TOP > 国内特許検索 > miRNA導入による新規hiPSC作製法

miRNA導入による新規hiPSC作製法 コモンズ 新技術説明会 外国出願あり

国内特許コード P130009159
整理番号 H22-007c-3
掲載日 2013年4月19日
出願番号 特願2011-530189
登録番号 特許第5099571号
出願日 平成23年6月28日(2011.6.28)
登録日 平成24年10月5日(2012.10.5)
国際出願番号 JP2011064847
国際公開番号 WO2012008302
国際出願日 平成23年6月28日(2011.6.28)
国際公開日 平成24年1月19日(2012.1.19)
優先権データ
  • 特願2010-158192 (2010.7.12) JP
  • 特願2010-158193 (2010.7.12) JP
  • 特願2010-158194 (2010.7.12) JP
発明者
  • 三浦 典正
出願人
  • 国立大学法人鳥取大学
発明の名称 miRNA導入による新規hiPSC作製法 コモンズ 新技術説明会 外国出願あり
発明の概要

多能性幹細胞を誘導する新規の化合物を明らかにする。新しい抗悪性腫瘍物質を明らかにする。
配列番号41の塩基配列、またはその塩基配列に対して1~3個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列、を含む1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドを含有し、細胞を多能性幹細胞へ誘導する、多能性幹細胞誘導剤を提供する。

従来技術、競合技術の概要


iPS細胞の作成技術は、近年の医療業界で特に注目されている分野である。代表的なiPS細胞の作成技術としては、特許文献1に記載の方法が挙げられる。この文献には、4つの遺伝子(Oct3/4、Klf4、Sox2、c-Myc)を細胞に導入することでiPS細胞を作成したことが記載されている。この技術が開発された頃から、iPS細胞に関連する研究成果の報告数は急速に増えている。例えば、特許文献2には、3つの遺伝子(Oct3/4、Klf4、Sox2)と、1つのmiRNA(hsa-miR-372等)を細胞に導入することでiPS細胞を作成したことが記載されている。非特許文献1には、上記の4つまたは3つの遺伝子を導入する場合にiPS化させる細胞のp53遺伝子を欠損させておくと、iPS細胞の作成効率が上昇したことが記載されている。非特許文献2には、pre-miRNAのクラスター(miR-302a~miR-302d)を導入することで、癌細胞からiPS細胞を作成したことが記載されている。



一方で、製薬会社が近年特に資金を投入している分野は、癌分野である。癌はメカニズムが複雑で不明な点が多く、他の疾患に比べて有効な治療薬が少ない。そのため、この分野の新規の治療薬の開発が待たれている。本願発明者らは非特許文献3において、癌のバイオマーカーとしてhTERT mRNAを適用できることを報告している。また非特許文献4において、hTERT mRNAの発現はRGM249 mRNAと関連しており、RGM249 mRNAに対するshRNAまたはsiRNAによってhTERT mRNAの発現量が減少することを報告している。

産業上の利用分野


本発明は、新規のsmall RNA、多能性幹細胞誘導剤、悪性腫瘍治療薬、または多能性幹細胞等に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】 配列番号41の塩基配列、またはその塩基配列に対して個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列、
を含む1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドを含有し、細胞を多能性幹細胞へ誘導する、多能性幹細胞誘導剤。
【請求項2】 前記1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドが、miRNA作用を有する、請求項1に記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項3】 前記1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドが、small RNAである、請求項1又は2に記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項4】 前記1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドが、1本鎖または2本鎖のRNA鎖である、請求項1~3いずれかに記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項5】 前記1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドが、15以上のヌクレオチドからなる、請求項1~4いずれかに記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項6】 前記1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドが、100以下のヌクレオチドからなる、請求項5に記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項7】 前記1本鎖のポリヌクレオチドがshRNAまたはpre-miRNAであり、前記2本鎖のポリヌクレオチドがsiRNAまたはmiRNAである、請求項1~6いずれかに記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項8】 前記shRNAまたはpre-miRNAが35~100ヌクレオチドからなり、前記siRNAまたはmiRNAのガイド鎖が15~40ヌクレオチドからなる、請求項7に記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項9】 前記shRNA、前記pre-miRNA、前記siRNA、および前記miRNAが、1~5ヌクレオチドからなるオーバーハングを含む、請求項7又は8に記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項10】 前記1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドが、さらに、配列番号42の塩基配列、またはその塩基配列に対して1~5個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列を含む、
請求項1~9いずれかに記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項11】 前記1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドが、さらに、配列番号41の塩基配列からなるポリヌクレオチドの相補鎖を含む、請求項1~9いずれかに記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項12】 前記1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドが、1本鎖のポリヌクレオチドであり、且つpre-miRNAである、請求項1~10いずれかに記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項13】 前記1本鎖のポリヌクレオチドが、配列番号43の塩基配列、またはその塩基配列に対して1~4個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列を含む、
請求項12に記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項14】 配列番号41の塩基配列、またはその塩基配列に対して個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列、
を含むsmall RNAを含有し、細胞を多能性幹細胞へ誘導する、多能性幹細胞誘導剤。
【請求項15】 a)配列番号43の塩基配列、
b)配列番号43の塩基配列に対して、98%以上の相同性を有する塩基配列、
c)配列番号43の塩基配列において個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列、
からなる群から選ばれる1種以上の塩基配列を含むポリヌクレオチドを含有し、細胞を多能性幹細胞へ誘導する、多能性幹細胞誘導剤。
【請求項16】 体細胞を多能性幹細胞へ誘導する、請求項1~15いずれかに記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項17】 悪性腫瘍細胞を多能性幹細胞へ誘導する、請求項1~15いずれかに記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項18】 前記悪性腫瘍が、肝臓癌、膵臓癌、肉腫、グリオーマ、メラノーマからなる群から選ばれる1種以上の悪性腫瘍である、請求項17に記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項19】 前記多能性幹細胞が、内在性のp53を発現している、請求項1~18いずれかに記載の多能性幹細胞誘導剤。
【請求項20】 配列番号41の塩基配列、またはその塩基配列に対して個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列、
を含む1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドを含有し、未分化細胞マーカーの発現を調節する、未分化細胞マーカー発現調節剤。
【請求項21】 請求項20に記載の未分化細胞マーカー発現調節剤であって、
前記未分化細胞マーカーが、Klf4、c-Myc、Oct4、Sox2、PROM1からなる群から選ばれる1種以上の未分化細胞マーカーである、未分化細胞マーカー発現調節剤。
【請求項22】 配列番号41の塩基配列、またはその塩基配列に対して個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列、
を含む1本鎖または2本鎖のポリヌクレオチドを含有する、肝臓癌、肺癌、肉腫、グリオーマ、メラノーマからなる群から選ばれる1種以上の悪性腫瘍の治療薬。
【請求項23】 配列番号41の塩基配列に相補的な塩基配列、またはその塩基配列に対して個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列をコードするポリヌクレオチドを含む、ベクターを含有し、細胞を多能性幹細胞へ誘導する、多能性幹細胞誘導剤。
【請求項24】 配列番号41の塩基配列に相補的な塩基配列、またはその塩基配列に対して個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列をコードするポリヌクレオチドを含む、ベクターを含む、肝臓癌、肺癌、肉腫、グリオーマ、メラノーマからなる群から選ばれる1種以上の悪性腫瘍の治療薬。
【請求項25】 配列番号41の塩基配列、またはその塩基配列に対して個の塩基が欠失、置換もしくは付加された塩基配列を含むポリヌクレオチドを含む、
多能性幹細胞誘導用、未分化細胞マーカー発現調節用、または肝臓癌、肺癌、肉腫、グリオーマ、メラノーマからなる群から選ばれる1種以上の悪性腫瘍の治療用のキット。
産業区分
  • 微生物工業
  • 薬品
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2011530189thum.jpg
出願権利状態 権利存続中
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close