TOP > 国内特許検索 > 3次元ホログラム形成方法及び3次元ホログラム形成装置

3次元ホログラム形成方法及び3次元ホログラム形成装置

国内特許コード P130009198
整理番号 S2012-1094-N0
掲載日 2013年4月25日
出願番号 特願2012-263938
公開番号 特開2014-109687
出願日 平成24年12月3日(2012.12.3)
公開日 平成26年6月12日(2014.6.12)
発明者
  • 堤 直人
  • 木梨 憲司
  • ジャン・ゴック・ハ
出願人
  • 国立大学法人京都工芸繊維大学
発明の名称 3次元ホログラム形成方法及び3次元ホログラム形成装置
発明の概要 【課題】高性能であると共に信頼性が高く、かつ高効率で3次元ホログラムを形成できる3次元ホログラム形成方法及び3次元ホログラム形成装置を提供する。
【解決手段】フォトリフラクティブ複合体が設けられたフォトリフラクティブ素子2に、電界を印加した状態で、フォトリフラクティブ性を発現可能な波長を有する物体光B11及び参照光B21を照射してホログラム像を記録するステップであって、低強度の電界で10%以上の回折効率を生じる物体光B11及び参照光B21の波長を選択し、フォトリフラクティブ素子2に当該物体光B11及び参照光B21を照射してホログラム像を記録し、ホログラム像が記録されたフォトリフラクティブ素子2にプローブ光B31を照射して当該ホログラム像を表示させる。
【選択図】図1
従来技術、競合技術の概要



ある種の物質は良好な電荷輸送能を有することが知られており、その応用事例としてフォトリフラクティブ効果がある。フォトリフラクティブ効果とは、レーザーを照射するとポッケルス効果によって物質の屈折率が変化することである。具体的には2本のコヒーレントなレーザー光をクロスさせて媒体に照射する場合が挙げられる。クロスしたビームは互いに干渉し、媒体に周期的な干渉縞が形成される。この干渉縞においては、明所・暗所が交互に交差し、明所では媒体が光励起されて電荷キャリアが生成され、生成された電荷キャリアは、媒体に印加された外部電場によって明所からドリフト移動し、暗所でトラップされる。これにより、媒体には、周期的な電荷密度の分布が生じる。この周期的な電荷密度の分布は、ポッケルス効果を介して媒体に屈折率の周期的な変化を誘起する。





このようなフォトリフラクティブ効果を用いることで、歪曲した媒体からのイメージング、実時間ホログラフィー、超多重ホログラム記録、3Dディスプレイ、3Dプリンター、更には光増幅、光ニュートラルネットワークを含む非線形光情報処理、パターン認識、光リミッティング、高密度光データの記憶等への応用が期待されている。





フォトリフラクティブ媒体を用いて3次元画像を記録及び再生する技術として例えば次の技術が挙げられる。フォトリフラクティブ材料に、芳香族第3級アミンとアルデヒドとの付加重合体を用いることで当該材料の応答速度、安定性、機械強度等を向上させたホログラム表示装置が知られている(特許文献1)。





分子量1500以上のカルバゾール化合物、分子量1000以下のカルバゾール化合物及び増感剤、可塑剤をそれぞれ所定の配合量で含有させたフォトリフラクティブ材料を用いた素子を組み込んだホログラム表示装置が知られている(特許文献2)。

産業上の利用分野



本発明は静止画及び動画像を3次元映像として立体表示させる3次元ホログラム形成方法及び3次元ホログラム形成装置に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
フォトリフラクティブ複合体が設けられたフォトリフラクティブ素子に、電界を印加した状態で、フォトリフラクティブ性を発現可能な波長を有する物体光及び参照光を照射してホログラム像を記録するステップであって、低強度の電界で10%以上の回折効率を生じる前記物体光及び参照光の波長を選択し、前記フォトリフラクティブ素子に当該物体光及び参照光を照射してホログラム像を記録するステップと、
ホログラム像が記録された前記フォトリフラクティブ素子にプローブ光を照射して当該ホログラム像を表示するステップと、
を含むことを特徴とする3次元ホログラム形成方法。

【請求項2】
前記波長は400nm~650nmであることを特徴とする請求項1に記載の3次元ホログラム形成方法。

【請求項3】
前記電界の強度は0V/μm~40V/μmであることを特徴とする請求項2に記載の3次元ホログラム形成方法。

【請求項4】
前記フォトリフラクティブ複合体が下記式(1)で表されるトリフェニルアミンアクリレートポリマーを含有していることを特徴とする請求項1~3のいずれかに記載の3次元ホログラム形成方法。
【化1】



【請求項5】
フォトリフラクティブ複合体が設けられたフォトリフラクティブ素子と、
前記フォトリフラクティブ素子に、電界を印加した状態で、フォトリフラクティブ性を発現可能な波長を有する物体光及び参照光を照射してホログラム像を記録する記録機構であって、低強度の電界で10%以上の回折効率を生じる前記物体光及び参照光の波長を選択し、前記フォトリフラクティブ素子に当該物体光及び参照光を照射してホログラム像を記録する記録機構と、
ホログラム像が記録された前記フォトリフラクティブ素子にプローブ光を照射して当該ホログラム像を表示させる表示機構と、
を備えることを特徴とする3次元ホログラム形成装置。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2012263938thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close