TOP > 国内特許検索 > 透光性多結晶材料とその製造方法

透光性多結晶材料とその製造方法 外国出願あり

国内特許コード P120008087
整理番号 S2011-0438
掲載日 2012年10月26日
出願番号 特願2011-028685
公開番号 特開2012-166433
登録番号 特許第5570027号
出願日 平成23年2月14日(2011.2.14)
公開日 平成24年9月6日(2012.9.6)
登録日 平成26年7月4日(2014.7.4)
発明者
  • 平等 拓範
  • 秋山 順
  • 浅井 滋生
出願人
  • 大学共同利用機関法人自然科学研究機構
  • トヨタ自動車株式会社
  • 株式会社コンポン研究所
発明の名称 透光性多結晶材料とその製造方法 外国出願あり
発明の概要 【課題】光学特性が材料中で連続的に変化している透光性多結晶材料を製造する。
【解決手段】磁場内に置くと力を受ける単結晶粒子群を含むスラリーを磁束密度が空間に対して変化している磁場内で固定化してから焼結する。例えば、Erを添加したYAGの単結晶粒子群と希土類を添加しないYAGの単結晶粒子群を含むスラリーを、磁場強度が不均一に分布している磁場内で固定化すると、強磁場の位置では、Erを添加したYAGがリッチで結晶方向が揃っているレーザ発振領域となり、弱磁場の位置では、希土類が添加されていないYAGがリッチで光を透光する領域となる。レーザ発振するコアと、コアの周辺にあって励起光をコアに導くガイドを併せ持った多結晶材料を同時に製造できる。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要



特許文献1と2に、複数個の単結晶粒子から透光性多結晶材料を得る技術が開示されている。これらの技術では、磁気異方性をもっている単結晶粒子群を含むスラリー(懸濁液)を磁場内で固定化してから焼結する。これによって単結晶粒子群の結晶方向が揃っている配向多結晶材料を得る。

本明細書では単結晶粒子群の結晶方向が揃っていることを「配向」という。またスラリーに含まれている単結晶粒子の位置と方向が固定されることを「固定化される」という。水等の溶媒に単結晶粒子群が懸濁している間は、スラリーに含まれている単結晶粒子の位置と方向が変化できるのに対し、溶媒が失われると単結晶粒子の位置と方向が固定される。

本明細書では、特許文献1と2に記載されている事項の重複記載を省略する。特許文献1と2の記載内容を前提にして、本明細書は作成されている。

産業上の利用分野



本発明は、複数個の単結晶粒子で構成されている多結晶材料とその製造方法に関する。特に、光学材料に利用することができる透光性多結晶材料とその製造方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
磁場内に置くと力を受ける単結晶粒子群を含むスラリーを磁束密度が空間に対して変化している磁場内で固定化する工程と、
固定化した材料を焼結する工程を備えている、
光学特性が材料中で変化している透光性多結晶材料の製造方法。

【請求項2】
希土類元素が添加された単結晶粒子群を含むスラリーを用いることを特徴とする請求項1に記載の透光性多結晶材料の製造方法。

【請求項3】
勾配磁場内に置いたときに受ける並進力が相違する複数種類の単結晶粒子群を含むスラリーを用いることを特徴とする請求項1または2に記載の透光性多結晶材料の製造方法。

【請求項4】
磁場内に置いたときに受ける回転力が相違する複数種類の単結晶粒子群を含むスラリーを用いることを特徴とする請求項1から3のいずれかの1項に記載の透光性多結晶材料の製造方法。

【請求項5】
磁場内に置いたときに安定する結晶方向が相違する複数種類の単結晶粒子群を含むスラリーを用いることを特徴とする請求項1から4のいずれかの1項に記載の透光性多結晶材料の製造方法。

【請求項6】
複数種類の単結晶粒子群を含み、希土類元素の添加濃度が材料中で連続的に変化していることを特徴とするレーザ媒質。

【請求項7】
単結晶粒子群の配向度が材料中で連続的に変化し、光学特性が材料中で連続的に変化していることを特徴とする透光性多結晶材料。

【請求項8】
複数種類の単結晶粒子群を含み、単結晶粒子群の配向方向が材料中で連続的に変化し、光学特性が材料中で連続的に変化していることを特徴とする透光性多結晶材料。

【請求項9】
複数種類の単結晶粒子群を含み、単結晶粒子の組成が材料中で連続的に変化し、単結晶粒子群の配向度が材料中で連続的に変化し、光学特性が材料中で連続的に変化していることを特徴とする透光性多結晶材料。

【請求項10】
複数種類の単結晶粒子群を含み、単結晶粒子の組成が材料中で連続的に変化し、単結晶粒子群の配向方向が材料中で連続的に変化し、光学特性が材料中で連続的に変化していることを特徴とする透光性多結晶材料。

【請求項11】
複数種類の単結晶粒子群を含み、希土類元素の添加濃度が材料中で連続的に変化し、単結晶粒子群の配向方向が揃っていることを特徴とするレーザ媒質。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2011028685thum.jpg
出願権利状態 登録


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close