TOP > 国内特許検索 > スイッチングシステム

スイッチングシステム コモンズ

国内特許コード P120008385
掲載日 2012年12月3日
出願番号 特願2012-094282
公開番号 特開2013-222633
出願日 平成24年4月17日(2012.4.17)
公開日 平成25年10月28日(2013.10.28)
発明者
  • 河内 明夫
  • 岸本 健吾
  • 清水 理佳
出願人
  • 公立大学法人大阪市立大学
発明の名称 スイッチングシステム コモンズ
発明の概要

【課題】簡易な操作で、複数の被駆動装置を任意のONパターンから別の任意のONパターンへと切り替えることを可能にする。
【解決手段】第1~第(N+2)のメインスイッチにより、第1~第N(Nは、2以上の整数)の被駆動装置のON/OFFを切り替える。第1~第Nの被駆動装置を第1~第Nの交点にそれぞれ対応するものとし、かつ、第1~第(N+2)のメインスイッチを第1~第(N+2)のエリアにそれぞれ対応するものとしたときに、1から(N+2)までの整数である各iについて、第iのメインスイッチは、第iのエリアに接する全ての交点にそれぞれ対応する1以上の被駆動装置のON/OFFを切り替え可能である。第1~第Nの交点は、3本以上の線分が1点で交差することなく一筆書きにより表される平面上の閉じた一本の線の交点であり、第1~第(N+1)のエリアは、上記線により囲まれ、第(N+2)のエリアは、上記線を囲む。
【選択図】図1

従来技術、競合技術の概要


従来より、複数の被駆動装置のON/OFFを切り替えるスイッチングシステムが公知である。例えば、特許文献1では、複数の照明装置がフロアの天井に配置され、これらの照明装置にそれぞれ対応する複数のスイッチが、フロア内での照明装置の配列に従って、スイッチ盤上に配列されるようになっている。従って、ユーザは、複数の照明装置のON/OFFを直感的に操作できるようになっている。



一方、特許文献2では、複数の排気ファンに接続される集中スイッチと、これらの排気ファンにそれぞれ接続される複数の個別スイッチとが用意されている。従って、これらのスイッチを適宜操作することにより、複数の排気ファンを個別にON/OFFしたり、一括してON/OFFしたりできるようになっている。

産業上の利用分野


本発明は、複数の被駆動装置のON/OFFを切り替えるスイッチングシステムに関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
第1~第N(Nは、2以上の整数)の被駆動装置のON/OFFを切り替えるスイッチングシステムであって、
第1~第(N+2)のメインスイッチ
を備え、
前記第1~第Nの被駆動装置を、3本以上の線分が1点で交差することなく一筆書きにより表される閉じた一本の線の、第1~第Nの交点にそれぞれ対応するものとし、かつ、
前記第1~第(N+2)のメインスイッチを、前記線により囲まれる第1~第(N+1)のエリアと、前記線を囲む第(N+2)のエリアとにそれぞれ対応するものとしたときに、
1から(N+2)までの整数である各iについて、前記第iのメインスイッチは、前記第iのエリアに接する全ての前記交点にそれぞれ対応する1以上の前記被駆動装置のON/OFFを切り替え可能である、
スイッチングシステム。

【請求項2】
前記第1~第Nの被駆動装置のON/OFFをそれぞれ切り替える第1~第Nのサブスイッチ群
をさらに備え、
1からNまでの整数である各jについて、
前記第jのサブスイッチ群は、前記第jの交点に接する3つまたは4つの前記エリアにそれぞれ対応する3つまたは4つの前記メインスイッチによりそれぞれON/OFFが切り替えられる3つまたは4つのサブスイッチを含み、
前記第jのサブスイッチ群は、前記3つまたは4つのサブスイッチのどの1つのON/OFFが切り替えられようとも、全体としてのON/OFFが切り替えられるように構成されている、
請求項1に記載のスイッチングシステム。

【請求項3】
前記第1~第Nの被駆動装置のうち、ON/OFFの切り替えを望む被駆動装置の指定の入力をユーザから受け付ける入力部と、
前記入力部を介し指定された前記被駆動装置に対応する前記交点に接する前記エリアに対応する前記メインスイッチのON/OFFを切り替える制御部と
をさらに備える、
請求項1又は2に記載のスイッチングシステム。

【請求項4】
1から(N+2)までの整数である各iについて、前記第iのメインスイッチに対する操作を検出すると、前記第iのエリアに接する全ての前記交点にそれぞれ対応する1以上の前記被駆動装置を特定し、前記1以上の被駆動装置のON/OFFを切り替えるように制御する制御部
をさらに備える、
請求項1に記載のスイッチングシステム。

【請求項5】
前記線により描かれる図形は、既約結び目射影図である、
請求項1から4のいずれかに記載のスイッチングシステム。

【請求項6】
Nは、3以上である、
請求項1から5のいずれかに記載のスイッチングシステム。

【請求項7】
前記第1~第Nの被駆動装置は、照明である、
請求項1から6のいずれかに記載のスイッチングシステム。
産業区分
  • 電子部品
  • 電力応用
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2012094282thum.jpg
出願権利状態 審査請求前


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close