TOP > 国内特許検索 > CLEC-2シグナル伝達により止血疾患を治療するための組成物および方法

CLEC-2シグナル伝達により止血疾患を治療するための組成物および方法 外国出願あり

国内特許コード P120007983
整理番号 P05-011R
掲載日 2012年10月4日
出願番号 特願2007-549752
公表番号 特表2008-539694
登録番号 特許第4961595号
出願日 平成18年4月24日(2006.4.24)
公表日 平成20年11月20日(2008.11.20)
登録日 平成24年4月6日(2012.4.6)
国際出願番号 JP2006309066
国際公開番号 WO2006115295
国際出願日 平成18年4月24日(2006.4.24)
国際公開日 平成18年11月2日(2006.11.2)
優先権データ
  • 60/674,287 (2005.4.25) US
発明者
  • 尾崎 由基男
  • 井上 克枝
  • ワトソン,スティーヴ ピー.
出願人
  • 国立大学法人山梨大学
発明の名称 CLEC-2シグナル伝達により止血疾患を治療するための組成物および方法 外国出願あり
発明の概要

本発明は、止血疾患を治療するための治療候補を同定するために化合物をスクリーニングする方法において、CLEC-2発現細胞をテスト化合物に接触させるステップであって、自由選択でCLEC-2リガンドに、テスト化合物が存在しない場合にCLEC-2のCLEC-2リガンドへの結合を可能にする環境で接触させるステップと、コントロールと比較してCLEC-2活性の指標に増強あるいは減弱が確認されるか否かを検出するステップとを具備し、コントロールに対する指標の増強あるいは減弱によりテスト化合物が止血疾患の治療候補であることを示す方法である。

従来技術、競合技術の概要


血小板は小さな円板状の血球であり、止血作用および創傷の治癒に欠かせないものである。循環している血小板は通常の状態ではかなり非活性(quiescent)の状態であるが、血管が破れたり損傷したりした際には活性化する。血小板の活性化は、コラーゲンなどの成分が露出し、それが血小板表面のレセプタと結合することで行われる。この結合によりシグナル伝達経路が刺激され、血小板凝集や血液凝固および血栓形成が引き起こされる。



血栓形成は広範囲に渡る人間の病気の中でも、特に血管疾患の中で主な病因因子の一つである。動脈や静脈で血小板凝集が過剰になるとアテローム性プラークや動脈硬化性プラークが起こり、それによって微細な細胞組織への血液の流れが低減される。最終的に、この血小板による血栓の増大や血小板凝集の積み重ねが、深刻な心筋梗塞や、慢性不安定狭心症、一過性虚血、末梢血管障害、動脈血栓症、子癇前症、肺塞栓症そして再狭窄として現れる。



血栓形成や関連する疾病を治療するために、レセプタのシグナル伝達を抑制し、血小板凝集を軽減する薬剤が開発されている。そのターゲットとされてきた表面レセプタの一つが、インテグリンαIIbβ3レセプタである。このレセプタはフィブリノゲンと結合し、血小板凝集を引き起こす。臨床用途に承認されたインテグリンαIIbβ3抑制剤には次の三つがある。(1)インテグリンαIIbβ3の活性構造に対するヒト化マウスモノクローナル抗体、(2)フィブリノゲンの結合を阻止するRGD(Arg-Gly-Asp)配列を有するペプチド、そして(3)フィブリノゲンの結合に対抗するディスインテグリン模擬化合物である。これらの抑制剤は血小板凝集を低減させるには有効であるが、三つとも安全性が低い。



GPVIもまた、同様に抗血栓剤のターゲットとして使用されてきた血小板表面レセプタである。高等動物の血液を常食する昆虫や無脊椎動物の唾液から得られる化合物がコラーゲン、GPVIリガンドおよびGVI表面レセプタの接触を阻止することが示されている。これらの薬剤は抗血栓効果を示しているが、また出血の危険性が高いとされている。



以下は、本発明をより分かりやすく説明するため例として参照した文献であり、参照により本書に組み込むこととする。

【非特許文献1】Andrews RK,Kamiguti AS, Berlanga O, Leduc M, Theakston RD, Watson SP. The use of snakevenom toxins as tools to study platelet receptors for collagen and von Willebrandfactor. Haemostasis. 2001;31:155-172

【非特許文献2】Morita T. Structures and functions of snakevenom CLPs (C-typelectin-like proteins) withanti-coagulant-, procoagulant-, and platelet-modulating activities. Toxicon. Inpress

【非特許文献3】Clemetson JM, Polgar J, Magnenat E, Wells TN,Clemetson KJ. The platelet collagen receptor glycoprotein VI is a member of theimmunoglobulin superfamily closely related to FcalphaR and the natural killerreceptors. J Biol Chem. 1999;274:29019-29024

【非特許文献4】Polgar J, Clemetson JM, Kehrel BE, WiedemannM, Magnenat EM, Wells TN, Clemetson KJ. Platelet activation and signaltransduction by convulxin, a C-type lectin from Crotalus durissus terrificus (tropical rattlesnake) venom via the p62/GPVIcollagen receptor. J Biol Chem. 1997;272:13576-13583

【非特許文献5】Jandrot-Perrus M, Lagrue AH, Okuma M, Bon C.Adhesion and activation of human platelets induced by convulxin involveglycoprotein VI and integrin alpha2beta1. J Biol Chem. 1997;272:27035-27041

【非特許文献6】Suzuki-Inoue K, Tulasne D, Shen Y, Bori-SanzT, Inoue O, Jung SM, Moroi M, Andrews RK, Berndt MC, Watson SP. Association of Fyn and Lyn with the proline-rich domain of glycoprotein VI regulates intracellularsignaling. J Biol Chem. 2002;277:21561-21566

【非特許文献7】Bori-Sanz T, Inoue KS, Berndt MC, Watson SP,Tulasne D. Delineation of the region in the glycoprotein VI tail required forassociation with the Fc receptor gamma-chain. J Biol Chem. 2003;278:35914-35922

【非特許文献8】Lee WH, Du XY, Lu QM, Clemetson KJ, Zhang Y.Stejnulxin, a novel snake C-type lectin-like protein from Trimeresurusstejnegeri venom is a potent platelet agonist acting specifically via GPVI.Thromb Haemost. 2003;90:662-671

【非特許文献9】Asazuma N, Marshall SJ, Berlanga O, Snell D,Poole AW, Berndt MC, Andrews RK, Watson SP. The snake venom toxinalboaggregin-A activates glycoprotein VI. Blood. 2001;97:3989-3991

【非特許文献10】Andrews RK, Gardiner EE,Asazuma N, Berlanga O, Tulasne D, Nieswandt B, Smith AI, Berndt MC, Watson SP.A novel viper venom metalloproteinase, alborhagin, is an agonist at theplatelet collagen receptor GPVI. J Biol Chem. 2001;276:28092-28097

【非特許文献11】Shin Y, Morita T.Rhodocytin, a functional novel platelet agonist belonging to the heterodimericC-type lectin family, induces platelet aggregation independently ofglycoprotein Ib. BiochemBiophys Res Commun. 1998;245:741-745

【非特許文献12】Huang TF, Liu CZ, Yang SH.Aggretin, a novel platelet-aggregation inducer from snake (Calloselasma rhodostoma) venom, activatesphospholipase C by acting as a glycoprotein Ia/IIa agonist. Biochem J. 1995;309( Pt 3):1021-1027

【非特許文献13】Suzuki-Inoue K, Ozaki Y,Kainoh M, Shin Y, Wu Y, Yatomi Y, Ohmori T, Tanaka T, Satoh K, Morita T.Rhodocytin induces platelet aggregation by interacting with glycoprotein Ia/IIa(GPIa/IIa,Integrin alpha 2beta 1). Involvement ofGPIa/IIa-associated src and protein tyrosine phosphorylation. J Biol Chem.2001;276:1643-1652

【非特許文献14】Navdaev A, Clemetson JM,Polgar J, Kehrel BE, Glauner M, Magnenat E, Wells TN, Clemetson KJ. Aggretin, aheterodimeric C-type lectin from Calloselasma rhodostoma (malayan pit viper), stimulates platelets bybinding to alpha 2beta 1 integrin and glycoprotein Ib, activating Syk andphospholipase Cgamma 2, but does not involve the glycoprotein VI/Fc receptorgamma chain collagen receptor. J Biol Chem. 2001;276:20882-20889

【非特許文献15】Bergmeier W, Bouvard D, EbleJA, Mokhtari-Nejad R, Schulte V, Zirngibl H, Brakebusch C, Fassler R, NieswandtB. Rhodocytin (aggretin) activates platelets lackingalpha(2)beta(1) integrin, glycoprotein VI,and the ligand-binding domain of glycoprotein Ibalpha. J Biol Chem.2001;276:25121-25126

【非特許文献16】Suzuki-Inoue K, Garcia A,Eble JA, Fuller G, Pohlmann S, Zitzmann N, Inoue O, Gartner TK, Morita T, OzakiY, Watson SP. Identification of CLEC-2 as a Novel Signalling Receptor forRhodocytin in Platelets [abstract]. J Thromb Haemost. 2005 Abstract P1494 in press

【非特許文献17】Suzuki-Inoue K, Inoue O,Frampton J, Watson SP. Murine GPVI stimulates weak integrin activation inPLC{gamma}2-/- platelets: involvement of PLC{gamma}1 and PI 3-kinase. Blood.2003;102:1367-1373

【非特許文献18】Poole A, Gibbins JM, TurnerM, van Vugt MJ, van de WinkelJG, Saito T, Tybulewicz VL, Watson SP. The Fcreceptor gamma-chain and the tyrosine kinase Syk are essential for activationof mouse platelets by collagen. EMBO J. 1997;16:2333-2341

【非特許文献19】Pasquet JM, Gross B, Quek L,Asazuma N, Zhang W, Sommers CL, Schweighoffer E, Tybulewicz V, Judd B, Lee JR,Koretzky G, Love PE, Samelson LE, Watson SP. LAT is required for tyrosinephosphorylation of phospholipase cgamma2 and platelet activation by thecollagen receptor GPVI. Mol Cell Biol. 1999;19:8326-8334

【非特許文献20】Clements JL, Lee JR, GrossB, Yang B, Olson JD, Sandra A, Watson SP, Lentz SR, Koretzky GA. Fetalhemorrhage and platelet dysfunction in SLP-76-deficient mice. J Clin Invest.1999;103:19-25

【非特許文献21】Pearce AC, Senis YA,Billadeau DD, Turner M, Watson SP, Vigorito E. Vav1 and vav3 have critical butredundant roles in mediating platelet activation by collagen. J Biol Chem.2004;279:53955-53962

【非特許文献22】Eble JA, Beermann B, HinzHJ, Schmidt-Hederich A. alpha 2beta 1 integrin is not recognized by rhodocytinbut is the specific, high affinity target of rhodocetin, an RGD-independentdisintegrin and potent inhibitor of cell adhesion to collagen. J Biol Chem.2001;276:12274-12284

【非特許文献23】Shevchenko A, Jensen ON,Podtelejnikov AV, Sagliocco F, Wilm M, Vorm O, Mortensen P, Shevchenko A,Boucherie H, Mann M. Linking genome and proteome by mass spectrometry:large-scale identification of yeast proteins from two dimensional gels. ProcNatl Acad Sci U S A. 1996;93:14440-14445

【非特許文献24】Garcia A, Prabhakar S,Hughan S, Anderson TW, Brock CJ, Pearce AC, Dwek RA, Watson SP, Hebestreit HF,Zitzmann N. Differential proteome analysis of TRAP-activated platelets:involvement of DOK-2 and phosphorylation of RGS proteins. Blood.2004;103:2088-2095

【非特許文献25】Pohlmann S, Zhang J,Baribaud F, Chen Z, Leslie GJ, Lin G, Granelli-Piperno A, Doms RW, Rice CM,McKeating JA. Hepatitis C virus glycoproteins interact with DC-SIGN andDC-SIGNR. J Virol. 2003;77:4070-4080

【非特許文献26】Colonna M, Samaridis J,Angman L. Molecular characterization of two novel C-type lectin-like receptors,one of which is selectively expressed in human dendritic cells. Eur J Immunol.2000;30:697-704

【非特許文献27】Asselin J, Gibbins JM,Achison M, Lee YH, Morton LF, Farndale RW, Barnes MJ, Watson SP. Acollagen-like peptide stimulates tyrosine phosphorylation of syk andphospholipase C gamma2 in platelets independent of the integrin alpha2beta1. Blood.1997;89:1235-1242

【非特許文献28】Gibbins J, Asselin J,Farndale R, Barnes M, Law CL, Watson SP. Tyrosine phosphorylation of the Fcreceptor gamma-chain in collagen-stimulated platelets. J Biol Chem.1996;271:18095-18099

【非特許文献29】Judd BA, Myung PS, ObergfellA, Myers EE, Cheng AM, Watson SP, Pear WS, Allman D, Shattil SJ, Koretzky GA.Differential requirement for LAT and SLP-76 in GPVI versus T cell receptorsignaling. J Exp Med. 2002;195:705-717

【非特許文献30】Chung CH, Wu WB, Huang TF.Aggretin, a snake venom-derived endothelial integrin alpha 2 beta 1 agonist,induces angiogenesis via expression of vascular endothelial growth factor.Blood. 2004;103:2105-2113

【非特許文献31】Marshall AS, Gordon S.Commentary: C-type lectins on the macrophage cell surface--recent findings. EurJ Immunol. 2004;34:18-24

【非特許文献32】Cambi A, Figdor CG. Dualfunction of C-type lectin-like receptors in the immune system. Curr Opin CellBiol. 2003;15:539-546

【非特許文献33】Vivier E, Nunes JA, Vely F.Natural killer cell signaling pathways. Science. 2004;306:1517-1519

【非特許文献34】Rogers NC, Slack EC, EdwardsAD, Nolte MA, Schulz O, Schweighoffer E, Williams DL, Gordon S, Tybulewicz VL,Brown GD, Reis ESousaC. Syk-Dependent Cytokine Induction by Dectin-1 Reveals aNovel Pattern Recognition Pathway for C Type Lectins. Immunity. 2005;22:507-517

【非特許文献35】Herre J, Marshall AS, CaronE, Edwards AD, Williams DL, Schweighoffer E, Tybulewicz V, Reis eSousaC, GordonS, Brown GD. Dectin-1 uses novel mechanisms for yeast phagocytosis inmacrophages. Blood. 2004;104:4038-4045

【非特許文献36】Fallon RJ, Danaher M,Saylors RL, Saxena A. Defective asialoglycoprotein receptor endocytosismediated by tyrosine kinase inhibitors. Requirement for a tyrosine in thereceptor internalization signal. J Biol Chem. 1994;269:11011-11017

【非特許文献37】Geffen I, Fuhrer C,Leitinger B, Weiss M, Huggel K, Griffiths G, Spiess M. Related signals forendocytosis and basolateral sorting of the asialoglycoprotein receptor. J BiolChem. 1993;268:20772-20777

【非特許文献38】Chen M, Kakutani M, NarukoT, Ueda M, Narumiya S, Masaki T, Sawamura T. Activation-dependent surfaceexpression of LOX-1 in human platelets. Biochem Biophys Res Commun.2001;282:153-158

【非特許文献39】Dean YD, McGreal EP, GasqueP. Endothelial cells, megakaryoblasts, platelets and alveolar epithelial cellsexpress abundant levels of the mouse AA4 antigen, a C-type lectin-like receptorinvolved in homing activities and innate immune host defense. Eur J Immunol.2001;31:1370-1381

【非特許文献40】Testi R, Pulcinelli F, FratiL, Gazzaniga PP, Santoni A. CD69 is expressed on platelets and mediatesplatelet activation and aggregation. J Exp Med. 1990;172:701-707

【非特許文献41】Joseph M, Capron A, AmeisenJC, Capron M, Vorng H, Pancre V, Kusnierz JP, Auriault C. The receptor for IgEon blood platelets. Eur J Immunol. 1986;16:306-312

産業上の利用分野


本発明はシグナル伝達に関し、特に、CLEC-2により血小板活性を調節する組成物および化合物スクリーニング方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】止血疾患を治療するための治療候補を同定するために化合物をスクリーニングする方法において、
CLEC-2を発現する細胞に、テスト化合物とCLEC-2リガンドを接触させるステップと、
前記CLEC-2を発現する細胞にテスト化合物とCLEC-2リガンドを接触させた場合と、テスト化合物が存在しない環境でCLEC-2を発現する細胞にCLEC-2リガンドを接触させた場合とを比較して、前記テスト化合物の存在により、a)血小板凝集及びb)CLEC-2のチロシンリン酸化のいずれかの指標が増強されているか、または減弱されているかを検出するステップ、
とを具備し、前記a)血小板凝集及びb)CLEC-2のチロシンリン酸化のいずれかの指標の増強あるいは減弱により、テスト化合物が止血調節の治療候補であることが示される方法であって、
前記CLEC-2リガンドがロドサイチン又はCLEC-2の抗体であるスクリーニング方法。
【請求項2】前記細胞凝集が、プロテインキナーゼSykとチロシンリン酸化されたCLEC-2との結合を介した血小板凝集である、請求項に記載のスクリーニング方法。
【請求項3】止血疾患を治療するための治療候補を同定するために化合物をスクリーニングする方法であって、
CLEC-2を発現する細胞に、テスト化合物を接触させるステップと、
前記CLEC-2を発現する細胞にテスト化合物に接触させる場合と、CLEC-2を発現する細胞にテスト化合物を接触させない場合とを比較して、CLEC-2機能の指標の変化を検出するステップ、
とを具備するスクリーニング方法であって、前記CLEC-2機能の指標の変化が細胞凝集の増強であることを特徴とするスクリーニング方法。
【請求項4】前記細胞が、血小板である請求項に記載のスクリーニング方法。
【請求項5】止血を調節するための治療候補を同定するために化合物をスクリーニングする方法であって、
テスト化合物とCLEC-2リガンドを、CLEC-2を発現する非ヒト動物に投与するステップと、
前記テスト化合物とCLEC-2リガンドを投与されたCLEC-2を発現する非ヒト動物と、テスト化合物は投与せずに、CLEC-2リガンドのみ投与されたCLEC-2を発現する非ヒト動物とを比較して、前記テスト化合物を投与した非ヒト動物におけるCLEC-2機能の指標が増強されているか、または減弱されているかを検出するステップ、とを具備するスクリーニング方法であって、
前記CLEC-2機能の指標における減弱は、血小板凝集を減弱させることを示し、前記CLEC-2機能の指標における増強は、血小板凝集を増強させることを示すスクリーニング方法であって、
前記CLEC-2リガンドがロドサイチン又はCLEC-2の抗体であるスクリーニング方法。
【請求項6】前記非ヒト動物が、CLEC-2をコードする外因性核酸配列に遺伝子組み換えされた遺伝子組み換え非ヒト動物であり、前記CLEC-2が前記遺伝子組み換え非ヒト動物に発現する、請求項に記載のスクリーニング方法。
【請求項7】止血を調節するための治療するための治療候補を同定するために化合物をスクリーニングする方法であって、
テスト化合物と、CLEC-2ポリペプチドあるいは核酸フラグメントとを接触させるステップと、
前記CLEC-2の結合ドメインと前記化合物との結合を検出するステップ、
とを具備するスクリーニング方法であって、
前記CLEC-2のポリペプチドはSEQ ID NO:の配列を含むポリペプチドであり、前記核酸フラグメントはSEQ ID NO:をコードする核酸配列を含む核酸フラグメントであるスクリーニング方法。
【請求項8】止血疾患を治療するための治療候補を同定するために化合物をスクリーニングする方法であって、
細胞質ドメインにリン酸化したチロシンを有するCLEC-2のポリペプチドあるいは核酸フラグメントと、テスト化合物とを接触させるステップと、
前記テスト化合物が、CLEC-2ポリペプチドとチロシンキナーゼSykとの結合を調節するか否か検出するステップ、
とを具備するスクリーニング方法であって、
前記CLEC-2のポリペプチドはSEQ ID NO:の配列を含むポリペプチドであり、前記核酸フラグメントはSEQ ID NO:をコードする核酸配列を含む核酸フラグメントであるスクリーニング方法。
産業区分
  • 微生物工業
  • 有機化合物
  • 薬品
  • 治療衛生
  • 試験、検査
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2007549752thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
上記の特許・技術に関心のある方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close