TOP > 国内特許検索 > 土砂計測装置

土砂計測装置 コモンズ 実績あり

国内特許コード P130008557
掲載日 2013年2月25日
出願番号 特願2005-255991
公開番号 特開2007-071560
登録番号 特許第4932198号
出願日 平成17年9月5日(2005.9.5)
公開日 平成19年3月22日(2007.3.22)
登録日 平成24年2月24日(2012.2.24)
発明者
  • 二瓶 泰雄
  • 塗師 隆生
出願人
  • 学校法人東京理科大学
発明の名称 土砂計測装置 コモンズ 実績あり
発明の概要

【課題】安価でかつ簡易に掃流砂等の土砂を計測することができる土砂計測装置を提供する。
【解決手段】取込口14を有する堆砂箱12と、堆砂箱12の取込口14から流入する土砂を受けて排出するように堆砂箱12に収納された漏斗20と、堆砂箱12に収納されたメインフレーム30と、一対のマス41,42を備え、一方のマスに流入した土砂の量に応じて転倒可能に堆砂箱12内に支持され、所定値以上転倒したときに流入した土砂を排出する転倒マス40と、漏斗20から排出されて転倒マス40の一方のマスに流入した土砂の量が所定量以上になって転倒マス40が転倒したときに、他方のマスが漏斗20から排出された土砂が流入可能な位置に位置するように転倒マス40の転倒を停止するストッパ38と、転倒マス40が転倒したときに転倒を示す信号を出力する信号出力部36と、により土砂計測装置10を構成する。
【選択図】 図2

従来技術、競合技術の概要


近年、水系に対する様々な人為的環境負荷に伴い、河川流域における土砂動態は大きく変貌している。それに対処するために、河川の源流から河口、海域にわたって土砂動態を総合的に管理する、という水系一貫土砂管理の必要性が指摘されている。その際には、土砂管理のベースとなる河道部での土砂動態調査を広範かつ精度よく行う必要がある。



土砂動態調査としては、浮流砂量やウォッシュロードの計測、掃流砂量の計測が挙げられる。



浮流砂量やウォッシュロードの計測には、土砂を含む水を採取する直接法と、光や超音波等の特性を利用する間接法が用いられている。直接法は、バケツやポンプ等により河川水を採取する方法である。間接法は、光の透過率や散乱強度に基づく光学式濁度計や、超音波の反射強度と土砂濃度の相関性を利用する超音波流速計等を用いて計測する。浮遊砂やウォッシュロードの計測に関しては、これらの手法やその組み合わせにより、長期間にわたる自動、連続計測が可能である。



一方、掃流砂量に関する計測法には、土砂の体積や重量を測定する直接法と、音響等を利用する間接法が用いられている。直接法としては、河床面或いは河床内に設置した採取器で掃流砂を採取し、採取した土砂の質量を荷重計を用いて測定することにより、掃流砂量を自動・連続計測する方法が知られている(例えば、特許文献1参照)。また、間接法としては、河床に設置された鉄板または鉄パイプに衝突する砂礫の音や振動を計測する音響法(ハイドロフォン)が知られている。

【特許文献1】特開平3-154830号公報

産業上の利用分野


本発明は、掃流砂等の土砂を計測する土砂計測装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
開口部を有する箱体と、
前記箱体の開口部から流入する土砂を受けて排出するように前記箱体に収納された受け部と、
一対のマスを備え、一方のマスに流入した土砂の量に応じて転倒可能に前記箱体内に支持され、所定値以上転倒したときに流入した土砂を排出する転倒マスと、
前記受け部から排出されて前記転倒マスの一方のマスに流入した土砂の量が所定量以上になって前記転倒マスが転倒したときに、他方のマスが前記受け部から排出された土砂が流入可能な位置に位置するように前記転倒マスの転倒を停止するストッパと、
前記転倒マスが転倒したときに転倒を示す信号を出力する信号出力部と、
を含み、
前記一対のマスの各々の底面を、前記一対のマス間を仕切る仕切り部材に対する角度が鈍角となるように形成すると共に、土砂が流入する側の前記各々の底面が互いになす角度が180度より大きくなるように形成した
土砂計測装置。

【請求項2】
前記一対のマスの各々に同じ重量の重りを設けた請求項1記載の土砂計測装置。

【請求項3】
前記転倒マスから排出される土砂を外部に排出するポンプと排砂管を設けた請求項1または請求項2記載の土砂計測装置。

【請求項4】
前記開口部に土砂を案内するガイド部材を前記箱体の開口部近傍に設けた請求項1乃至請求項3のいずれか1項記載の土砂計測装置。

【請求項5】
前記一対のマスの各々の側面に、前記角度に合わせて菱形の形状の側面板を設けた請求項1乃至請求項4のいずれか1項記載の土砂計測装置。
産業区分
  • 測定
国際特許分類(IPC)
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2005255991thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
上記の特許・技術に関心のある方は、下記問合せ先にご相談下さい。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close