TOP > 国内特許検索 > 多波長パルス光生成システム

多波長パルス光生成システム コモンズ

国内特許コード P010000251
整理番号 Y98-P143
掲載日 2002年9月30日
出願番号 特願平11-060412
公開番号 特開2000-258809
登録番号 特許第3571245号
出願日 平成11年3月8日(1999.3.8)
公開日 平成12年9月22日(2000.9.22)
登録日 平成16年7月2日(2004.7.2)
発明者
  • 後藤 俊夫
  • 西澤 典彦
出願人
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 多波長パルス光生成システム コモンズ
発明の概要 【課題】 波長可変fsパルス光源を光源とし、複数の波長の超短パルス光を同時に生成することができる波長可変短パルス光源を用いた多波長パルス光生成システムを提供する。
【解決手段】 波長可変短パルス光源を用いた多波長パルス光生成システムにおいて、フェムト秒ファイバーレーザー1と、このフェムト秒ファイバーレーザー1から出力される短パルス光を複数のパルスに分岐する光分岐器2と、この光分岐器2によって分岐されたパルス光を導波する複数の光ファイバー3とを具備する。
従来技術、競合技術の概要


近年、光通信の伝送容量の増大化を図るため、1本の光ファイバーに同時に多数の波長の光を多重して伝送する波長多重通信技術が注目を集めている。



また、光計測の分野では、多数の波長の光源を用いて、被測定物の波長による光感度の違いを利用して、高精度な測定を行う多波長光計測が、新しい技術として注目を集めている。

産業上の利用分野


本発明は、波長多重パルス列生成システムに係り、特に波長可変短パルス光源を用いた波長多重パルス列生成システムに関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
(a)フェムト秒ファイバーレーザーからなる短パルス光源と、
(b)該短パルス光源から出力される短パルス光を複数のパルスに分岐する光分岐器と、
(c)該光分岐器によって分岐されたパルス光を導波する複数の光ファイバーとを備え、
(d)前記光分岐器の分岐比を変化させることによって波長の異なる複数のパルス光を生成することを特徴とする多波長パルス光生成システム。

【請求項2】
(a)フェムト秒ファイバーレーザーからなる短パルス光源と、
(b)該短パルス光源から出力される短パルス光を複数のパルスに分岐する光分岐器と、
(c)該光分岐器によって分岐されたパルス光を導波する複数の光ファイバーと、
(d)前記分岐され、複数の光ファイバーを導波したパルス光を合波する光合波器とを備え
(e)前記光分岐器の分岐比を変化させることによって波長の異なる複数のパルス光を生成することを特徴とする多波長パルス光生成システム。

【請求項3】
(a)フェムト秒ファイバーレーザーからなる短パルス光源と、
(b)該短パルス光源から出力される短パルス光を複数のパルスに分岐する光分岐器と、
(c)該光分岐器によって分岐されたパルス光を導波する複数の光ファイバーと、
該複数の光ファイバーのパルス光の強度を変調する光変調手段と、
)前記光変調手段によって変調されたパルス光を導波する複数の光ファイバーとを備え
(f)前記光分岐器の分岐比を変化させることによって波長の異なる複数のパルス光を生成することを特徴とする多波長パルス光生成システム。

【請求項4】
(a)フェムト秒ファイバーレーザーからなる短パルス光源と、
(b)該短パルス光源から出力される短パルス光を複数のパルスに分岐する光分岐器と、
(c)該光分岐器によって分岐されたパルス光を導波する複数の光ファイバーと、
該複数の光ファイバーのそれぞれのパルス光の強度を変調する光変調手段と、
e)該光変調手段によって変調されたパルス光を導波する複数の光ファイバーと、
)該複数の光ファイバーを導波したパルス光を合波する光合波器とを備え
(g)前記光分岐器の分岐比を変化させることによって波長の異なる複数のパルス光を生成することを特徴とする多波長パルス光生成システム。

【請求項5】
(a)フェムト秒ファイバーレーザーからなる短パルス光源と、
(b)該短パルス光源から出力される短パルス光を複数のパルスに分岐する光分岐器と、
(c)該光分岐器によって分岐されたパルス光を導波する複数の光ファイバーと、
(d)該複数の光ファイバーのそれぞれのパルス光の強度を変調する光変調手段と、
e)該変調調手段によって変調されたパルス光を時間的にずらして合波する光合波器と、
)該光合波器により合波されたパルス光を結合する1本の光ファイバーとを備え
(g)前記光分岐器の分岐比を変化させることによって波長の異なる複数のパルス光を生成することを特徴とする多波長パルス光生成システム。

【請求項6】
(a)フェムト秒ファイバーレーザーからなる短パルス光源と、
(b)該短パルス光源から出力される短パルス光を強度の異なる多数のパルスに分岐する光分岐器と、
(c)該光分岐器によって分岐されたパルス光を導波する複数の光ファイバーと、
該複数の光ファイバーの分岐されたそれぞれのパルス光の強度を変調する光変調器と、
e)該光変調器によって変調されたパルス光を時間的にずらして合波する光合波器と、
(f)該光合波器により合波されたパルス光を結合する1本の光ファイバーとを備え
(g)前記光分岐器の分岐比を変化させることによって波長の異なる複数のパルス光を生成することを特徴とする多波長パルス光生成システム。

【請求項7】
請求項1~6記載の多波長パルス光生成システムにおいて、前記光分岐器の分岐比を、光分岐波路部の温度の変化によって変化させることを特徴とする多波長パルス光生成システム。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP1999060412thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close