TOP > 国内特許検索 > 疼痛の治療剤およびその利用

疼痛の治療剤およびその利用 新技術説明会

国内特許コード P120007444
掲載日 2012年5月1日
出願番号 特願2010-514435
登録番号 特許第5545211号
出願日 平成21年5月14日(2009.5.14)
登録日 平成26年5月23日(2014.5.23)
国際出願番号 JP2009058996
国際公開番号 WO2009145067
国際出願日 平成21年5月14日(2009.5.14)
国際公開日 平成21年12月3日(2009.12.3)
優先権データ
  • 特願2008-136880 (2008.5.26) JP
発明者
  • 板野 義太郎
  • 松岡 義和
  • 大内田 守
出願人
  • 国立大学法人 岡山大学
発明の名称 疼痛の治療剤およびその利用 新技術説明会
発明の概要 特定の塩基配列からなるポリヌクレオチド、または該ポリヌクレオチドを含む二本鎖ポリヌクレオチドを機能性ポリヌクレオチドとして用いて疼痛の治療剤および治療方法を提供する。これにより、疼痛を抑制するための技術を実現する。
従来技術、競合技術の概要



痛みは持続期間によって、急性疼痛と慢性疼痛に分類される。急性疼痛は組織障害に伴う痛みでその持続期間は限られる。慢性疼痛は組織障害の治癒後にも続き、はっきりとした器質的原因を有さないことが多い。慢性疼痛における急性増悪期の痛みは急性疼痛と類似しており、内因性発痛物質が深く関わると考えられている。慢性疼痛として、交通事故または手術後の後遺症、末期癌または糖尿病などの堪え難い慢性的な痛みが挙げられる。また、痛みは原因によって、侵害受容性疼痛、神経因性疼痛、心因性疼痛に分類される。これらの独立した痛みは時間の経過とともに徐々に融合し、分類が困難な慢性の難治性疼痛となる。





神経因性疼痛(neuropathic pain)は1994年のIASP(International Association for the Study of Pain)の慢性痛分類において、末梢神経および中枢神経の障害または機能異常による難治性の痛みであると定義されている。神経因性疼痛は、末梢神経および中枢神経系の圧迫、変性、損傷に起因しているが、単一の病理学的プロセスでは説明し得ない複雑な症候群から成り立っており、その発生機序はまだ解明されていない。よって、神経因性疼痛に関する治療効果に基づく指針も、一部を除いて有効性が保障されていない。





神経因性疼痛は、創傷などによる初期の痛み(急性痛)とは異なり、創傷が治癒した後に新たに発生する痛みである。神経因性疼痛としては、通常であれば痛みを引き起こさない程度の刺激によっても激烈な痛みを誘発する症状(「アロディニア」とよばれる。)が知られている。急性痛に対して有効な非ステロイド系消炎鎮痛剤および麻薬系鎮痛薬などは、神経因性疼痛には効果を示さず、神経因性疼痛に対する決定的な治療法は未だ知られていない。神経因性疼痛を抑制することができれば、臨床面において患者の肉体的苦痛の緩和およびQOLの向上をもたらすことが可能となる。





末梢に加えた痛みは、後根神経節(dorsal root ganglion:DRG)に存在する知覚神経(一次ニューロン)を通じて脊髄後角に伝達され、脊髄後角I層およびII層に存在する二次ニューロンにシナプスを介して伝えられ、二次ニューロンはその信号を中枢(脳)に伝達する。末梢からの知覚信号は、その大部分が第4、第5DRGを経て脊髄後角に伝えられるので、本発明者らはラットの脊髄第5腰神経のDRG末梢側を結紮した慢性疼痛モデル、および、アレルギー反応を引き起こす結核菌の死菌(Complete Freund's Adjuvant:CFA)をラットの足底に注射した急性疼痛モデルを作製し、DRGでのイベントを詳細に解析した。その結果、CFA刺激によって、シナプス伝達を補完および増強する役割を担っている脳由来神経栄養因子(brain-derived neurotrophic factor:BDNF)のmRNAの発現量が増加していること、特にエクソン1バリアントが顕著に増加していることを見出した(非特許文献1参照)。

産業上の利用分野



本発明は、疼痛を治療するための技術に関するものであり、より詳細には、疼痛の治療に使用し得るポリヌクレオチドおよびその利用に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
以下の(a)~(g)のいずれか1つの塩基配列からなる、ポリヌクレオチド:
(a)配列番号18に示される、塩基配列;
(b)配列番号18に示される塩基配列の部分配列でありかつ配列番号13、15および16に示される塩基配列の少なくとも1つを含んでいる、塩基配列;
(c)配列番号19に示される、塩基配列;
(d)配列番号19に示される塩基配列の部分配列でありかつ配列番号21~23に示される塩基配列の少なくとも1つを含んでいる、塩基配列;
(e)配列番号20に示される、塩基配列;
(f)配列番号20に示される塩基配列の部分配列でありかつ配列番号24~26に示される塩基配列の少なくとも1つを含んでいる、塩基配列;ならびに
(g)配列番号13、15、16、21~26のいずれか1つに示される塩基配列。

【請求項2】
以下の(I)~(VI)のいずれかである、ポリヌクレオチド:
(I)配列番号18に示される塩基配列に対して1もしくは数個の塩基が欠失、置換もしくは付加されている塩基配列またはその部分配列からなり、配列番号13、15および16に示される塩基配列の少なくとも1つを含んでいる、ポリヌクレオチド;
(II)配列番号18に示される塩基配列の相補配列からなるポリヌクレオチドにストリンジェントな条件下でハイブリダイズし得るポリヌクレオチドであって、配列番号13、15および16に示される塩基配列の少なくとも1つを含んでいる、ポリヌクレオチド;
(III)配列番号19に示される塩基配列に対して1もしくは数個の塩基が欠失、置換もしくは付加されている塩基配列またはその部分配列からなり、配列番号21~23に示される塩基配列の少なくとも1つを含んでいる、ポリヌクレオチド;
(IV)配列番号19に示される塩基配列の相補配列からなるポリヌクレオチドにストリンジェントな条件下でハイブリダイズし得るポリヌクレオチドであって、配列番号21~23に示される塩基配列の少なくとも1つを含んでいる、ポリヌクレオチド;
(V)配列番号20に示される塩基配列に対して1もしくは数個の塩基が欠失、置換もしくは付加されている塩基配列またはその部分配列からなり、配列番号24~26に示される塩基配列の少なくとも1つを含んでいる、ポリヌクレオチド;ならびに
(VI)配列番号20に示される塩基配列の相補配列からなるポリヌクレオチドにストリンジェントな条件下でハイブリダイズし得るポリヌクレオチドであって、配列番号24~26に示される塩基配列の少なくとも1つを含んでいる、ポリヌクレオチド
ただし、以下の(VII)~(IX)のいずれかであるポリヌクレオチドを除く:
(VII)以下の塩基配列からなるポリヌクレオチド
ggatcctccc ctcctagcct atacctcttc gctcagagat ctagggctcg cagggcggac ctagctgcac acagaggctg ttaactctca tttgagaagc cataagccat tagagcaaac gcagtcataa cttcattcaa ctcaagccgc ttgagagctt ggcttacacc ggttcctgtg ggcaactagt ggctcgcccg ggtgcctctc gcctagtcat cagtccctaa gaggaaaagg gaaagttgtg gggctgatgc gctcttcgat tcacgcagtt gttccctaga acaagtcact cctgctccat cacccctccc ccccccattt gatcatcact cacgaccacg tccgctggag acccttagtc atggtggggg aggggcacga acttttctaa gaagtttcct ttttaccaag ggagtcacag tgagttggtc acgtaactgg ctcagagagg ctgccctggc cccctccccc cgccccctcc ccccgccccc tcgcgctgcg cttttctggt attcttatta aagcggtagc cggctggtgc aggaaagcaa caagttcccc agcggtcttc ccgccctagc ctgacaaggc gaagcttttc ttacctggcg acagggaaat ctcctgagcc gagctcatct ttgccacagc cccaggtgtg acctgagcag tgggcaaagg agcggcgtgc aaattggatt atttgtatgg gggtactctg aaactccctc actttttctg ggaacttttt gtgctagggc gcagtgacag gcgttgagaa agctgcttca ggaaacgccc gctatatagc agggcagttg gacagtcatt ggtaacctcg ctcattcatt agaatcacgt aagaactcaa agggaaacgt gtctctcaga atgagggcgt ttgcgtaaat ctataggttt ttcaacatcg atgccagttg ctttgtcttc tgtaatcgcc aaggtggatg agagttgaag cttgcgatat tgctttgggt tattagattc ataagtcaca ccaagtggtg ggcgatccac tgagcaaagc caacttctca catgatgact tcaaacaaga cacattacct tccagcatct gttggggaga cgagatttta agacactgag tctccaggac agcaaagcca caatggtgag tagcaataaa ccctgcatta taattgaaaa aaaatcttga catgttgcct aacaacaggc atatcacggc tcttcctagc acttcacacg ccaaagaaca gcagctattc aggccaggga atcgggttta cccactgcaa ctttaattgg aatcatttga gatttaatac agcagcatga tactggcgtg gaacaaactt gggactggag ggggttgtta tactggcttt tcaaagctga tgcttgtctg acaaccgtct tgtattgcat tctttgcttt actgtatggt gtgtgagcat attgtatgat ttatatgtgg gcatataatt gacatccgca agggggttaa tttcaatcta aaaacattaa tgttcttaga gtttggggct agggggtgga gagggtaaga gtggagtaga gactaagagt ttaggtgagg ataggggtgg agttaggggg agagaggaat aagtcagaag tgcctatcta taatgaaatg ggtaatgctc tcatacatgg aaagggtctc atcaacatgt gtacaactat taacaggatg gctttggcaa agccatccgc acgtgacaaa acgtaaggaa gtggaagaaa ccgtctagag caatatcaag taccacttaa ttagagaata tttttttaac cttttcctcc tgctgcgccg ggtgtgtgat ccgggcgagc agagtccatt cagcaccttg gacagagcca gcggatttgt ccgaggtggt agtacttcat ccaggtattc ttttcctcgc tgtcaagcca acccggtgtc gcccttaaaa agcgtctttt ccgaggttcg gctcacactg agatcggggc tggagagaga gtcagatttt ggagcggagc gtttggagag ccagccccag tttggtcccc tcattgagct cgctgaagtt ggcttcctag cggtgtaggc tggaatagac tcttggcaag ctccgggttg gtatactggg ttaactttgg gaaatgcaag tgtttatctc caggatctag ccaccggggt ggtgtaagcc gcaaagaagg taagcaccgg ggcggggacc ctgcatcccc aattcttgag ctattttgat actcgatctt ccggaaagga cgcgtagtgg agcggaggaa gtggagggag agcctgagaa atggttgttt cttggtattt gtctagaaat ttaagaccta ggtgagaacc tggggcaaat cgaggttggg gaagctcaag ctt;
(VIII)以下の塩基配列からなるポリヌクレオチド
ggatcctccc ctcctagcct atacctcttc gctcagagat ctagggctcg cagggcggac ctagctgcac acagaggctg ttaactctca tttgagaagc cataagccat tagagcaaac gcagtcataa cttcattcaa ctcaagccgc ttgagagctt ggcttacacc ggttcctgtg ggcaactagt ggctcgcccg ggtgcctctc gcctagtcat cagtccctaa gaggaaaagg gaaagttgtg gggctgatgc gctcttcgat tcacgcagtt gttccctaga acaagtcact cctgctccat cacccctccc ccccccattt gatcatcact cacgaccacg tccgctggag acccttagtc atggtggggg aggggcacga acttttctaa gaagtttcct ttttaccaag ggagtcacag tgagttggtc acgtaactgg ctcagagagg ctgccctggc cccctccccc cgccccctcc ccccgccccc tcgcgctgcg cttttctggt attcttatta aagcggtagc cggctggtgc aggaaagcaa caagttcccc agcggtcttc ccgccctagc ctgacaaggc gaagcttttc ttacctggcg acagggaaat ctcctgagcc gagctc;および
(IX)以下の塩基配列からなるポリヌクレオチド。
ggatcctccc ctcctagcct atacctcttc gctcagagat ctagggctcg cagggcggac ctagctgcac acagaggctg ttaactctca tttgagaagc cataagccat tagagcaaac gcagtcataa cttcattcaa ctcaagccgc ttgagagctt ggcttacacc ggttcctgtg ggcaactagt ggctcgcccg ggtgcctctc gcctagtcat cagtccctaa gaggaaaagg gaaagttgtg gggctgatgc gctcttcgat tcacgcagtt gttccctaga acaagtcact cctgctccat cacccctccc ccccccattt gatcatcact cacgaccacg tccgctggag acccttagtc atggtggggg aggggcacga acttttctaa gaagtttcct ttttaccaag ggagtcacag tgagttggtc acgtaactgg ctcagagagg ctgccctggc cccctccccc cgccccctcc ccccgccccc tcgcgctgcg cttttctggt attcttatta aagcggtagc cggctggtgc aggaaagcaa caagttcccc agcggtcttc ccgccctagc ctgacaaggc gaagcttttc ttacctggcg acagggaaat ctcctgagcc gagctcatct ttgccacagc cccaggtgtg acctgagcag tgggcaaagg agcggcgtgc aaattggatt atttgtatgg gggtactctg aaactccctc actttttctg ggaacttttt gtgctagggc gcagtgacag gcgttgagaa agctgcttca ggaaacgccc gctatatagc agggcagttg gacagtcatt ggtaacctcg ctcattcatt agaatcacgt aagaactcaa agggaaacgt gtctctcaga atgagggcgt ttgcgtaaat ctataggttt ttcaacatcg atgccagttg ctttgtcttc tgtaatcgcc aaggtggatg agagttgaag ctt

【請求項3】
請求項1または2に記載のポリヌクレオチドと、該ポリヌクレオチドと対合するポリヌクレオチドとを含む、二本鎖ポリヌクレオチド。

【請求項4】
請求項1もしくは2に記載のポリヌクレオチドまたは請求項3に記載の二本鎖ポリヌクレオチドを含有している、疼痛の治療剤。

【請求項5】
発症前の疼痛を予防するための、請求項4に記載の治療剤。

【請求項6】
発症後の疼痛を予防するための、請求項4に記載の治療剤。

【請求項7】
請求項1もしくは2に記載のポリヌクレオチドまたは請求項3に記載の二本鎖ポリヌクレオチドを備えている、疼痛の治療用キット。
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録
特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。

技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close