TOP > 国内特許検索 > 脳科学検査システム

脳科学検査システム

国内特許コード P120007441
整理番号 S2010-0887-N0
掲載日 2012年5月1日
出願番号 特願2010-227598
公開番号 特開2012-083426
登録番号 特許第5515153号
出願日 平成22年10月7日(2010.10.7)
公開日 平成24年4月26日(2012.4.26)
登録日 平成26年4月11日(2014.4.11)
発明者
  • 吉田 勝俊
  • 日下田 淳
  • 大高 勇樹
  • 中塚 亜樹
  • 村上 雄将
出願人
  • 国立大学法人宇都宮大学
発明の名称 脳科学検査システム
発明の概要 【課題】言語を使用することなく、より画一的かつ客観的にヒトや動物等の被検体の脳科学検査を行うことが可能な脳科学検査システム、脳科学検査方法及び脳科学検査プログラムを提供することである。
【解決手段】実施形態に係る脳科学検査システムは、記録手段及び解析手段を備える。記録手段は、複数の安定平衡状態を有する非線形の検査モデルに対して入力装置から与えられた複数の制御入力を試行結果情報として記録する。解析手段は、前記試行結果情報に基づいて前記複数の制御入力を与えるために前記入力装置を操作した被検体の個性を表す脳科学検査結果情報を作成する。
【選択図】 図7
従来技術、競合技術の概要



従来、ヒトの性格検査は、設問に対する回答を評価することによって行われる。また、企業における総合適性検査として知られるSPI (synthetic personality inventory)も設問に対して回答する形式の検査である。この他、図形や色彩を用いた性格診断方法も知られている。





一方、それぞれ振り子を搭載した2台の台車を剛体リンクで結合したモデルを準備し、片方の台車を動かすことにより振り子を転倒させる課題をヒトに与えることにより、ヒトの運動戦略の特徴を調べる方法が提案されている(例えば非特許文献1、非特許文献2及び非特許文献3参照)。

産業上の利用分野



本発明は、脳科学検査システム、脳科学検査方法及び脳科学検査プログラムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
複数の安定平衡状態を有する非線形の検査モデルに対して入力装置から与えられた複数の制御入力を試行結果情報として記録する記録手段と、
前記試行結果情報に基づいて前記複数の制御入力を与えるために前記入力装置を操作した被検体の個性を表す脳科学検査結果情報を作成する解析手段と、
を備える脳科学検査システム。

【請求項2】
前記解析手段は、4つの安定平衡状態を有する検査モデルの初期の安定平衡状態を目標とする安定平衡状態に遷移させるという課題に対して与えられた複数の制御入力及び前記複数の制御入力後における前記検査モデルの複数の安定平衡状態に基づいて、前記検査モデルが前記目標とする安定平衡状態に遷移したか否かに応じた脳科学検査結果情報を作成するように構成される請求項1記載の脳科学検査システム。

【請求項3】
前記解析手段は、前記複数の制御入力に基づいて、互いに異なる複数の制御入力の数、前記異なる複数の制御入力の類似度及び前記異なる複数の制御入力間における変更頻度の少なくとも1つに応じた脳科学検査結果情報を作成するように構成される請求項1記載の脳科学検査システム。

【請求項4】
前記解析手段は、前記複数の制御入力に基づいて、互いに異なる複数の制御入力の確率密度を算出し、前記確率密度に応じた脳科学検査結果情報を作成するように構成される請求項1記載の脳科学検査システム。

【請求項5】
前記解析手段は、前記検査モデルの初期の安定平衡状態を目標とする安定平衡状態に遷移させるという課題に対して与えられた複数の制御入力及び前記複数の制御入力後における前記検査モデルの複数の安定平衡状態に基づいて、前記課題の成功確率に応じた脳科学検査結果情報を作成するように構成される請求項1記載の脳科学検査システム。

【請求項6】
前記解析手段は、前記複数の制御入力の最適性を評価する評価関数に応じた脳科学検査結果情報を作成するように構成される請求項1記載の脳科学検査システム。

【請求項7】
前記解析手段は、互いに極性が異なり強度が一定の2つの入力を切換えて連続して与える制御入力で構成される複数の制御入力に基づいて前記脳科学検査結果情報を作成するように構成される請求項1記載の脳科学検査システム。

【請求項8】
前記解析手段は、複数の入力装置にそれぞれ対応する複数の制御入力に基づいて前記複数の入力装置を操作した複数の被検体の個性を表す脳科学検査結果情報を作成するように構成される請求項1記載の脳科学検査システム。

【請求項9】
前記複数の制御入力に基づいて前記検査モデルを表示装置にダイナミック表示させるシミュレーション手段を更に備える請求項1ないし8のいずれか1項に記載の脳科学検査システム。

【請求項10】
前記検査モデルをハードウェアで構成した検査モデル部を更に備える請求項1ないし8のいずれか1項に記載の脳科学検査システム。

【請求項11】
複数の安定平衡状態を有する非線形の検査モデルに対して入力装置から与えられた複数の制御入力を試行結果情報として記録するステップと、
前記試行結果情報に基づいて前記複数の制御入力を与えるために前記入力装置を操作した被検体の個性を表す脳科学検査結果情報を作成するステップと、
を有する脳科学検査方法。

【請求項12】
コンピュータを、
複数の安定平衡状態を有する非線形の検査モデルに対して入力装置から与えられた複数の制御入力を試行結果情報として記録する記録手段、及び
前記試行結果情報に基づいて前記複数の制御入力を与えるために前記入力装置を操作した被検体の個性を表す脳科学検査結果情報を作成する解析手段、
として機能させる脳科学検査プログラム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010227598thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記までご連絡ください


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close