TOP > 国内特許検索 > 電気牧柵

電気牧柵 コモンズ

国内特許コード P130008662
整理番号 N12050
掲載日 2013年3月11日
出願番号 特願2012-220949
公開番号 特開2014-073087
出願日 平成24年10月3日(2012.10.3)
公開日 平成26年4月24日(2014.4.24)
発明者
  • 竹田 謙一
  • 深澤 忍
出願人
  • 国立大学法人信州大学
発明の名称 電気牧柵 コモンズ
発明の概要 【課題】 家畜に対し脱柵を抑制するための学習効果を利用して、脱柵防止を効果的に図ることができる電気牧柵を提供する。
【解決手段】 本発明に係る電気牧柵は、家畜を放牧する領域に囲設した導電線10と、導電線10に電圧を印加する電圧印加部20と、導電線10により囲まれた放牧領域内に鏡面となる面を向け、導電線10に導通して取り付けられた導電板30とを備える。導電板30が鏡面性を備えることから、家畜の社会的探査行動を助長し、導電板に鼻等を接触させることにより電気刺激が強く作用し、柵を回避するという学習作用が早期に成立し、家畜の脱柵を防止する。
【選択図】 図1
従来技術、競合技術の概要



電気牧柵は、放牧場所から家畜が逃げないようにするために放牧区域をワイヤで囲み、ワイヤに電流を流すことにより、ワイヤに触れた家畜が電気ショックを受け、二度とワイヤに触れないようにする心理的作用を利用したものである。耕作放棄地が増加している今日、家畜を放牧する事例も多く、設置が簡易な電気牧柵の利用場面が増加している。

牧柵については、動物の種類によって、電線の幅・高さ・本数などの規格が決められている。しかしながら、電線に対する学習が不十分なまま家畜が放牧されるので、電線の隙間をくぐって牧柵から抜け出てしまう家畜が後を絶たない。家畜は、首後ろや体そのものが、毛・皮で覆われているために電気刺激があまり伝わらないことと、脱柵を繰り返すことによって、電気牧柵には近寄らないようにするという学習効果が獲得されないために脱柵が日常的に発生すると考えられる。

産業上の利用分野



本発明は、家畜の脱柵防止を効果的に図ることができる電気牧柵に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
家畜を放牧する領域に囲設した導電線と、
該導電線に電圧を印加する電圧印加部と、
前記導電線により囲まれた放牧領域内に鏡面となる面を向け、前記導電線に導通して取り付けられた導電板とを備えることを特徴とする電気牧柵。

【請求項2】
前記導電板が、前記導電線に脱着可能に取り付けられていることを特徴とする請求項1記載の電気牧柵。

【請求項3】
前記導電板が、表面を鏡面としたステンレス板からなることを特徴とする請求項1または2記載の電気牧柵。

【請求項4】
請求項1記載の電気牧柵に使用する導電板であって、少なくとも一方の面が鏡面に形成されていることを特徴とする電気牧柵用導電板。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2012220949thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close