TOP > 国内特許検索 > C型慢性肝炎治療効果予測のための検査方法及び検査用キット

C型慢性肝炎治療効果予測のための検査方法及び検査用キット

国内特許コード P120007648
整理番号 S2011-0087
掲載日 2012年6月13日
出願番号 特願2011-099087
公開番号 特開2012-105634
登録番号 特許第5070552号
出願日 平成23年4月27日(2011.4.27)
公開日 平成24年6月7日(2012.6.7)
登録日 平成24年8月31日(2012.8.31)
優先権データ
  • 特願2010-241651 (2010.10.28) JP
発明者
  • 加藤 宣之
  • 池田 正徳
  • 是永 匡紹
  • 日野 啓輔
出願人
  • 国立大学法人 岡山大学
  • 学校法人 川崎学園
発明の名称 C型慢性肝炎治療効果予測のための検査方法及び検査用キット
発明の概要

【課題】C型慢性肝炎の治療効果を予測するためのマーカーとしてより精度の高い予測結果を達成しうる、マーカーを提供すること。
【解決手段】一塩基多型のrs8113007を含むオリゴヌクレオチド又はポリヌクレオチドである、C型慢性肝炎の治療効果を予測するためのマーカー、当該マーカーを検出するC型慢性肝炎の治療効果を予測するための検査方法及び検査用キットによる。
【選択図】図6

従来技術、競合技術の概要


C型肝炎ウイルス(HVC)感染者は国内に約200万人、世界で約2億人と推定されており、人類の生命を脅かす病原微生物の中でも最も影響の大きいものの1つである。HVCの感染者の6割以上がC型慢性肝炎へと移行すると考えられている。C型慢性肝炎は長い年月を経て、肝硬変や肝がんに進行することがあり、定期的な観察が必要とされるとともに、有効な治療方法が望まれている。現在C型慢性肝炎に対して、最も有効性の高い治療法はペグインターフェロン(PEG-IFN)とリバビリン(RBV)の併用療法(以下「PEG-IFN/RBV併用療法」と称する)だが、その有効性は最大50%程度にとどまっている。



2009年に日本および米国の研究グループにより、C型慢性肝炎患者におけるペグインターフェロンとリバビリンの併用療法(PEG-IFN/RBV併用療法)の効果予測に重要なIL28B遺伝子の近傍の一塩基多型(SNP)が報告された(非特許文献1~4)。IL28Bは、IFN-λ3とも呼ばれる抗ウイルス活性を有するサイトカインである。Geらは、IL28B遺伝子の3018塩基上流に存在するrs12979860をPEG-IFN/RBV併用療法における最も有意な予測因子の一塩基多型(SNP)として報告した。またTanakaらは、PEG-IFN/RBV併用療法における有意な予測因子としてIL28B遺伝子の7396塩基上流に存在するrs8099917を報告しており、rs8099917について、PEG-IFN/RBV併用療法により高いHCV完全除去(SVR)率となるT/Tをメジャー(Major)と定義し、低いSVR率となるG/Gをマイナー(Minor)、T/Gをヘテロ(Hetero)と定義した。



上記のように、PEG-IFN/RBV併用療法における予測因子として、IL28B遺伝子近傍に位置するrs12979860、rs8099917などのSNPが報告されているが、より精度が高く、かつ臨床において簡便に使用することできるC型慢性肝炎の治療効果を予測するためのマーカーの開発が望まれている。



ヒトゲノム上のSNPとして、現在約千数百万のSNPが報告されている。非特許文献1~4では、IL28B遺伝子近傍のSNP同定に市販のアレイを用いている。用いられたアレイのうち、Illumina社のアレイが約60万のSNP、Affimetrix社のアレイが約90万のSNPをカバーしているが、これらはヒトゲノム上の現在報告されているSNPと比較すると、極めて少ない。現在、SNP全体の9割以上については、市販のアレイ解析では同定ができない。

産業上の利用分野


本発明は、C型慢性肝炎の治療効果を予測するためのマーカー、C型慢性肝炎の治療効果を予測するための検査方法及び検査用キットに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
下記の工程を含む、ペグインターフェロンとリバビリンの併用療法によるC型慢性肝炎治療効果予測のための検査方法:
(1)被検者から取得したサンプルにおいて、一塩基多型のrs8113007についてアリルの遺伝子型を制限酵素を用いて決定する工程;
(2)一塩基多型のrs8113007のアリルの遺伝子型が、アデニンのホモ接合型である場合に、治療有効性があると予測する工程。

【請求項2】
請求項1の(1)の工程が以下の工程を含む、請求項1に記載のC型慢性肝炎治療効果予測のための検査方法:
(1-1)一塩基多型のrs8113007を含む領域を増幅する工程;
(1-2)増幅されたヌクレオチド断片を、一塩基多型のrs8113007がアデニンである塩基配列を特異的に認識する制限酵素により切断する工程;
(1-3)制限酵素により切断して得られたヌクレオチド断片の大きさを確認することにより、一塩基多型のrs8113007についてアリルの遺伝子型を決定する工程。

【請求項3】
前記制限酵素が、BpmIである、請求項1又は2に記載のC型慢性肝炎治療効果予測のための検査方法。

【請求項4】
請求項1の(2)の工程において、一塩基多型のrs8113007のアリルの遺伝子型がアデニンのホモ接合型の場合に、ペグインタ-フェロンとリバビリンの併用療法によるC型慢性肝炎の治療有効性が90%以上と予測する、請求項1~3のいずれか1に記載のC型慢性肝炎治療効果予測のための検査方法。

【請求項5】
少なくとも以下の1)及び2)を含む、請求項1~4のいずれか1に記載のC型慢性肝炎治療効果予測のための検査方法に用いられる検査用キット:
1)一塩基多型のrs8113007を含む領域を増幅するための少なくとも一組のプライマーセット;
2)一塩基多型のrs8113007を含むヌクレオチド断片において、一塩基多型のrs8113007がアデニンである塩基配列を特異的に認識する制限酵素。

【請求項6】
前記制限酵素が、BpmIである、請求項5に記載の検査用キット。
産業区分
  • 微生物工業
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2011099087thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
特許内容に関しての問い合せ窓口は岡山大学連携機構知的財産部門です。

技術移転に関しては岡山TLOが窓口になります。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close