TOP > 国内特許検索 > 知覚刺激情報生成システム

知覚刺激情報生成システム

国内特許コード P120007437
整理番号 S2011-0056-N0
掲載日 2012年5月1日
出願番号 特願2010-232035
公開番号 特開2012-084096
登録番号 特許第5598981号
出願日 平成22年10月14日(2010.10.14)
公開日 平成24年4月26日(2012.4.26)
登録日 平成26年8月22日(2014.8.22)
発明者
  • 青木 恭太
  • 木村 正樹
  • 村山 慎二郎
出願人
  • 国立大学法人宇都宮大学
発明の名称 知覚刺激情報生成システム
発明の概要 【課題】触覚等の視覚以外の知覚を利用することによって、2次元情報をユーザにより分かり安く伝達することが可能な知覚刺激情報生成システム、知覚刺激情報生成方法及び知覚刺激情報生成プログラムを提供することである。
【解決手段】知覚刺激情報生成システム1は、種類判定手段3A、情報変換手段3B及び制御手段3Cを備える。種類判定手段3Aは、2次元情報を取得して前記2次元情報の種類を判定する。情報変換手段3Bは、前記2次元情報の種類に応じた前記2次元情報に対する処理によって、前記2次元情報の指定位置に対応する単位領域における特徴を表す特徴情報を生成する。制御手段3Cは、前記特徴情報に応じた知覚刺激が前記2次元情報のユーザに付与されるように知覚刺激装置を制御する。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要



従来、視覚障害者が触覚を利用して2次元的な情報を取得できるようにした出力装置としてピンディスプレイが知られている。ピンディスプレイは、二次元に配列された複数のピンを上下させることによって、凹凸によりコンピュータの文字情報や図形情報などを表示するディスプレイである。また、ピンディスプレイをコンピュータマウスに設けることによって、マウスの動きに応じた触覚情報をユーザの指先にフィードバックできる触覚マウスも知られている(例えば特許文献1参照)。





更に、テレビ画像データ等の2次元画像データを触覚によって認識できるようにした振動型表示パネルも考案されている(例えば特許文献2参照)。この振動型表示パネルでは、表示画素に対応する電圧を振動素子に印加することによって振動が生成されている。

産業上の利用分野



本発明は、知覚刺激情報生成システム、知覚刺激情報生成方法及び知覚刺激情報生成プログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
2次元画像を取得して前記2次元画像の種類を判定する種類判定手段と、
前記2次元画像に含まれるテキスト画像データをぼかす処理及び前記2次元画像に含まれる特定の色領域の拡張処理の少なくとも一方を含む画像変換処理であって、前記2次元画像の種類に応じた前記2次元画像に対する画像変換処理によって、前記2次元画像の指定位置に対応する単位領域における特徴を表す特徴情報を生成する情報変換手段と、
前記特徴情報に応じた知覚刺激が前記2次元画像のユーザに付与されるように知覚刺激装置を制御する制御手段と、
を備える知覚刺激情報生成システム。

【請求項2】
前記情報変換手段は、前記2次元画像を表示させるとともに前記指定位置を入力するためのタッチパネルから前記指定位置を取得するように構成され、
前記制御手段は、前記タッチパネル又は前記ユーザの指を振動させる振動子を制御するように構成される請求項1記載の知覚刺激情報生成システム。

【請求項3】
前記情報変換手段は、前記指定位置の履歴情報に応じて前記画像変換処理を変更するように構成される請求項1記載の知覚刺激情報生成システム。

【請求項4】
前記情報変換手段は、前記指定位置の履歴情報から予測される位置を中心とする単位領域における特徴を表す特徴情報を生成するように構成される請求項1記載の知覚刺激情報生成システム。

【請求項5】
前記2次元画像を撮影する撮影手段と、
前記ユーザの位置を指示する部分に取り付けられ、前記指定位置を求めるための前記部分の空間データを測定するセンサと、
を更に備える請求項1記載の知覚刺激情報生成システム。

【請求項6】
2次元画像を取得して前記2次元画像の種類を判定するステップと、
前記2次元画像に含まれるテキスト画像データをぼかす処理及び前記2次元画像に含まれる特定の色領域の拡張処理の少なくとも一方を含む画像変換処理であって、前記2次元画像の種類に応じた前記2次元画像に対する画像変換処理によって、前記2次元画像の指定位置に対応する単位領域における特徴を表す特徴情報を生成するステップと、
前記特徴情報に応じた知覚刺激が前記2次元画像のユーザに付与されるように知覚刺激装置を制御するステップと、
を有する知覚刺激情報生成方法。

【請求項7】
コンピュータを、
2次元画像を取得して前記2次元画像の種類を判定する種類判定手段、
前記2次元画像に含まれるテキスト画像データをぼかす処理及び前記2次元画像に含まれる特定の色領域の拡張処理の少なくとも一方を含む画像変換処理であって、前記2次元画像の種類に応じた前記2次元画像に対する画像変換処理によって、前記2次元画像の指定位置に対応する単位領域における特徴を表す特徴情報を生成する情報変換手段、及び
前記特徴情報に応じた知覚刺激が前記2次元画像のユーザに付与されるように知覚刺激装置を制御する制御手段、
として機能させる知覚刺激情報生成プログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010232035thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close