TOP > 国内特許検索 > 抗肥満剤及び糖尿病改善剤

抗肥満剤及び糖尿病改善剤 実績あり 外国出願あり

国内特許コード P130009115
掲載日 2013年4月18日
出願番号 特願2009-051357
公開番号 特開2010-202602
登録番号 特許第5610179号
出願日 平成21年3月4日(2009.3.4)
公開日 平成22年9月16日(2010.9.16)
登録日 平成26年9月12日(2014.9.12)
発明者
  • 北中 進
  • 矢作 忠弘
出願人
  • 学校法人日本大学
発明の名称 抗肥満剤及び糖尿病改善剤 実績あり 外国出願あり
発明の概要 【課題】マメ科植物、特に、ネムノキに着目して、抗肥満作用、及び糖尿病改善作用を持つ、新規な成分を提供。
【解決手段】ネムノキの花部、特に、開花初期の花を陽乾させた合歓花の抽出物(Flavonoid)のうち、酢酸エチル又は水の画分に属する、3''-(E)-(3'''-Methoxycaffeoyl)quercitrin又はRhamnetinを含有する抗肥満剤及び糖尿病改善剤。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要



近年、高カロリー食の過剰摂取により、肥満者が増加してきている。肥満は、生活習慣病や糖尿病などを惹き起す原因として注目されており、特に、内臓肥満を中心として、糖尿病、高血圧、高脂血症などが集積した病態であるメタボリックシンドロームが着目されている。





日本の厚生労働省の「2007年国民健康・栄養調査」によると、糖尿病が強く疑われる人は約890万人。糖尿病の可能性が否定できない人は約1320万人、合わせて約2210万人が存在すると推定された。40~74歳でみると、男性の2人に1人、女性の5人に1人が、メタボリックシンドロームが強く疑われる者又は予備群と考えられている。





肥満者では脂肪細胞の肥大化が認められ、肥大した脂肪細胞には、中性脂肪(トリグリセライド:TG)が蓄積され、腫瘍壊死因子α(TNF-α)、インターロイキン-6(IL-6)に代表される炎症性アディポサイトカインの分泌の増加とアディポネクチンのような抗炎症性アディポサイトカインの産生が減少している事が認められ、インスリン抵抗性が惹起されると言われている。





また、肥満状態では脂肪組織にマクロファージが浸潤し、それにより脂肪組織に一酸化窒素(NO)、腫瘍壊死因子α(TNF-α)、単球走化性タンパク質-1( MCP-1)などのサイトカイン、ケモカインが生成され慢性的な生体炎症反応が生じ、インスリン抵抗性の発症や増悪を起こすことが報告されている。





そこで、肥満や糖尿病、高血圧を抑制するための対策としては、脂肪細胞の分化を抑え脂肪細胞の増加を抑制し、必要以上のトリグリセライドの蓄積を抑制する必要がある。さらに、マクロファージの活性化を抑制して、TNF-αなどの炎症性サイトカインの分泌を抑える必要もある。





天然物由来のresveratrol、quercetin、vitisin A、xanthohumol、isoxanthohumol、capsaicinなどの化合物は脂肪細胞の分化と中性脂肪の蓄積を抑制することが報告されている。また、phloretin、retrofractaminde A、narigenin、hesperetin、catechin、6-gingerol、curcumin、capsaicinなどの化合物は脂肪細胞からのアディポネクチンの分泌を増加することが報告されている。一方、curcumin、resveratrolなどの化合物は脂肪細胞からのTNF-αの分泌を下降することが知られている。





特開2002-138044号公報には、アカネ、アスナロ、アマチャ、オオバナサルスベリ、ガイヨウ、ハクカユマトウ、ハスナゲ、ヒキオコシ、ホウキギから選ばれる1種以上の植物抽出物を含有して、前駆脂肪細胞の分化誘導を阻害する薬剤、化粧料組成物又は飲食品が開示されている。





さらに、特開2007-269757号公報には、副作用がなく優れた前駆脂肪細胞分化誘導阻害作用を有する脂肪細胞分化阻害剤が開示されている。

産業上の利用分野



本発明は抗肥満剤及び糖尿病改善剤に係わり、詳しくは、マメ科植物、特に、ネムノキの花部(合歓花)の抽出物を含有する抗肥満剤及び糖尿病改善剤に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
ネムノキの合歓花の抽出物である、3''-(E)-(3'''-Methoxycaffeoyl)quercitrin又はRhamnetinを有効成分として含有することを特徴とする抗肥満剤又は糖尿病改善剤

【請求項2】
前記抽出物が、前記花部の酢酸エチル又は水の画分に属する、請求項1記載の抗肥満剤又は糖尿病改善剤
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2009051357thum.jpg
出願権利状態 登録
日本大学産官学連携知財センター(通称NUBIC,ニュービック)は,技術移転機関と知的財産本部の機能を兼ね備えた日本大学の産学連携の窓口です。
NUBICは,日本大学全教職員や大学院生・学部学生の豊富なアイデアや研究成果を,知的財産として戦略的に創出・保護・管理し,産業界のニーズとのマッチングを図り,企業の研究開発,新製品開発,新規事業の立上げが円滑に行われるようサポートいたします。
お気軽にご相談ください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close