TOP > 国内特許検索 > 画像処理装置、画像処理プログラム及び画像処理方法

画像処理装置、画像処理プログラム及び画像処理方法 コモンズ 新技術説明会

国内特許コード P130009322
整理番号 2012-059
掲載日 2013年6月7日
出願番号 特願2013-058603
公開番号 特開2014-182759
出願日 平成25年3月21日(2013.3.21)
公開日 平成26年9月29日(2014.9.29)
発明者
  • 鳥生 隆
  • 濱 裕光
  • ティ ティ ズィン
出願人
  • 公立大学法人大阪市立大学
発明の名称 画像処理装置、画像処理プログラム及び画像処理方法 コモンズ 新技術説明会
発明の概要 【課題】移動している視点で撮影された動画像のフレーム内で、移動体の存在する領域及び/又は移動体の存在しない領域を正しく検出する。
【解決手段】対象動画像から、対象動画像のフレーム内の様々な局所領域の動きを表す対象ベクトル場を導出する動き導出部と、対象ベクトル場を複数の基準ベクトル場の線型結合として近似する近似部と、対象ベクトル場と前記線型結合との差分である差分ベクトル場の成分の大きさに応じて、対象動画像のフレーム内で移動体の存在する領域及び/又は移動体の存在しない領域を検出する領域検出部とが提供される。複数の基準ベクトル場は、視点を様々な方向に移動させながらテスト空間を撮影したテスト動画像から、テスト動画像のフレーム内の様々な局所領域の動きを表すテストベクトル場を複数導出した後、複数のテストベクトル場を主成分分析した結果の複数の固有ベクトル場である。
【選択図】図4
従来技術、競合技術の概要



従来より、動画像に捉えられた人物や自動車等の移動体を検出するための技術として、動画像に含まれる特定のフレームを、予め用意されている移動体の背景のみを示すフレームや、同じ動画像に含まれる過去のフレーム等と比較する技術が公知である(特許文献1~3を参照)。言わば、これらの技術は、特定のフレーム内で比較対象となるフレームとの画素値の差分が大きい領域を、移動体の存在する領域として検出する技術である。

産業上の利用分野



本発明は、動画像のフレーム内で移動体の存在する領域及び/又は移動体の存在しない領域を検出する画像処理装置、画像処理プログラム及び画像処理方法に関する。

特許請求の範囲 【請求項1】
対象動画像から、前記対象動画像のフレーム内の様々な局所領域の動きを表す対象ベクトル場を導出する動き導出部と、
前記対象ベクトル場を複数の基準ベクトル場の線型結合として近似する近似部と、
前記対象ベクトル場と前記線型結合との差分である差分ベクトル場の成分の大きさに応じて、前記対象動画像のフレーム内で移動体の存在する領域及び/又は移動体の存在しない領域を検出する領域検出部と
を備え、
前記複数の基準ベクトル場は、視点を様々な方向に移動させながらテスト空間を撮影したテスト動画像から、前記テスト動画像のフレーム内の様々な局所領域の動きを表すテストベクトル場を複数導出した後、前記複数のテストベクトル場を主成分分析した結果の複数の固有ベクトル場である、
画像処理装置。

【請求項2】
前記テスト空間は、移動体が存在しない空間である、
請求項1に記載の画像処理装置。

【請求項3】
前記テスト動画像から前記複数の固有ベクトル場を導出し、前記複数の固有ベクトル場を前記複数の基準ベクトル場として設定する基準設定部
をさらに備える、
請求項1又は2に記載の画像処理装置。

【請求項4】
対象動画像から、前記対象動画像のフレーム内の様々な局所領域の動きを表す対象ベクトル場を導出するステップと、
前記対象ベクトル場を複数の基準ベクトル場の線型結合として近似するステップと、
前記対象ベクトル場と前記線型結合との差分である差分ベクトル場の成分の大きさに応じて、前記対象動画像のフレーム内で移動体の存在する領域及び/又は移動体の存在しない領域を検出するステップと
をコンピュータに実行させ、
前記複数の基準ベクトル場は、視点を様々な方向に移動させながらテスト空間を撮影したテスト動画像から、前記テスト動画像のフレーム内の様々な局所領域の動きを表すテストベクトル場を複数導出した後、前記複数のテストベクトル場を主成分分析した結果の複数の固有ベクトル場である、
画像処理プログラム。

【請求項5】
対象動画像から、前記対象動画像のフレーム内の様々な局所領域の動きを表す対象ベクトル場を導出するステップと、
前記対象ベクトル場を複数の基準ベクトル場の線型結合として近似するステップと、
前記対象ベクトル場と前記線型結合との差分である差分ベクトル場の成分の大きさに応じて、前記対象動画像のフレーム内で移動体の存在する領域及び/又は移動体の存在しない領域を検出するステップと
を備え、
前記複数の基準ベクトル場は、視点を様々な方向に移動させながらテスト空間を撮影したテスト動画像から、前記テスト動画像のフレーム内の様々な局所領域の動きを表すテストベクトル場を複数導出した後、前記複数のテストベクトル場を主成分分析した結果の複数の固有ベクトル場である、
画像処理方法。
国際特許分類(IPC)
Fターム
画像

※ 画像をクリックすると拡大します。

JP2013058603thum.jpg
出願権利状態 公開


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close