TOP > 国内特許検索 > ポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体

ポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体 新技術説明会

国内特許コード P120007461
掲載日 2012年5月1日
出願番号 特願2010-534696
登録番号 特許第5555956号
出願日 平成21年10月22日(2009.10.22)
登録日 平成26年6月13日(2014.6.13)
国際出願番号 JP2009005533
国際公開番号 WO2010047109
国際出願日 平成21年10月22日(2009.10.22)
国際公開日 平成22年4月29日(2010.4.29)
優先権データ
  • 特願2008-273370 (2008.10.23) JP
発明者
  • 中村 修平
  • 長 広明
  • 芦田 恭典
  • 村上 泰
  • 清水 航
出願人
  • 国立大学法人三重大学
発明の名称 ポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体 新技術説明会
発明の概要 【課題】
強度が高い硬化体を得ることができ、かつ環境に与える影響の小さなポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体を提供する。
【解決手段】
本発明は、(A)1分子中の少なくとも一方の末端がシラノール変性したポリオルガノシロキサンと、(B)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.01~2モルのチタニウムアルコキシドと、(C)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.01~2モルのα-ヒドロキシカルボニル化合物若しくは0.01~2モルのヒドロキシカルボン酸エステルとを含むポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体である。
【選択図】なし
従来技術、競合技術の概要



従来から、ポリオルガノシロキサン組成物は、硬化した際に優れた耐候性および耐久性を発揮するので、接着剤やシーリング材に用いられている。近年では、ポリオルガノシロキサン組成物の硬化物は、より高い強度を要求される傾向にある。この要求に応えるべく、例えば、ポリオルガノシロキサン組成物中に無機あるいは有機化合物から成る充填材を混合させたものが知られている(特許文献1を参照)。





また、接着の対象となる材料も広がる傾向にあり、従来から接着が難しいポリブチレンテレフタレート、ハイインパクトポリスチロール、アクリル樹脂等に対しても良好に接着可能なポリオルガノシロキサン組成物として、ポリオルガノシロキサン、Si原子に結合した加水分解基を2個以上有するシラン化合物、およびビニル基含有ビスフェノールAとオルガノオキシ基を有するSi化合物との付加反応生成物とから成る組成物も知られている(特許文献2を参照)。

産業上の利用分野



本発明は、ポリオルガノシロキサン組成物およびその硬化体に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
(A)1分子中の少なくとも一方の末端がシラノール変性したポリオルガノシロキサンと、
(B)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.01~2モルのチタニウムアルコキシドと、
(C)上記ポリオルガノシロキサン1モルに対して0.01~2モルのα-ヒドロキシカルボニル化合物若しくは0.01~2モルのヒドロキシカルボン酸エステルと、
を含むことを特徴とするポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項2】
前記0.01~2モルのヒドロキシカルボン酸エステルは、0.01~0.4モルのリンゴ酸エステルであることを特徴とする請求項1に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項3】
前記ヒドロキシカルボン酸エステルは、リンゴ酸エステル、乳酸エステルまたは酒石酸エステルであることを特徴とする請求項1に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項4】
前記α-ヒドロキシカルボニル化合物は、ヒドロキシアセトンであることを特徴とする請求項1に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項5】
前記チタニウムアルコキシドは、チタニウムテトラエトキシド、チタニウムテトライソプロポキシドまたはチタニウムテトラブトキシドであることを特徴とする請求項1に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項6】
前記ポリオルガノシロキサンと、前記チタニウムアルコキシドと、前記ヒドロキシアセトンとをモル比にて1:1:0.5の割合で含み、質量分率による分子量の平均値(Mw)が8000以上であることを特徴とする請求項1に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項7】
前記チタニウムアルコキシドは、チタニウムテトラエトキシド、チタニウムテトライソプロポキシドまたはチタニウムテトラブトキシドであることを特徴とする請求項6に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項8】
前記ポリオルガノシロキサンと、前記チタニウムアルコキシドと、前記ヒドロキシカルボン酸エステルとをモル比にて1:1:0.1の割合で含み、質量分率による分子量の平均値(Mw)が5000以上であることを特徴とする請求項1に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項9】
前記チタニウムアルコキシドは、チタニウムテトラエトキシドであることを特徴とする請求項8に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項10】
前記ポリオルガノシロキサンと、前記チタニウムアルコキシドと、前記ヒドロキシカルボン酸エステルとをモル比にて1:0.05:0.05の割合で含むことを特徴とする請求項1に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項11】
前記ヒドロキシカルボン酸エステルは、リンゴ酸エステル、乳酸エステルまたは酒石酸エステルであることを特徴とする請求項10に記載のポリオルガノシロキサン組成物。

【請求項12】
請求項1、請求項3から請求項11のいずれか1項に記載のポリオルガノシロキサン組成物を硬化したポリオルガノシロキサン組成物硬化体。

【請求項13】
請求項2に記載のポリオルガノシロキサン組成物を硬化したポリオルガノシロキサン組成物硬化体。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2010534696thum.jpg
出願権利状態 登録
さらに詳しい情報をご要望の方は、下記「問合せ先」までお問い合わせください。未公開情報等の交換をおこなう場合は秘密保持契約を締結しての面談等にて対応しております。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close