TOP > 国内特許検索 > 植物の加工方法

植物の加工方法 実績あり 外国出願あり

国内特許コード P120008277
掲載日 2012年11月19日
出願番号 特願2009-519231
登録番号 特許第4997650号
出願日 平成20年6月4日(2008.6.4)
登録日 平成24年5月25日(2012.5.25)
国際出願番号 JP2008060260
国際公開番号 WO2008152955
国際出願日 平成20年6月4日(2008.6.4)
国際公開日 平成20年12月18日(2008.12.18)
優先権データ
  • 特願2007-154033 (2007.6.11) JP
発明者
  • 高倉 章雄
  • 飯塚 高志
  • 倉松 竜平
出願人
  • 国立大学法人京都工芸繊維大学
発明の名称 植物の加工方法 実績あり 外国出願あり
発明の概要

水分を含む植物片を加圧器具の内部に設置し、加圧器具の内部を密閉状態にする工程と、植物片に対して加熱および加圧を行う工程と、植物片が所定の成形温度に達した後に、加圧器具の内部と外部とを通気可能にし、所定時間だけ圧力及び温度を保持した後、冷却してから加圧器具から植物片の成形体を取り出す工程と、を含む。これにより、粉末状にすることなく、かつ、接着剤を用いることなく、植物片を任意形状に成形することができる植物の加工方法を実現する。

従来技術、競合技術の概要


従来、木材加工に関する様々な技術が知られている。近年では、低環境負荷材料の開発が盛んに行われており、特に木材等の植物資源への注目が高くなっている。



特許文献1には、短尺の複数の木片を配列し高温水蒸気雰囲気で軟化する接着剤により接合して相対的に長尺に形成された集成材を用いてブランク部材を形成し、当該ブランク部材を金型により高温水蒸気雰囲気で圧縮成形する技術が開示されている。この技術によれば、高温水蒸気雰囲気で接着剤が軟化するため、複数の木片間の相対移動が可能となることにより、応力負荷が軽減され、割れを起こすことなく成形することができる。



また、非特許文献1には、木材を粉末状にし、ホットプレスにより、接着剤を用いることなく所望の形状に成形する技術が開示されている。



しかしながら、特許文献1の技術では、木材を高温水蒸気雰囲気で軟化させ、割れが生じない範囲で小さな変形をさせるものであり、木材自体を任意の形状に変形させるものではない。また、複数の木片を接着剤で接合させており、接着剤が必須である。



一方、非特許文献1の技術では、木材を粉末状にする工程が必要となる。

【特許文献1】特開2006-327137(2006年12月7日公開)

【非特許文献1】倉松竜平 他、「木材粉末のホットプレスによる容器の成形」、第57回塑性加工連合講演会講演論文集、p299-300、2006年10月17日

産業上の利用分野


本発明は、木材などの植物材料の加工方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】 水分を含む植物片に対して、当該植物片を密閉状態の中において当該植物片中の水分を保持しながら加圧および加熱を行うことにより流動性を与え、上記流動性を有する植物片を所定の形状に成形し、その後、密閉状態を開放して上記植物片の成形体中の水分を抜いたのち常圧かつ常温に戻して当該植物片の成形体を得る植物の加工方法。
【請求項2】 水分を含む植物片を成形型の内部に設置し、上記成形型の内部を密閉状態にして、上記植物片に対して加熱及び加圧を行い植物片を流動させて成形する第1工程と、
上記植物片が所定の成形温度及び成形圧力に達した後に、上記成形型の内部と外部とを通気可能にする第2工程と、
所定時間だけ圧力及び温度を保持した後、冷却してから上記成形型から上記植物片の成形体を取り出す第3工程と、
を含む植物の加工方法。
【請求項3】 上記植物片が含む水分の含水率が10%(重量比)以上である請求項1または2に記載の植物の加工方法。
【請求項4】 上記植物片に対して100MPa以上の圧力を加圧する請求項1から3の何れか1項に記載の植物の加工方法。
【請求項5】 上記植物片を130℃以上200℃以下に加熱する請求項1から4の何れか1項に記載の植物の加工方法。
【請求項6】 上記植物片は木片である請求項1から5の何れか1項に記載の植物の加工方法。
産業区分
  • その他有機化学
  • 家具
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009519231thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close