TOP > 国内特許検索 > Ni-W合金/CNT複合めっき方法およびNi-W合金/CNT複合めっき液

Ni-W合金/CNT複合めっき方法およびNi-W合金/CNT複合めっき液 コモンズ

国内特許コード P120007809
整理番号 N11127
掲載日 2012年7月20日
出願番号 特願2012-049896
公開番号 特開2013-185185
登録番号 特許第5857339号
出願日 平成24年3月7日(2012.3.7)
公開日 平成25年9月19日(2013.9.19)
登録日 平成27年12月25日(2015.12.25)
発明者
  • 新井 進
出願人
  • 国立大学法人信州大学
発明の名称 Ni-W合金/CNT複合めっき方法およびNi-W合金/CNT複合めっき液 コモンズ
発明の概要 【課題】電流効率よく、しかもCNTを合金めっき膜中に良好に取り込むことのできるNi-W合金/CNT複合めっき方法を提供する。
【解決手段】本発明に係るNi-W合金/CNT複合めっき方法は、ニッケル源、タングステン源、カーボンナノチューブ、カーボンナノチューブの分散剤およびクエン酸塩を含むめっき液により電解めっきを行うNi-W/CNT複合めっき方法であって、前記クエン酸塩濃度を0.3M~0.1M、pHを4.0~6.0に調整して電解めっきを行うことを特徴とする。
【選択図】図6
従来技術、競合技術の概要


Ni-W合金めっき膜は、高硬度、高耐摩耗性、高耐熱性など優れた機械的特性を持ち、様々な機械部品や成形用金型などに利用されている。一方、カーボンナノチューブ(CNT)は優れた潤滑性、熱伝導性、機械的強度などを持ち、非常に広範囲の分野への応用が期待されている。このような優れた特性を持つCNTをNi-W合金めっき膜に取り込ませることによってできるNi-W合金/CNT複合めっき膜は、摺動特性、耐摩耗性および硬度などの更なる向上が期待され、自動車部品など様々な機械部品への利用が可能であると考えられる。
Ni-W合金めっき自体は種々検討され、開発されている(例えば特許文献1)。

産業上の利用分野


本発明は、Ni-W合金/CNT複合めっき方法およびNi-W合金/CNT複合めっき液に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
ニッケル源、タングステン源、カーボンナノチューブ、カーボンナノチューブの分散剤およびクエン酸塩を含むめっき液により電解めっきを行うNi-W/CNT複合めっき方法であって、
前記クエン酸塩濃度を0.3M~0.1M、pHを4.0~6.0に調整して電解めっきを行うことを特徴とするNi-W合金/CNT複合めっき方法。

【請求項2】
2Adm-2~5Adm-2の電流密度で電解めっきを行うことを特徴とする請求項1記載のNi-W合金/CNT複合めっき方法。

【請求項3】
クエン酸塩に、クエン酸アンモニウムとクエン酸ナトリウム塩を用いることを特徴とする請求項1または2記載のNi-W合金/CNT複合めっき方法。

【請求項4】
ニッケル源に硫酸ニッケル、タングステン源にタングステン酸ナトリウムを用いることを特徴とする請求項1~3いずれか1項記載のNi-W合金/CNT複合めっき方法。

【請求項5】
カーボンナノチューブの分散剤にポリアクリル酸を用いることを特徴とする請求項1~4いずれか1項記載のNi-W合金/CNT複合めっき方法。

【請求項6】
クエン酸塩濃度を0.3Mに調整して電解めっきを行い、Ni-W合金めっき皮膜内にCNTが混入しためっき膜を得ることを特徴とする請求項1~5いずれか1項記載のNi-W合金/CNT複合めっき方法。

【請求項7】
クエン酸塩濃度を0.1Mに調整して電解めっきを行い、Ni-W合金めっき粒子がCNTで連結された多孔質のめっき物を得ることを特徴とする請求項1~5いずれか1項記載のNi-W合金/CNT複合めっき方法。

【請求項8】
ニッケル源、タングステン源、カーボンナノチューブ、カーボンナノチューブの分散剤およびクエン酸塩を含むNi-W/CNT複合めっき液であって、
前記クエン酸塩濃度が0.3M~0.1M、pHが4.0~6.0に調整されていることを特徴とするNi-W合金/CNT複合めっき液。

【請求項9】
クエン酸塩が、クエン酸アンモニウムおよびクエン酸ナトリウム塩であることを特徴とする請求項8記載のNi-W合金/CNT複合めっき液。

【請求項10】
ニッケル源が硫酸ニッケル、タングステン源がタングステン酸ナトリウムであることを特徴とする請求項8または9記載のNi-W合金/CNT複合めっき液。

【請求項11】
カーボンナノチューブの分散剤がポリアクリル酸であることを特徴とする請求項8~10いずれか1項記載のNi-W合金/CNT複合めっき液。
産業区分
  • 表面処理
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2012049896thum.jpg
出願権利状態 登録
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close