の度合いが異なるように調整され、前記色見本は葉面からの水分蒸散量に基づいて、植物の水分ストレスの程度を表示することを特徴とする植物用体内水分ストレス表示シート。

【請求項2】
前記保持体は、水分吸着量に対して異なる感度で複数設けられた請求項1記載の植物用体内水分ストレス表示シート。
産業区分
  • 試験、検査
  • 農林
  • 高分子化合物
  • 治療衛生
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2006054679thum.jpg
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close