TOP > 国内特許検索 > デジタルTDI方式検出器

デジタルTDI方式検出器 コモンズ

国内特許コード P130009246
整理番号 S2013-0136-N0
掲載日 2013年5月13日
出願番号 特願2012-242275
公開番号 特開2014-093616
出願日 平成24年11月2日(2012.11.2)
公開日 平成26年5月19日(2014.5.19)
発明者
  • 新井 康夫
出願人
  • 大学共同利用機関法人 高エネルギー加速器研究機構
発明の名称 デジタルTDI方式検出器 コモンズ
発明の概要 【課題】小型で、TDI段数を増加させることができるとともに、高速で移動する検査物における微小異物でも検出することができるデジタルTDI方式の検出器を提供する。
【解決手段】上記課題を解決するために、デジタル的に時間遅延積分(TDI)機能を実現したデジタルTDI方式検出器であって、ひとつのセンサ部の横にTDI動作を行う読み出し回路部を配置した検出部を複数縦方向に隣合わせたブロックと、前記ブロックと同じ構成で前記ブロックの縦方向に前記センサ部の幅分横にずらして配置した別のブロックと、からなることを特徴とするデジタルTDI方式検出器の構成とした。
【選択図】図3
従来技術、競合技術の概要



CCD(Charge Coupled Device)によるTDI方式の例としては非特許文献1等数多くのものがある。





一方、TDI方式をCMOSイメージセンサを用いて実現する方法を検討したものとして、非特許文献2が挙げられる。一般的にCMOS技術ではCCDのような高効率の電荷転送が行えないので、アナログ方式での高性能TDIは実現が難しい。他方信号をデジタル化し、足し算器を使う事で転送によるロスは防げるが、回路規模が大きくなってしまい、高精細なピクセルの実現は難しい。





現在ベルトコンベア等で移動する検査物中の異物検査や、ドキュメントのラインスキャン等では、光源又はX線源とCCDを用いた時間遅延積分(TDI)方式が主に用いられている。





TDI方式のCCDでは図1に示すように、光またはX線(A)により生成された電荷を隣の画素(ピクセル)に転送(B)しながら、さらに新たに収集された電荷を積分(C)するようになっており、ベルトコンベアに乗って流れる検査物の移動(A)とCCDの電荷転送(B)とを同期させCCDイメージセンサをラインセンサとして用いる事で、露光時間を長くとる事ができ、1次元のラインセンサに比べS/Nを向上させた測定が行える(特許文献1)。





しかしながら、CCDではピクセルの大きさ、電荷転送速度、ピクセル中に蓄える事の出来る電荷量等に制限が有り、高速(20m/min以上)で流れる検査物中から微小(直径50μm以下)異物を確実に検出する事は難しい。また、CCDの電荷転送効率は非常に高いが、それでも電荷転送が多くなると転送電荷の消失やオーバーフローが問題となるため、TDIの段数の増加には限度がある。

産業上の利用分野



この発明は、移動物体の光学あるいはX線撮影で用いられる時間遅延積分(TDI:Time Delay Integral)方式に使用されるデジタルTDI方式検出器(イメージセンサ及び該イメージセンサの駆動方法)、デジタルTDI用駆動回路に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
デジタル的に時間遅延積分(TDI)機能を実現したデジタルTDI方式検出器であって、
ひとつのセンサ部の横にTDI動作を行う読み出し回路部を配置した検出部を複数縦方向に隣合わせたブロックと、
前記ブロックと同じ構成で前記ブロックの縦方向に前記センサ部の幅分横にずらして配置した別のブロックと、
からなることを特徴とするデジタルTDI方式検出器。
【請求項2】
デジタル的に時間遅延積分(TDI)機能を実現したデジタルTDI方式検出器であって、
複数のセンサ部の組である複数センサ部の横方向の一方向又は両方向にTDI動作を行う読み出し回路部を配置した複センサブロックと、
前記複センサブロックと同じ構成で前記複センサブロックの縦方向に前記複数センサ部の幅分横にずらして配置した別の複センサブロックと、からなり、
前記読み出し回路と、前記センサ部及び前記読み出し回路を接続する配線の一部を共有することでセンサ部の面積を小さくしたことを特徴とするデジタルTDI方式検出器。
【請求項3】
前記ブロック又は複センサブロックの横方向に前記ブロックと同じ構成の別のブロック又は複センサブロックを並べて、任意の縦横比率の形状とし、縦方向のみに伸ばした際に生じる前記センサ部からの出力信号の遅延増加を抑えたことを特徴とする請求項1又は請求項2に記載のデジタルTDI方式検出器。
【請求項4】
請求項1~請求項3の何れか1項に記載のデジタルTDI方式検出器において、
前記センサ部からの信号を、前記読み出し回路部の増幅・整形回路及び波高弁別回路に通し、デジタルパルスに変換し、前記読み出し回路部の計数回路に於いて前段から来た計数値に加えて前記デジタルパルスを計数し、次段の計数回路に送ることを特徴とするデジタルTDI用駆動回路。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2012242275thum.jpg
出願権利状態 公開
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、下記「問合せ先」まで直接お問い合わせください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close