TOP > 国内特許検索 > 簡易書籍撮影装置

簡易書籍撮影装置

国内特許コード P120007008
整理番号 2007010067
掲載日 2012年3月23日
出願番号 特願2008-279951
公開番号 特開2009-134286
登録番号 特許第5652584号
出願日 平成20年10月30日(2008.10.30)
公開日 平成21年6月18日(2009.6.18)
登録日 平成26年11月28日(2014.11.28)
優先権データ
  • 特願2007-281880 (2007.10.30) JP
発明者
  • 伴 周一
  • 李 和樹
出願人
  • 学校法人日本大学
発明の名称 簡易書籍撮影装置
発明の概要 【課題】 簡便に書籍の必要とする複製箇所を見開の部分を平面とし、写真撮影を支障なく行うことができる新規な書籍撮影装置の提供。
【解決手段】
半開きに見開いた状態の書籍の撮影しようとする部分の表面に設けられている平面状の台座、半開きに見開いた状態の他の書籍の部分の表面に設けられている前記台座と交わる支え部、及び半開きに見開いた状態の書籍の撮影しようとする部分の表面にある台座の上方に設置されている写真撮影手段から構成され書籍撮影装置、及び半開きに見開いた状態にある書籍の撮影しようとしている部分が平面を形成している状態で載置されている台座、及び台座上の書籍の撮影しようとしている部分を照明する照明手段及び写真撮影手段が固定設置され、かつ台座を取り囲んでいる壁部から構成されるフードからなり書籍撮影装置。
【選択図】 図2
従来技術、競合技術の概要



複写機の普及により、書籍や雑誌等(以下、単に書籍と言う)の必要とされている部分を簡便に複写することが行われる。撮影しようとしている、見開いた部分を複写機のガラス板上に載せて、書籍全体を押圧して見開いた部分がガラス板に接した状態として複写を行う。複写しようとする書籍の撮影箇所が、見開いた状態で、厚みが相違することがある。厚さが薄い部分には複写機の覆いの力はかけることができず、複写を上手にすることができないことが生ずる。そこで、図11に示すように複写機10のガラス表面12上の見開いた書籍による厚みの薄い片側に雑誌等の調節手段13を差込んで、調整し、その後、覆い11により全体を押圧して複写を行う。このような手段を講じても見開いている部分全体を平面化することができず、全面を複写することは困難となる。





これらのことがあるので、複写する場合には、写真撮影が採用される。写真撮影を行うにしても、本を平面状に見開きの状態に保つことが困難とされる(図10(a))。これを解決すべく、 ガラスや透明プラスチック等の透明板を書籍の表面を覆う(図10(b))。

又、透明板の外縁を保持する枠体と、該枠体内で前記透明板と共に原稿を挟む抑え板と、該抑え板を前記透明板方向へ弾発するばね等の押圧具とを有する写真撮影用原稿支持装置が考案されている(特許文献1実開平5-55416号公報)。このような努力を行っても、見開きの部分について全面を平面状にして複写することは困難であり、本を押し広げることにより本が傷みやすく、また労力を必要とすることにかわりはない。





一般的な写真撮影装置としては、図10の装置が用いられる。

写真撮影装置は、被写体を載置するための撮影台としてのステージ、このステージ上に載置された書籍を見開きの状態でおいて、照明光源としての左右一対の反射光照明手段4、台座1上に載置された被写体を撮影するための写真撮影手段(カメラ)3、台座を上下動させるための手段16などを備えている(図10(a))。

又、物品を中に置いて写真を撮影する組み立て式の装置がある(図10(b)特許文献2特開2001-174885号公報、特許文献3特開2002-258365号公報)。

いずれも書籍の複写に対する工夫がなされておらず、見開きの状態にある書籍など複製を撮影しようとすることでは、根本的な解決にはなっていない。

簡便に書籍の必要とする複製箇所を見開の部分を平面とし、写真撮影を支障なく行うことができることについての根本的な解決は行われておらず、手間をかけずに開いた状態として撮影する装置の開発が必要とされている。

【特許文献1】

開平5-55416号公報

【特許文献2】

開2001-174885号公報

【特許文献3】

開2002-258365号公報

産業上の利用分野


本発明は、簡易書籍撮影装置に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
半開きに見開いた状態の書籍のほぼ水平の状態に置かれた撮影するの表面に、接触させて、ほぼ水平の状態に配置する平面状の台座と、前記半開きに見開いた書籍の前記撮影する頁と連結されている撮影しない表面を、接触させて支持する前記台座と連結された平面状の壁部材と、前記台座に対して所定の間隔を設けて上方に配置され、写真撮影手段を設置するための部材と、を備え、前記台座と前記壁部材とのなす角度が80°から90°の角度になるように設定されており、前記写真撮影手段を用いて撮影可能としたことを特徴とする書籍撮影装置。

【請求項2】
前記写真撮影手段の近傍に配置された照明装置が備え付けられ、前記半開きに見開いた書籍の撮影する頁を前記照明装置により照明しつつ撮影可能としていることを特徴とする請求項1記載の書籍撮影装置。

【請求項3】
半開きに見開いた状態の書籍のほぼ水平の状態に置かれた撮影するの表面に、接触させて、ほぼ水平の状態に配置する平面状の台座と、前記半開きに見開いた書籍の前記撮影する頁と連結されている撮影しない頁の表面を、接触させて支持する前記台座と連結された平面状の壁部材を含むフード部材と、前記台座に対して所定の間隔を設けて上方に配置され、写真撮影手段を設置するための部材と、前記写真撮影手段の近傍に配置された照明装置と、を備え、前記台座と前記壁部材とのなす角度が80°から90°の角度になるように設定されており、前記半開きに見開いた書籍の撮影する頁を前記照明装置により照明しつつ、前記写真撮影手段を用いて撮影可能としたことを特徴とする書籍撮影装置。

【請求項4】
前記ほぼ水平の状態に配置する平面状の台座は、透明度が高い平面状の部材、又は、開口部を有する枠状の板部材で構成されることを特徴とする請求項1から3いずれか記載の書籍撮影装置。

【請求項5】
前記ほぼ水平の状態に配置する平面状の台座と、前記平面状の壁部材とは、折り曲げ可能であり、柔軟な材料により構成されることを特徴とする請求項1~4いずれか記載の書籍撮影装置。

【請求項6】
前記照明装置が前記フード部材の内側に固定設置されていることを特徴とする請求項3~5いずれか記載の書籍撮影装置。

【請求項7】
前記写真撮影手段がリモートコントロール操作により遠隔操作されることを特徴とする請求項1~6いずれか記載の書籍撮影装置。

【請求項8】
前記台座と壁部材とが、個別に形成されており、書籍撮影に際して両者を組み合わせて使用することを特徴とする請求項1~7いずれか記載の書籍撮影装置。

【請求項9】
前記ほぼ水平の状態に配置する平面状の台座と、前記平面状の壁部材とが、相対的に回転移動可能に連結されており、書籍の撮影に際して、前記半開きに見開いた状態の書籍のほぼ水平の状態に置かれた撮影する頁の表面に、前記台座を接触させて配置し、前記壁部材とのなす角度を決めて固定することを特徴とする請求項1~8ずれか記載の書籍撮影装置。

【請求項10】
前記フード部材の端部が、前記台座の前記壁部材を、はさんだ両端部に設けた2つの支持部材により回転可能に固定されており、前記フードを回動させて、半開きに見開いた状態の書籍のほぼ水平の状態に置かれた撮影する頁の表面に接触させて、ほぼ水平の状態に配置する平面状の台座を可視できることを特徴とする請求項3~9いずれか記載の書籍撮影装置。

【請求項11】
半開きに見開いたほぼ水平の状態に置かれた書籍の撮影する頁が載置される、ほぼ水平の状態の台座、前記半開きに見開いた書籍の前記撮影する頁と連結されている書籍の撮影しない頁が載置される平面状の壁部材を含むフード部材と、前記台座に対して所定の間隔を設けて上方に配置され、写真撮影手段を設置するための部材と、前記写真撮影手段の近傍に配置された照明装置と、を備え、前記台座と前記台座と前記壁部材とのなす角度が80°から90°の角度になるように設定されており、前記半開きに見開いた書籍の撮影する頁を前記照明装置により照明しつつ、前記写真撮影手段を用いて撮影可能としたことを特徴とする書籍撮影装置。

【請求項12】
前記半開きに見開いた書籍の撮影する頁の表面に接触して、開口部を有する枠状の板部材が設けられていることを特徴とする請求項11記載の書籍撮影装置。

【請求項13】
前記ほぼ水平の状態に配置する平面状の台座と、前記平面状の壁部材とは、折り曲げ可能であり、柔軟な材料により構成されることを特徴とする請求項11又は12に記載の書籍撮影装置。

【請求項14】
前記照明装置が前記フード部材の内側に固定設置されていることを特徴とする請求項11~13いずれか記載の書籍撮影装置。

【請求項15】
前記写真撮影手段がリモートコントロール操作により遠隔操作されることを特徴とする請求項11~14いずれかに記載の書籍撮影装置。

【請求項16】
前記台座と壁部材とが、個別に形成されており、書籍撮影に際して両者を組み合わせて使用することを特徴とする請求項11~15いずれか記載の書籍撮影装置。

【請求項17】
前記ほぼ水平の状態に配置する平面状の台座と、前記平面状の壁部材とが、相対的に回転移動可能に連結されており、書籍の撮影に際して、前記半開きに見開いた状態の書籍のほぼ水平の状態に置かれた撮影する頁の表面に、前記台座を接触させて配置し、前記壁部材とのなす角度を決めて固定することを特徴とする請求項11~16いずれか記載の書籍撮影装置。

【請求項18】
前記フード部材の端部が、前記台座の前記壁部材を、はさんだ両端部に設けた2つの支持部材により回転可能に固定されており、前記フードを回動させて、半開きに見開いた状態の書籍のほぼ水平の状態に置かれた撮影する頁の表面に接触させて、ほぼ水平の状態に配置する平面状の台座を可視できることを特徴とする請求項11~17いずれか記載の書籍撮影装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2008279951thum.jpg
出願権利状態 登録
日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close