TOP > 国内特許検索 > 誘導指示装置、誘導指示方法及びそのプログラム

誘導指示装置、誘導指示方法及びそのプログラム

国内特許コード P120006813
整理番号 H22-045
掲載日 2012年3月6日
出願番号 特願2011-096174
公開番号 特開2012-226695
登録番号 特許第5834464号
出願日 平成23年4月22日(2011.4.22)
公開日 平成24年11月15日(2012.11.15)
登録日 平成27年11月13日(2015.11.13)
発明者
  • 中山 功一
  • 大島 千佳
出願人
  • 国立大学法人佐賀大学
発明の名称 誘導指示装置、誘導指示方法及びそのプログラム
発明の概要 【課題】被誘導者を誘導するための情報として音声情報と映像情報とを用い、それぞれが同じ位置から出力されることで、被誘導者の注意を喚起して効率よく誘導する。
【解決手段】誘導の対象となる被誘導者40への誘導を指示するための音声情報及び画像情報を誘導指示情報として記憶する誘導指示情報記憶部33と、誘導の内容に応じて誘導指示情報を提示する位置を決定する提示位置決定部36と、提示位置決定部36が決定した位置に向けて、誘導指示情報を出力する指向性スピーカ13及び投影装置12の方向を制御する方向制御部37と、音声情報を出力する指向性スピーカ13を制御する音声出力制御部34と、画像情報を出力する投影装置12を制御する画像出力制御部35とを備える。
【選択図】図3
従来技術、競合技術の概要


音声言語理解能力が乏しい誘導対象者(例えば、認知症者や幼児等)には、言語情報のみを用いた誘導を行うことができないため、介護者が寄り添って一緒に歩いたり、行くべき方向から呼ぶといった動作が不可欠となる。福祉の観点からは、介護者が誘導対象者に常に付きっきりで対応することができるのが理想的であるが、現実的には、人手不足等で非常に困難な状況となっている。



誘導対象者における認知症者の特徴として、若い介護者からの指示には心理的に反発し、指示通りに行動しないことが多い。一方、幼児に頼まれたり、人形から話し掛けられたりすると素直に指示に従う場合が多い。誘導対象者における幼児の特徴として、親や先生からの指示には反発する場合が多い。一方、テレビに出てくるキャラクターや人形から話し掛けられると素直に指示に従う場合が多い。すなわち、誘導対象者の特徴に応じて適切な誘導指示を行うことが、効率的な誘導作業に繋がる。



特許文献1には、生活支援型のロボットに関する技術が開示されている。特許文献1に示す技術は、投影方向が制御可能なロボット要素部に取り付けられた映像投影手段と、対象とする人間の位置を把握する手段と、投影可能対象面(壁、カーテン等)と投影制約物体もしくは領域を判断するための室内レイアウトを予め作成してある外部データベース若しくは内部メモリ等の記憶手段と、該記憶手段より導き出した室内レイアウトと、対象とする人間の位置より、該人間が最も見やすい最適投影対象面と、投影方向及び投影位置を演算することのできる演算手段を具えるものである。



また、特許文献2には、電子広告に関する技術が開示されている。特許文献2に示す技術は、人を検知するセンサを備えたセンサ部と、このセンサ部の検知により所定のPOP広告が報知できる電子広告部とからなる電子POP広告装置であって、電子広告部は、複数のPOP広告を蓄積する手段と、この蓄積しているPOP広告のうち特定のPOP広告を選択する手段と、センサ部により検知した信号に基づいて特定されているPOP広告を出力する手段とからなるものである。

産業上の利用分野


本発明は、誘導の対象となる被誘導者への誘導を指示する誘導指示装置等に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
誘導の対象となる被誘導者への前記誘導を指示するための少なくとも音声情報及び画像情報を誘導指示情報として記憶する誘導指示情報記憶手段と、
誘導の内容に応じて前記誘導指示情報を提示する位置を決定する提示位置決定手段と、
前記提示位置決定手段が決定した位置に向けて、前記誘導指示情報を出力する指向性スピーカ及び投影装置の方向を制御する方向制御手段と、
前記音声情報を出力する指向性スピーカを制御する音声出力制御手段と、
前記画像情報を出力する投影装置を制御する画像出力制御手段とを備え、
前記方向制御手段が、前記画像情報が提示されている面に対して音声情報が出力されるように前記指向性スピーカの方向を制御し、前記画像情報が提示されている位置から前記音声情報を反射させて前記被誘導者に同じ箇所から提示し、前記画像情報に基づいて表示されるキャラクター画像が、前記音声情報に基づいて前記キャラクター画像に対応する音声で呼び掛けて誘導することを特徴とする誘導指示装置。

【請求項2】
請求項1に記載の誘導指示装置において、
前記誘導の内容に応じて、前記指向性スピーカが出力する音声情報及び前記投影装置が出力する画像情報を前記誘導指示情報記憶手段から選択して決定する出力情報決定手段を備え、
前記提示位置決定手段が、前記誘導の内容に応じて前記誘導指示情報を提示する位置を決定し、
前記音声出力制御手段が、前記出力情報決定手段で決定された音声情報を前記指向性スピーカに出力させる制御を行い、
前記画像出力制御手段が、前記出力情報決定手段で決定された画像情報を前記投影装置に出力させる制御を行うことを特徴とする誘導指示装置。

【請求項3】
請求項2に記載の誘導指示装置において、
前記誘導指示情報記憶手段が、前記誘導の内容に関する情報と関連付けて前記誘導指示情報を提示する提示位置を記憶し、
前記提示位置決定手段が、前記誘導の内容と関連付けられている前記提示位置を決定することを特徴とする誘導指示装置。

【請求項4】
請求項2又は3に記載の誘導指示装置において、
前記誘導の内容に関する情報として、現在の時刻の情報を入力する誘導情報入力手段を備え、
前記誘導指示情報記憶手段が、時刻を示す情報と関連付けて前記誘導指示情報を記憶し、
前記出力情報決定手段が、入力された前記現在の時刻に基づいて、当該現在の時刻に合致する前記時刻と関連付けられている前記音声情報及び前記画像情報を決定することを特徴とする誘導指示装置。

【請求項5】
請求項2ないし4のいずれかに記載の誘導指示装置において、
前記誘導の内容に関する情報として、前記被誘導者の状態を示す状態情報及び/又は前記被誘導者を識別する識別情報を入力する誘導情報入力手段を備え、
前記誘導指示情報記憶手段が、前記状態情報及び/又は前記識別情報と関連付けて前記誘導指示情報を記憶し、
前記出力情報決定手段が、入力された前記状態情報及び/又は前記識別情報と関連付けられている前記音声情報及び前記画像情報を決定することを特徴とする誘導指示装置。

【請求項6】
請求項3ないし5のいずれかに記載の誘導指示装置において、
前記誘導の内容に関する情報として、センサで測定された情報を入力する誘導情報入力手段を備えることを特徴とする誘導指示装置。

【請求項7】
請求項1ないし6のいずれかに記載の誘導指示装置において、
センサにより測定された前記被誘導者の所在を示す所在情報を入力する所在情報入力手
段を備え、
前記提示位置決定手段が、入力された前記所在情報に基づいて、前記誘導指示情報を提示する位置を決定することを特徴とする誘導指示装置。

【請求項8】
請求項1ないし7のいずれかに記載の誘導指示装置において、
前記提示位置決定手段が決定した位置を撮像する撮像手段と、
前記撮像手段が撮像した撮像画像の補色を演算し、前記撮像画像に対する補色画像を生成する補色画像生成手段と、
前記補色画像に前記誘導指示情報記憶手段にて記憶されている画像情報を合成し、前記投影装置が出力する画像情報を生成する出力画像生成手段とを備えることを特徴とする誘導指示装置。

【請求項9】
請求項1ないし8のいずれかに記載の誘導指示装置において、
前記誘導の内容に応じて、当該誘導の誘導先を決定する誘導先決定手段と、
前記誘導先の情報及び被誘導者の所在情報に基づいて、前記被誘導者を誘導する経路を演算する経路演算手段と、
演算された前記経路に基づいて、任意に配置されている複数の前記指向性スピーカ及び前記投影装置の駆動順序を決定する駆動順序決定手段とを備え、
前記音声出力制御手段及び前記画像出力制御手段が、決定された前記駆動順序に従って、前記指向性スピーカ及び前記投影装置の動作を制御することを特徴とする誘導指示装置。

【請求項10】
コンピュータが、
誘導の内容に応じて、前記誘導の対象となる被誘導者への前記誘導を指示するための少なくとも音声情報及び画像情報を誘導指示情報として提示する位置を決定する提示位置決定ステップと、
前記決定された位置に向けて、前記誘導指示情報を出力する指向性スピーカ及び投影装置の方向を制御する方向制御ステップと、
前記音声情報を出力する指向性スピーカを制御する音声出力制御ステップと、
前記画像情報を出力する投影装置を制御する画像出力制御ステップとを実行し、
前記方向制御ステップが、前記画像情報が提示されている面に対して音声情報が出力されるように前記指向性スピーカの方向を制御し、前記画像情報が提示されている位置から前記音声情報を反射させて前記被誘導者に同じ箇所から提示し、前記画像情報に基づいて表示されるキャラクター画像が、前記音声情報に基づいて前記キャラクター画像に対応する音声で呼び掛けて誘導することを特徴とする誘導指示方法。

【請求項11】
コンピュータを、
誘導の対象となる被誘導者への前記誘導を指示するための少なくとも音声情報及び画像情報を誘導指示情報として記憶する誘導指示情報記憶手段、
誘導の内容に応じて前記誘導指示情報を提示する位置を決定する提示位置決定手段、
前記提示位置決定手段が決定した位置に向けて、前記誘導指示情報を出力する指向性スピーカ及び投影装置の方向を制御する方向制御手段、
前記音声情報を出力する指向性スピーカを制御する音声出力制御手段、
前記画像情報を出力する投影装置を制御する画像出力制御手段として機能させ、
前記方向制御手段が、前記画像情報が提示されている面に対して音声情報が出力されるように前記指向性スピーカの方向を制御し、前記画像情報が提示されている位置から前記音声情報を反射させて前記被誘導者に同じ箇所から提示し、前記画像情報に基づいて表示されるキャラクター画像が、前記音声情報に基づいて前記キャラクター画像に対応する音声で呼び掛けて誘導する誘導指示プログラム。


産業区分
  • その他通信
  • 測定
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2011096174thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は,下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close