TOP > 国内特許検索 > 米の処理方法

米の処理方法

国内特許コード P120007080
整理番号 J085
掲載日 2012年3月26日
出願番号 特願2007-174538
公開番号 特開2009-011198
登録番号 特許第5240702号
出願日 平成19年7月2日(2007.7.2)
公開日 平成21年1月22日(2009.1.22)
登録日 平成25年4月12日(2013.4.12)
発明者
  • 鈴木 昌治
  • 本多 宏明
出願人
  • 学校法人東京農業大学
発明の名称 米の処理方法
発明の概要

【課題】余剰米の有効利用を図るにあたり、蒸留廃液の処理、処分が困難であることが大きな問題となっている従来法(液体発酵法)によるエタノール生産システムを根本から見直し、蒸留廃液の排出を極力抑制することを可能にする技術を提供することを目的とする。
【解決手段】原料米を糖化して糖化液を調製する糖化工程と、前記糖化液と酵母と水とから構成される発酵もろみの発酵開始時の水分含量を50~60重量%に調整して固体発酵を行う固体発酵工程と、得られたエタノールを蒸留する蒸留工程と、を有する米の処理方法により解決する。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


現在、1993年の多角的貿易交渉(ウルグアイ・ラウンド)の農業合意に基づき日本政府が輸入を義務付けられている最低輸入義務(ミニマムアクセス=MA)米の在庫が積み上がっている。また、国産米の年間総需要量は、昭和38年度の1,341万トンをピークに減少に転じ、平成15年度でピーク時の64%に当たる862.9万トンとなっている。さらに、一人当たり年間供給量については、昭和37年度の118.3kgをピークに減少傾向にあり、平成15年度ではピーク時の52%に当たる61.9kgとなっており、米が余り続けている。



これらを保管するには米1トンにつき、年1万2000円かかり、保管料だけで年間数100億円に達してしまう。このようにMA米、国産米共に保管経費の拡大に加え、食用に向かなくなった古い米も多くその処理に伴う財政負担が大きな問題となっていることから、余剰米の有効利用法が求められている。



余剰米の有効利用法としては、エネルギーに変換する手法があり、特に、エタノール発酵法により製造されるバイオエタノールは、温室効果ガス削減、化石燃料依存からの脱却等の観点から、バイオエタノールの利用や応用の増大が見込まれている(非特許文献1及び2)。

【非特許文献1】斉木隆:バイオマス液体燃料をめぐる新たな動向と課題 1 世界バイオマス会議2004とバイオ液体燃料の動向,バイオサイエンスとインダストリー,第63巻,第3号,pp182-185(2005)

【非特許文献2】武田信生:廃棄物処理の新たな展開 資源・環境問題と廃棄物処理の展開,日本エネルギー学会誌,第78巻,第9号,pp706-711(1999)

産業上の利用分野


本発明は、米を原料として、発酵により有用物質を生産する方法に係り、詳細には、有用物質の生産過程で廃液を生じることない米の処理方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
籾米を、粉砕後の粒子の70重量%以上が粒子径5mm未満となるように粉砕する粉砕処理工程と、
前記粉砕した籾米を糖化して糖化液を調製する糖化工程と、
前記糖化液と酵母と水とから構成される発酵もろみの発酵開始時の水分含量を50~60重量%に調整して固体発酵を行う固体発酵工程と、
得られたエタノールを蒸留する蒸留工程と、
を有する米の処理方法。

【請求項2】
前記粉砕処理工程が、籾米を、粉砕後の粒子の50重量%以上が粒子径1mm未満となるように粉砕するものである、請求項に記載の米の処理方法。

【請求項3】
前記糖化液は、前記原料米に水と酵素剤を添加することにより調製される、請求項1又は2に記載の米の処理方法。

【請求項4】
前記酵素剤が、α-アミラーゼ及びグルコアミラーゼを含む、請求項に記載の米の処理方法。

【請求項5】
前記蒸留工程の後、得られたエタノールをさらに蒸留する工程を有する、請求項1~のいずれか1項に記載の米の処理方法。

【請求項6】
前記蒸留工程は、冷却水の水温が30℃以下で行われる、請求項1~のいずれか1項に記載の米の処理方法。

【請求項7】
前記蒸留工程で生じた残渣を、次の固体発酵の発酵もろみとして用いる、請求項1~のいずれか1項に記載の米の処理方法。

【請求項8】
前記蒸留工程で生じた残渣を、家畜の飼料として用いる、請求項1~のいずれか1項に記載の米の処理方法。
産業区分
  • 微生物工業
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2007174538thum.jpg
出願権利状態 権利存続中


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close