TOP > 国内特許検索 > ミリ波無線・光ファイバ伝送方式および装置

ミリ波無線・光ファイバ伝送方式および装置 新技術説明会

国内特許コード P010000212
掲載日 2002年9月30日
出願番号 特願平11-086650
公開番号 特開2000-244397
登録番号 特許第3218325号
出願日 平成11年2月22日(1999.2.22)
公開日 平成12年9月8日(2000.9.8)
登録日 平成13年8月10日(2001.8.10)
発明者
  • 久利 敏明
  • 北山 研一
  • 小川 康徳
出願人
  • 国立研究開発法人情報通信研究機構
発明の名称 ミリ波無線・光ファイバ伝送方式および装置 新技術説明会
発明の概要 【課題】安価で構成の簡単なアンテナ基地局と分散の影響を軽減したミリ波無線・光ファイバ伝送装置を提供する。
【解決手段】単一光源からの光搬送波を周波数変換量に相当する周波数の正弦波で強度変調して発生させた光パイロット搬送波を、無線副搬送波信号で更に強度変調し、もとの無線信号と同じ情報をもつ光スペクトルのうちの一つと、無変調光搬送波成分の一つとを光ファイバ伝送し、光自己ヘテロダイン検波により、光周波数差の周波数をもつ中間周波数帯信号に変換する。光検波によって得られた信号を復調することで、もとの情報信号を再生する。
従来技術、競合技術の概要


無線端末からのミリ波無線信号をアンテナ基地局で受信し、光ファイバ伝送路により制御局まで伝送するアップリンクを想定した、従来のミリ波無線・光ファイバ伝送方式の構成図を、光ファイバ伝送路上における無線信号副搬送波の周波数で区分して、図4に示す。図4において、31はミリ波無線端末を、32はミリ波アンテナを、33はミリ波帯信号復調器を、34は光学的変調器を、35は光ファイバ伝送路を、36は光検波器を、37は副搬送波周波数変換器を、38は中間周波数帯信号復調器を各々示す。
図4の(a)図はベースバンド伝送方式を示す構成図であり、ミリ波無線端末31からのミリ波無線信号をミリ波アンテナ32で受信し、該無線信号をアンテナ基地局のミリ波帯信号復調器33で復調し、光学的変調器34において再生されたベースバンド・データで光搬送波を変調し、光ファイバ伝送路35を通して伝送された光信号を光検波器36で光検波することにより、元の無線信号の情報が送られる。
図4の(b)図は中間周波数帯副搬送波伝送方式を示す構成図であり、ミリ波無線端末31からのミリ波無線信号をミリ波アンテナ32で受信し、該無線信号をアンテナ基地局の無線信号周波数変換器37でマイクロ波中間周波数帯にダウンコンバートし、光学的変調器34において得られた中間周波数帯信号で光搬送波を変調し、光ファイバ伝送路35を通して伝送された光信号を光検波器36で光検波することにより、再生された中間周波数帯信号を中間周波数帯信号復調器38で復調を行うことで、元の無線信号の情報が送られる。
図4の(c)図はミリ波帯副搬送波無線信号伝送方式を示す構成図であり、ミリ波無線端末31からのミリ波無線信号をミリ波アンテナ32で受信し、光学的変調器34において受信したミリ波無線信号で光搬送波を直接変調し、光ファイバ伝送路35を通して伝送された光信号を光検波器36で光検波することにより再生されたミリ波帯信号をミリ波帯信号復調器33で復調を行うことによって、元の無線信号の情報が送られる。

産業上の利用分野


本発明は、無線通信等における光ファイバ伝送技術に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
単一モード光源からの光搬送波を、伝送すべきミリ波無線副搬送波信号の搬送波周波数からそれより低いマイクロ波帯以下の所望の中間周波数帯信号の搬送波周波数までの周波数変換量に相当する周波数の正弦波信号で強度変調し、その結果、発生したパイロット光をミリ波無線副搬送波信号で更に強度変調して得られた光スペクトルのうち、元のミリ波無線副搬送波信号と同じ情報を具備する複数の光スペクトルのうちの一つある第1成分と、その第1成分に対して所望の中間周波数帯信号の搬送波周波数の差で隣接している第2成分とを光ファイバ伝送した後に、光自己ヘテロダイン検波により、その第1成分と第2成分との周波数差に相当する周波数を具備する中間周波数帯信号に変換し、該中間周波数帯信号を復調することにより元のミリ波無線副搬送波信号の情報を再生することを特徴とするミリ波無線・光ファイバ伝送方式。

【請求項2】
単一周波数の光搬送波を発生する単一モード光源と、
伝送すべきミリ波無線副搬送波信号の搬送波周波数からそれより低いマイクロ波帯以下の所望の中間周波数帯信号の搬送波周波数までの周波数変換量に相当する周波数の正弦波を発生させるミリ波局部発振器と、
上記正弦波で光搬送波を強度変調しパイロット光を生成するパイロット光生成用光学的変調器と、
ミリ波無線副搬送波信号を受信するミリ波アンテナと、
ミリ波無線副搬送波信号でパイロット光を強度変調して光スペクトルを得る無線信号変調用光学的変調器と、
上記光スペクトルのうち、元のミリ波無線副搬送波信号同じ情報を具備する複数の光スペクトルのうちの一つである第1成分と、その第1成分に対して所望の中間周波数帯信号の搬送波周波数の差で隣接している第2成分を取り出す光フィルタと、
上記第1成分と第2成分とを伝送する光伝送路と、
伝送された第1成分と第2成分とを光自己ヘテロダイン検波しその双方の周波数差に相当する周波数をもつ中間周波数帯信号に変換する光検波器と、
光検波で得られた中間周波数帯信号から元のミリ波無線副搬送波信号の情報を再生する中間周波数帯信号復調器と
から構成したことを特徴とするミリ波無線・光ファイバ伝送装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP1999086650thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close