TOP > 国内特許検索 > 細胞品質管理方法及び細胞の生産方法

細胞品質管理方法及び細胞の生産方法 コモンズ

国内特許コード P120006506
整理番号 NU-0436
掲載日 2012年1月16日
出願番号 特願2011-179975
公開番号 特開2013-039113
出願日 平成23年8月19日(2011.8.19)
公開日 平成25年2月28日(2013.2.28)
発明者
  • 梶浦 圭一
  • 加藤 竜司
  • 本多 裕之
  • 紀ノ岡 正博
  • 金 美海
出願人
  • 国立大学法人名古屋大学
  • 国立大学法人大阪大学
発明の名称 細胞品質管理方法及び細胞の生産方法 コモンズ
発明の概要

【課題】より実用的な細胞の品質管理方法及び細胞の生産方法を提供する。
【解決手段】細胞の品質管理を管理するのにあたり、一つの細胞集団の仮想的に複数に区画された培養領域の少なくとも二つの前記各区画の所定期間における1又は2以上の細胞の変位に関する細胞変位情報に基づく区画内細胞移動情報を異なる期間につき複数取得し、前記各区画についての区画内累積細胞移動情報を取得する工程を備える。その後、区画内累積細胞移動情報に基づいて前記細胞集団の品質を評価する。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


近年の再生医療では、細胞医療、特に、幹細胞治療が注目されている。細胞治療においては、その有効性は、細胞の分化度、活性などの品質に大きく依存している。現在、幹細胞を含む各種の細胞培養のプロセスの多くは熟練作業者にその管理を依存している。すなわち、細胞の品質管理の基準で簡易でかつ明確なものは未だ提供されていないのが現状であり、複数の基礎的な手技の組み合わせによって行うのが通常である。また、細胞を非破壊的に評価することも困難であった。したがって、効率よくかつ安定的に、的確な品質の細胞を適時に提供するのは困難な現状がある。



そこで、例えば、非破壊的に細胞の画像から得られる細胞の形態情報を利用して細胞の品質を予測する方法が提案されている(特許文献1)。

産業上の利用分野


本発明は、細胞品質管理方法及び細胞の生産方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
細胞の品質管理方法であって、
一又は二以上の細胞集団の仮想的に複数に区画された培養領域の少なくとも二つの前記各区画の所定期間における1又は2以上の細胞の変位に関する細胞変位情報に基づく区画内細胞移動情報を異なる期間につき複数取得し、前記各区画についての区画内累積細胞移動情報を取得する工程を備え、
前記区画内累積細胞移動情報に基づいて、前記一又は二以上の細胞集団の品質を評価する、品質管理方法。

【請求項2】
前記区画内累積細胞移動情報を取得する工程は、前記一又は二以上の細胞集団の培養領域について取得した画像情報を利用して行う、請求項1に記載の品質管理方法。

【請求項3】
前記細胞変位情報は、前記所定期間の開始時点に前記区画内に存在する前記1又は2以上の細胞の始点位置情報と、これらの細胞の前記所定期間の終了時点における終点位置情報と、に基づく、請求項1又は2に記載の品質管理方法。

【請求項4】
以下の(a)~(c):
(a)一又は二以上の細胞集団についての時間tn(nは1以上の整数であってN以下)及び時間tn+1において細胞の培養状態に関する二つの画像情報を取得し、
(b)前記二つの画像情報における前記各区画の時間tにおける1又は2以上の細胞の位置情報と、時間tn+1におけるこれらの細胞の位置情報とに基づいて、前記1又は2以上の細胞についての前記細胞変位情報を取得するとともに、前記細胞変位情報に基づいてt~tn+1における前記各区画の前記区画内細胞移動情報を取得し、
(c)前記(a)及び(b)をt=Nとなるまで繰り返して、
(d)各区画について取得したN-1個の前記区画内細胞移動情報に基づいて前記各区画についての前記区画内累積細胞移動情報を取得する、請求項1~3のいずれかに記載の品質管理方法。

【請求項5】
前記細胞の変位は、前記細胞の重心の変位に基づいて取得する、請求項1~4のいずれかに記載の品質管理方法。

【請求項6】
前記区画内累積細胞移動情報を対応する前記培養領域上の前記区画に割り当てた二次元分布図化して評価する、請求項1~5のいずれかに記載の品質管理方法。

【請求項7】
前記区画内累積細胞移動情報をヒストグラム化して評価する、請求項1~6のいずれかに記載の品質管理方法。

【請求項8】
前記区画毎に前記一又は二以上の細胞集団の品質を評価する、請求項1~7のいずれかに記載の品質管理方法。

【請求項9】
前記品質は、細胞の分化度である、請求項1~8のいずれかに記載の品質管理方法。

【請求項10】
細胞集団の生産方法であって、
前記細胞集団の起源細胞を培養して前記細胞集団を取得する細胞集団生産工程、
を備え、
前記生産工程において、仮想的に複数に区画された一つの細胞集団の培養領域の少なくとも二つの前記各区画における所定期間における1又は2以上の細胞の変位に関する細胞変位情報に基づく区画内細胞移動情報を異なる期間につき複数取得し、前記各区画についての区画内累積細胞移動情報を取得して、前記区画内累積細胞移動情報に基づいて、前記細胞集団の品質を評価を実施する、生産方法。

【請求項11】
前記細胞集団生産工程は、前記区画内累積細胞移動情報に基づいて細胞を選択的に培養する、請求項10に記載の生産方法。

【請求項12】
前記細胞集団生産工程は、前記起源細胞を所望の分化状態に分化させる条件下で実施する、請求項10又は11に記載の生産方法。

【請求項13】
細胞の検査方法であって、
仮想的に複数に区画された前記細胞に由来する細胞集団の培養領域の少なくとも二つの前記各区画の所定期間における1又は2以上の細胞の変位に関する細胞変位情報に基づく区画内細胞移動情報を異なる期間につき複数取得し、前記各区画についての区画内累積細胞移動情報を取得する工程を備え、
前記区画内累積細胞移動情報に基づいて、前記細胞の質を検査する、検査方法。

【請求項14】
細胞の品質管理装置であって、
細胞培養装置と、
前記細胞培養装置内の細胞の培養領域を撮像可能な撮像手段と、
前記撮像手段により取得した前記培養領域についての画像情報を処理可能な制御手段を備える制御装置と、
前記制御手段による処理結果を出力する出力手段と、
を備え、
前記制御手段は、一又は二以上の細胞集団の仮想的に複数に区画された培養領域の少なくとも二つの前記各区画の所定期間における1又は2以上の細胞の変位に関する細胞変位情報に基づく区画内細胞移動情報を異なる期間につき複数取得して前記各区画についての区画内累積細胞移動情報を取得するステップと、前記区画内累積細胞移動情報に基づいて、前記一又は二以上の細胞集団の品質を評価するステップと、を実行する手段である、装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2011179975thum.jpg
出願権利状態 審査請求前
名古屋大学の公開特許情報を掲載しています。ご関心のある案件がございましたら、下記まで電子メールでご連絡ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close