TOP > 抗ウイルス剤、抗体酵素、プライマーセット、ポリヌクレオチドの製造方法、および、ポリペプチドの製造方法 > ${特許群の名称} > ${発明の名称}

抗ウイルス剤、抗体酵素、プライマーセット、ポリヌクレオチドの製造方法、および、ポリペプチドの製造方法 新技術説明会

国内特許コード P130009366
整理番号 AF12P027
掲載日 2013年6月14日
出願番号 特願2012-500686
登録番号 特許第5199516号
出願日 平成23年2月21日(2011.2.21)
登録日 平成25年2月15日(2013.2.15)
国際出願番号 JP2011053752
国際公開番号 WO2011102517
国際出願日 平成23年2月21日(2011.2.21)
国際公開日 平成23年8月25日(2011.8.25)
優先権データ
  • 特願2010-092461 (2010.4.13) JP
  • 特願2010-035021 (2010.2.19) JP
  • 特願2010-034998 (2010.2.19) JP
発明者
  • 宇田 泰三
  • 一二三 恵美
  • 西園 晃
  • 荒川 満枝
出願人
  • 国立研究開発法人科学技術振興機構
発明の名称 抗ウイルス剤、抗体酵素、プライマーセット、ポリヌクレオチドの製造方法、および、ポリペプチドの製造方法 新技術説明会
発明の概要 本発明は、新規なヒト抗体κ型軽鎖を含有する抗ウイルス剤、新規なヒト抗体κ型軽鎖であるヒト型の抗体酵素、これらのヒト抗体κ型軽鎖に関連するポリヌクレオチド、ベクター、および形質転換体、抗ウイルス剤または抗体酵素としての機能を有するヒト抗体κ型軽鎖を効率よく取得するためのプライマーセット、ならびに、当該プライマーセットを利用するポリヌクレオチドおよびポリペプチドの製造方法を提供する。
産業上の利用分野


本発明は、抗ウイルス剤、ヒト型の抗体酵素、プライマーセット、ポリヌクレオチドの製造方法、および、ポリペプチドの製造方法に関するものである。

特許請求の範囲 【請求項1】
狂犬病ウイルスに対するヒト抗体κ型軽鎖であって、抗ラブドウイルス活性、および抗インフルエンザウイルス活性を有しており、その可変領域が、配列番号26のアミノ酸配列によって示されるポリペプチドからなることを特徴とするヒト型の抗体酵素。

【請求項2】
狂犬病ウイルスに対するヒト抗体κ型軽鎖であって、抗ラブドウイルス活性、抗インフルエンザウイルス活性、およびがん細胞傷害性を有しており、その可変領域が、配列番号14のアミノ酸配列によって示されるポリペプチドからなることを特徴とするヒト型の抗体酵素。

【請求項3】
狂犬病ウイルスに対するヒト抗体κ型軽鎖であって、抗ラブドウイルス活性およびがん細胞傷害性を有しており、その可変領域が、配列番号30のアミノ酸配列によって示されるポリペプチドからなるヒト型の抗体酵素を含有していることを特徴とする抗ラブドウイルス剤。

【請求項4】
狂犬病ウイルスに対するヒト抗体κ型軽鎖であって、抗インフルエンザウイルス活性、および核酸分解活性を有しており、その可変領域が、配列番号50のアミノ酸配列によって示されるポリペプチドからなることを特徴とするヒト型の抗体酵素。

【請求項5】
狂犬病ウイルスに対するヒト抗体κ型軽鎖であって、抗インフルエンザウイルス活性を有しており、その可変領域が、配列番号35のアミノ酸配列によって示されるポリペプチドからなることを特徴とするヒト型の抗体酵素。

【請求項6】
狂犬病ウイルスに対するヒト抗体κ型軽鎖であって、抗インフルエンザウイルス活性を有しており、その可変領域が、配列番号54のアミノ酸配列によって示されるポリペプチドからなることを特徴とするヒト型の抗体酵素。

【請求項7】
狂犬病ウイルスに対するヒト抗体κ型軽鎖であって、抗ラブドウイルス活性を有しており、その可変領域が、配列番号22のアミノ酸配列によって示されるポリペプチドからなることを特徴とするヒト型の抗体酵素。
産業区分
  • 高分子化合物
  • 薬品
国際特許分類(IPC)
Fターム
出願権利状態 登録
参考情報 (研究プロジェクト等) CREST ナノ科学を基盤とした革新的製造技術の創成 領域
ライセンスをご希望の方、特許の内容に興味を持たれた方は、問合せボタンを押してください。


PAGE TOP

close
close
close
close
close
close
close